突然の解雇

                        
(前回の話はカテゴリー「はじまりとおいたち」の「ちょっとした手助け」をご覧ください。) 社長に依頼され会社の売上げアップ案を提示した。 案の実現、継続にはドライバーの給与の見直しが必須であり、そのため給与体系の見直しを条件に含めたものであった。 それから間もなく、夏のボーナス支給日の前日のことだった。 朝出社すると私のタイムカードがなくなっていた。 私の事務机の引き出しの中が空っぽになっていた...
(前回の話はカテゴリー「はじまりとおいたち」の「ちょっとした手助け」をご覧ください。)

社長に依頼され会社の売上げアップ案を提示した。
案の実現、継続にはドライバーの給与の見直しが必須であり、そのため給与体系の見直しを条件に含めたものであった。

それから間もなく、夏のボーナス支給日の前日のことだった。
朝出社すると私のタイムカードがなくなっていた。
私の事務机の引き出しの中が空っぽになっていた。
しばらくすると社長室に呼び出された。
「明日から来なくていいから。仮に出社しても給料は出しませんから。」
そう告げられた。解雇、であった。
解雇
そのあと、号泣しながら車を運転して帰宅したのは覚えている。
おそらく半狂乱の状態だったのではないかと思う。

(Iliust by IliustAC 挫折シリーズOL)


突然解雇された翌日、テレビから「あたらしいタクシーの試験運行が今日から開始」というニュースが流れてきた。
あたらしいタクシーはささやかな手助けではなく、経済貧富の差により利用できる人もいれば、利用できない人も出てくるであろうものだった。
商標登録によってそれはフランチャイズ展開されていった。
ドライバーの給与はこれまで通り、仕事だけ増えた、と元同僚から聞いた。
なぜ私を解雇したのか、おのずとして分かった。
あたらしいタクシーはその後も新聞やマスコミで大いに取り上げられた。
「ささやかな手助け」という想いは伝えられないまま、その報道を見るたびに私は涙した。

会社からはボーナスはおろか、解雇予告手当(解雇の30日前に予告をしなかった場合、企業は30日分以上の平均賃金を支払う義務がある)も支払われなかった。 労働基準局に行き相談したが、今後会社を是正することは出来ても罰することはできない、ということだった。
民事で争うしか方法はない、ということだった。
裁判しましょう、と労働者を応援する組織から声をかけられたが何年もかかると聞いて諦めた。

突然の解雇後、私は人間不信に陥った。
人前でうまく話せなくなってどもるようになってしまった。
何もかもの自信を失っていた。
解雇された会社に通じる道路を車で走行すると嘔吐した。
外出が出来なくなった。しばらく社会に出られなくなってしまった。
引きこもりになってしまった。

それから一年ちょっと経て、このままではいけない!と思い始めた。
今の自分に出来ることは何?
何から始めればいい?
そんな思いがぐるぐる頭を回った。

そんな時、二種免許取得時にお世話になった恩師が「中型自動車免許がもうすぐ新設される。今のうちに大型自動車二種免許を取っておかないか?」と声をかけてくれた。
二種免許を取得しているものの、はっきり言って運転は下手くそな部類である。しかし、 とりあえず挑戦してみよう、と決心した。
とにかく何か始めないと…、そんな思いだった。

外出もままならなかった日々が、自動車教習所に通う日々に変わった。
大型二種免許を取得した。
全く失っていた自信を少し取り戻せたような気がした。
でも、まだ社会復帰は無理だった。

そのまま、大型特殊、牽引、…他の免許を取得していった。
全ての車両免許を取り終える頃、ずっと忘れてしまっていた達成感を感じることが出来た。
自信が少しづつ取り戻せてきたように感じた。
大好きだったタクシーの仕事はトラウマがあって戻ることができなかった。
しかし将来、いつかまた戻りたいと思った。

取得した免許を生かし、非正規雇用ではあったが、とりあえず検診バスの運転手として社会復帰した。

解雇された会社は創業30年以上の会社であった。
先代社長亡き後、私を解雇した社長が継いだのだが、解雇から二年もたたずうちに会社は潰れることとなった。

商売にはハートが必要だ。
つくづくそう思えた。
(注意:解雇は勤務していた会社社長の一存によるものであり、記事内容は現存している組織団体、その組織団体が現在行っている活動とは無関係です。)

Read more

ちょっとした手助け(おいたちより)

                        
(前回の話はカテゴリー「はじまりとおいたち」の「タクシードライバー」をご覧ください。) 雨上がりの路上で見かけた光景からひらめき、タクシードライバーになり、それから数年過ぎた。 渡瀬恒彦さんのドラマ(タクシードライバーの推理日誌)じゃないが、タクシーの仕事はお客さんを乗せた瞬間からドラマが始まる。 そして降車時に「ありがとう」とニコニコと降車されていくお客さんを見届け、ありがたい気持ちでいっぱい...
(前回の話はカテゴリー「はじまりとおいたち」の「タクシードライバー」をご覧ください。)

雨上がりの路上で見かけた光景からひらめき、タクシードライバーになり、それから数年過ぎた。
渡瀬恒彦さんのドラマ(タクシードライバーの推理日誌)じゃないが、タクシーの仕事はお客さんを乗せた瞬間からドラマが始まる。
そして降車時に「ありがとう」とニコニコと降車されていくお客さんを見届け、ありがたい気持ちでいっぱいになる。 そんなタクシーの仕事が大好きだった。

平日の昼間の時間帯はお子さん連れの親子(母子)がタクシーを利用されることが結構ある。
ベビーカーや授乳用品など荷物を持っての移動である。
休日は夫に手伝ってもらえるが、母子のみで移動となると色々大変だ。
ずっとひとりで子育てをしてきたこともあり、その大変さはよく分かっていた。

こどもの乳児検診で出かけた時も、まだ首がすわっていない子どもを抱きかかえながら下駄箱で靴の脱ぎ履きをするのでさえ大変だった。
ほんわか そんなとき、近くに居た人が「どうぞ」と靴を下駄箱から取り出してくれた。
ちょっとした手助けがとてもありがたかった。
心がほんわかあたたかくなった。
靴の脱ぎ履きに限らず、行く先々でちょっとした手助けにふれる機会があり、感謝することが多々あった。

自分のこどもの手が離れてきたとき、
これまでに誰かにしてもらって嬉しかったこと、助かったことを、私もまた誰かにしてあげよう、
私はそう思っていた。
タクシーの仕事ではその機会がたくさんあった。

親子連れのお客さんだと玄関先までベビーカーを押して行って、母親がバッグの中から家の鍵を取り出し鍵を開けるまで赤ちゃんをみていてあげたり、etc、…
ほんの些細なことであるが、私自身が「ありがたかった」「本当に助かった」と思えたこと、それらをタクシーの仕事の中に織り込んでいった。


ある日のこと、勤めていたタクシー会社社長から「会社の売り上げを上げるための策を考えてくれ」と依頼される。
しかし、「近距離客には冷たい」など世間がタクシーに抱いているイメージや、違法な給与体系が変わらないことには売上アップは難しいと思われた。

完全歩合制のもとでは、二時間ちょっと客待ちをしてやっと乗車したお客さんがワンメーターであった場合、ドライバーの収入は時給換算で百円台である。ドライバーにとってこれは死活問題で、そのためお客さんに露骨な態度を取るドライバーもいる。
違法な完全歩合制がなくならない限り、「わざわざお金を払ってでもタクシーに乗ろう」という人が増えることはないだろう。

私は給与体系の見直しを行うことを条件とし、売上アップ案を社長に提示した。
案は子育て支援のNPO法人とコラボを組み、子育てを支援するタクシーを走らせる、NPO法人とコラボを組むことで会社の宣伝にもなる、というものであった。
なによりも私が願っていたことは、会社の売上アップはもちろんのことだが、世間やタクシー界において、ちょっとした手助けが当たり前のことのようになってほしい、ということであった。
それは私がタクシーの仕事を始めたきっかけでもあった。

ドライバーには運転業務以外にサービス提供の業務、それに要する時間が発生する。そのため、その分の時間給or手当をつける、ということを条件に提案した。

社長は私の案を採択した。
コラボを組んでもらえるであろうNPO団体はあらかじめ調べてあった。
私はその団体の連絡先を社長に伝え、次のステップに向けてアクションをとるようお願いしたのであった。
(次回につづく)

Read more

タクシードライバー

                        
ひとりで子育てしながら生計を立てるために最初は生命保険の外交員として働いたが、将来に渡り外交員を続けていく自信がなく、次の仕事を探していた。 次に選んだ仕事はタクシードライバーだった。 その仕事を選んだのはほんの小さなキッカケから、であった。 急なドシャ降りの雨が止んだあと、横断歩道がある交差点で信号待ちしていた。 さきほどの雨で路肩にはところどころに水たまりができている。 そのとき、対面(横断...
ひとりで子育てしながら生計を立てるために最初は生命保険の外交員として働いたが、将来に渡り外交員を続けていく自信がなく、次の仕事を探していた。
次に選んだ仕事はタクシードライバーだった。
その仕事を選んだのはほんの小さなキッカケから、であった。

急なドシャ降りの雨が止んだあと、横断歩道がある交差点で信号待ちしていた。
さきほどの雨で路肩にはところどころに水たまりができている。
そのとき、対面(横断歩道の向こう側)に一台のタクシーが停車した。

後部ドアが開いたものの、乗客がなかなか降りてくる気配がない。
後部座席に目をやると、乗客は初老のご婦人。杖が見える、足が少しお悪いようだ。
水たまりをまたぎながら降車するのが難しく、ためらっておられるようだ。

車道を挟んだ信号待ちでその光景を見かけたので、その場に行って助けてあげることができない。
ドライバーが少し車を前に移動させて水たまりを避けるか、降りて乗客の手を引いてあげれば降りられるのになぁ、私ならそうするのになぁ…。」そんな風に思いながらその光景を見ていた。

この時だった。
「そうだ、タクシードライバーになろう!私がタクシードライバーになればいいんだ!」
私はそう思った、そうひらめいた。

すぐにタクシー会社に面接に行き就職、二種免許を取得した。

タクシー


一番最初のお客さんを乗せた時は緊張のあまり、
乗車ボタン(運賃を計算するタクシーメーターのボタン)を押し忘れ、降車時に料金を告げようとした際にそれに気づく、というドジをやらかした。
幸い、近距離の常連のお客さんだったので「いつもの料金」を頂戴し、事なきを得た。

それとは逆に、お客さんが降車したあともメーターを入れっぱなし、というミスもある。
この場合、余分に走った料金はドライバーが自腹を切らなければならない。
遠距離のお客さんを乗せた際、行きのメーターは忘れずに押したにもかかわらず、帰り(降車時)に降車ボタンを押し忘れる、ということはベテランドライバーでもたまにある。これはあまりの嬉しさで舞い上がるためであり、儲かるどころか2万円超えの自腹を切る羽目に遭ったお気の毒な先輩ドライバーも居た。

タクシードライバーの仕事は楽しかった。やりがいもあった。
しかし生活をやっていけるだけの給料がなかった。

完全歩合制というのはたしか違法だと思うのだが、タクシー業はいまだ完全歩合制のところが結構多い。
ご多分にも漏れず、私が勤めた会社もまたそうであった。
タクシー仕事の合間に会社の事務、営業の仕事をやって10万円そこそこ、休日なく寝る暇なく働いてやっと食べていける収入だった。
そのうちにここに介護の仕事が加わった。
障害を抱えた児童、介護が必要な方の自立支援、居宅介護を行う事業を会社が始め、私がその要員となった。業務で必要なヘルパー1級の資格も取った。
タクシー乗務のかたわら、外出支援や食事や入浴の介助といったヘルパーの仕事もやった。
それら全ての業務を含め、タクシーの仕事は楽しかった。
やりがいがあった。

この仕事で生活していくには営業で顧客を増やし、自分で仕事をとっていくしかない。
私はくまなく営業に回って顧客、仕事を増やし続けた。
給料は入社当初は7~8万円だったのが倍ほどの金額になっていった。
生活は苦しかったが、この仕事を一生の仕事にしていこう、
私はそう思いながら働いていた。

ちなみに、乗務しているときは無線で配車される仕事より、「流し」(業界用語で街中を走って乗客を探す営業)の仕事が好きであった。

Read more

さすらいの仕事人(おいたちより)

                        
離婚後、約束した養育費が支払われることはなかった。 収入は全くなかった。が、子どもが人間を極度に怖がるため保育園に預けることは出来ず、働きに出るのは不可能だった。 この間の生活は、出産前の長期入院で得た生命保険の入院給付金でなんとか食いつないだ。 子どもが5歳の頃、人間に対する恐怖心を克服し保育園に通えるようになった。 私はさっそく仕事、働き口を探した。 はじめに結婚前にやっていたプログラマー...
離婚後、約束した養育費が支払われることはなかった。
収入は全くなかった。が、子どもが人間を極度に怖がるため保育園に預けることは出来ず、働きに出るのは不可能だった。
この間の生活は、出産前の長期入院で得た生命保険の入院給付金でなんとか食いつないだ。

子どもが5歳の頃、人間に対する恐怖心を克服し保育園に通えるようになった。
私はさっそく仕事、働き口を探した。

はじめに結婚前にやっていたプログラマーの仕事をあたってみた。
5年以上のブランク、その間パソコンに触れる機会も全くなかった。
当時この業界(IT業界)は日進月歩でめざましく変化、発展していた。
私は完全に浦島太郎になっていた。
当然ながら、どこを応募してもことごとく不採用であった。(IT業界、パソコンの今昔については後日また詳しく綴ろうと思う。)

気を取り直し他の職種で探すことにした。
バブル時は引く手があまたであった求人が、バブル崩壊後は大学の新卒者でさえ就職に困る状態であり、一日に2社、3社と面接を受けても働き口はなかなか見つからなかった。
そして最終的には、こちらから望まなくとも「うちで働きませんか?」と招いてくれる業種、生命保険会社のセールスレディとして働き始めることにした。

勤めていた保険会社は、その月のノルマを達成していればあとの時間は自由に過ごしてOKだった。子どもの体調が悪いとき、保育園の行事の日も気兼ねなく休みをとることができた。
そのかわり、ノルマは非常にきつかった。

会社は「ノルマを達成するには親族や知り合いに保険に入ってもらいましょう」と勧めていた。実際にそうしてノルマを達成している人がほとんどであった。
しかし義理立てで親族や知り合いに保険に加入してもらう、というのはどうも性に合わない。
そこで私は、毎日住宅地図を色ペンで塗りつぶしながら、お宅や会社をくまなく一軒一軒まわってセールスした。
自分の成績やノルマにこだわらず、お客さんにマッチする保険を勧めた。
そうしているとそのうちにお客さんの方から「保険に入りたい」と声をかけてくださることがあった。

生命保険の仕事のノルマは、お客さんが加入する保険の保険金額(死亡時に支払われる金額)が計上される。
仮にノルマが5000万円なら、ひとりの人が5000万円の保険に加入すればノルマが達成できる。
1000万円の保険だと5人(5件)の加入が必要になる。
(必要以上に大きな保障を勧められる理由はここにある。)

ノルマにこだわらないセールスは、とにかく件数を積み重ねる必要があった。
やがてノルマがどんどん上がっていくにつれ、毎夜ノルマに追われる悪夢を見るようになり、元々押しが弱い性格ということもあって、この仕事が一生の仕事になることはなかった。

これ以降、私はさまざまな仕事に就いた。
しかしどれも長続き出来ず、そのたびにまた一から仕事探しをしている。
さまざまな仕事の中には「安全靴にヘルメット着用」のガテン系の仕事もある。
さながら「さすらいの仕事人」なのであった…。
(その他の仕事の話はまたおいおいに。)

さすらい

Read more

めでたく離婚

                        
前回の経緯はこちら 子どもが5歳のとき、夫が「離婚したい。離婚するのでSunに伝えてくれ」と私の母に連絡してきた。 それを母から聞いても別段おどろくことはなかった。 夫の居所は分からなかったが、周囲の人の目撃情報だと「いつも女性と一緒だ」と聞いていた。 結婚するので離婚したい、そういうことである。 周囲の人はみな「家庭裁判所で夫を訴えることができるのではないか?」と助言してくれた。 しかし私はそ...
前回の経緯はこちら

子どもが5歳のとき、夫が「離婚したい。離婚するのでSunに伝えてくれ」と私の母に連絡してきた。
それを母から聞いても別段おどろくことはなかった。
夫の居所は分からなかったが、周囲の人の目撃情報だと「いつも女性と一緒だ」と聞いていた。
結婚するので離婚したい、そういうことである。

周囲の人はみな「家庭裁判所で夫を訴えることができるのではないか?」と助言してくれた。
しかし私はそれまでに無料の法律相談を利用して弁護士に何度か相談していた。

「悪い奴(男)にひっかかりましたね」
「そんな男は叩いても鼻血が出るだけ。金は出ない。裁判はするだけ無駄。」
ということだった。

これは結婚してから知ったのだが、夫も夫の父親も働くことが嫌いであった。
実家は生活保護世帯で財産もない。
何人かの弁護士に相談したが、どの弁護士もみな同じだった。
裁判は多くのお金と時間を要し精神的苦痛も要する。
それに見合った成果は全く見込めないので裁判するのは無駄だ、というわけだ。

相手を訴えることはせず、協議離婚することにした。
夫は養育費の話し合いの際、「ない袖は振れない(払えない)」と開き直った。
養育費なしというのであれば離婚には応じられない、と言うと、「払うから離婚してくれ」と言ってきた。
「養育費月3万円」と約束したが、その約束は(なかば予想どおり)守られることはなかった。

離婚が成立したあと、古くからの友人たちと飲みに行った。
友人たちが「離婚おめでとう!」と祝杯をあげてくれ、ビールで乾杯した。
このとき祝ってくれた友人たちとはそれから以降も親しい付き合いであり、いつも私を応援してくれている。

Read more

Bookmark etc


このエントリーをはてなブックマークに追加




ランキングに参加しています。
ポチッと宜しくお願いします(^ ^)

Deodorant water

ハッピーデオ ウォーター


●持ち運びに便利なストッパー付のハッピーデオ デオドラントウォーターは、いろいろなシーンで使えます。●お出かけ前に。●スポーツの後に。●入浴後やシャワー後に。●暑い夏にほてった体を瞬時にクールダウンしたいときに。●ボディシートで汗をふき取ってからウォーターで仕上げれば、ひんやり&まるでシャワーを浴びたような爽快感です。

ユーザータグ

ブログ おいたち 写真  ブログ初心者  夕方 ペンフレンド 結婚 生命保険 出稼ぎ 癒し 競馬 韓流ドラマ LINE 婚約破棄 カウンセリング お宝保険 思わぬ出来事 救急車 運命の糸 ろくでなし お手入れ 心の病 誕生日が同じ 化粧水 特撮 ドラマ 周産期母子医療センター 初値  いきもの 勘当 円谷プロ 手術 珈琲 怪獣 つれづれ バブル 離婚 たまごっち 日焼け 競走馬 競走馬名 やすし アロエ 事件 解決 目から鱗が落ちる ひょうたんからから駒 パーソナルコンピューター 一点買い オジンギャル 出来事 衝撃的 入門機 MSX-C MSX BASIC C言語 セミ ポケモンGO ばんえい 三連複 的中 TBS Dyson Dysonスーパーソニック ヘアドライヤー 毛量多い ダイソン コウノドリ トラウマ PTS SBI ミッション車 マクドナルド 綾野剛 母子分離 母子別室 3時間授乳 突破口 母と娘 ETC専用出口 案内標識 ETC出口 ETC専用 スマートIC ETCカード ひいひいおばあさん カーナビ 高速道路 SNS 国際恋愛詐欺 リポーター 新聞奨学生 就職 進路 scammer ロマンス詐欺 ナイジェリア詐欺 詐欺師 ひいおばあさん いとこの叔父の孫 用語集 流星群 ペルセウス座流星群 極大日 執着 夕焼け 固執 駆け落ち バツ2 積木くずし カバン 出産 名探偵コナン 祖父の兄の娘の オタク カタブツ 学生カバン ブタカバン まじめ 美レンジャー 玉村麻衣子 気付き くつ 生け花 暑い 自然 CD ドラゴンクエスト 睡眠障害 サプリメント ヘビ 怖い 喉詰め 誤飲 対処 風呂場 ドリフ 妖艶 未亡人 火箸 まらしぃ FF ヘルス 当確 生い立ち アニメ 芽出しアジサイ 小原流 客枝 主枝 メダカ 家庭 貧乏 ゲーム ドラクエ ファイナルファンタジー CM  不和 動物 りす 背部叩打法 腹部突き上げ法 closet IPO ホグの愛 進化 K.K 菊池京子 日経225寄り引けシステム ファッション コーディネート 任天堂 ポケモンGO  美眉 美眉アドバイザー ニューヨーク証券取引所 ポケノミクス 用語 公募価格 ポケモノミクス Combination225 株価 入院 便秘 イム・スロン イ・ビョンフン 虚血性大腸炎 異物 ハイムリック法 幼児 子供 チャングム イ・サン チェ・ウシクユイ カウンター設置 グッスミン ペク・クァンヒョン 白光炫 トンイ 馬医 李氏朝鮮 倒産 晴天の霹靂 再婚 ドメイン移管 リンク おまけ 水で消せる マーカー 気軽 チョーク クレヨン 仮面ノリダー レンタルビデ男 洗顔 かんたん変換サービス WAKARA 練り石けん ワードプレス 美肌 入院生活 ウテメリン 女子必見 黒板シート 黒板アート ちっちゃいおっさん アルマイト灰皿 戸籍謄本 戸籍制度 家長 親子水入らず キーゼルバッハ 鼻血 対処方法 養子縁組 近況報告 顔出しNG 再会  テレビ公開捜査 アロマセラピスト ビューティー アロマ イギリス式 和から すべらない話 FIT カインとアベル 仕事探し 今年の抱負 再エネ発電促進賦課金 電気料金 女子ネタ お肌 泡洗顔 危険 打撲 解雇予告手当 不当解雇 ブラック企業 解雇 オープンアーキテクチャ 携帯 水没 DOS/V 生きた証 運命 FC2 自閉症 引っ越し プレイセラピー 発達障害 独自ドメイン 退院 住民票 個人情報保護法 PTSD 五感 神社 お参り 不思議 人が好き 人間嫌い 成長 可能性 ひとり親家庭 止血 鼻血ブー 扁桃腺 切除 仮面ライダー アジト 全身麻酔 局所麻酔 覚せい剤 真面目一辺倒 ストレス 免疫 人間関係 スキルス 健康診断 検査 告知  人付き合い シュノーケリング 余命宣告  中間枝 ベランダ園芸 ケーキ モンブラン キリマンジャロ 挿し木 ミニバラ 狐につままれる イモトアヤコ 悶々 ブルーマウンテン 語り継がれる ショッキング デンジャラス パンツ Mydear Myhoney 文通 大義名分 ソウルメイト 禁煙 かめはめ波 アダルト 海外競馬 凱旋門賞 結果 ビデオ レンタル セールスレディ キャッチセール 勧誘 心の支え 落ち込む マリッジブルー GHQ  JR東海 遠距離恋愛 絶望的 這い出す 婚約 ナンパ 乗り換え 冷暖房完備個室 違法就労 脱出 社会の裏側 任侠映画 借金 赴任旅費 無料配布求人 たこ部屋 ドラゴンボール 教育改革 部分解約 転換 下取り 予定利率 逆ザヤ 定期保険 養老保険 終身保険 今年 

人気記事