マリッジブルー(おいたちより)

                        
前回の話はこちら 結婚を一ヶ月後に控えた頃、私はマリッジブルーに陥ってしまう。 このときの自分の心境を言葉で表すのはむずかしく、自身のことでありながら何故そのような状態に陥ってしまったのか自分でもよく理解できず、よって細かい心情などもよく覚えていない。 とにかくその時はなにかしら不安で不安でならなかった。 会いたい時にすぐに会えなかったことも不安の一因かもしれないが、それだけではなく、とにかく...
前回の話はこちら

結婚を一ヶ月後に控えた頃、私はマリッジブルーに陥ってしまう。
このときの自分の心境を言葉で表すのはむずかしく、自身のことでありながら何故そのような状態に陥ってしまったのか自分でもよく理解できず、よって細かい心情などもよく覚えていない。
とにかくその時はなにかしら不安で不安でならなかった。

会いたい時にすぐに会えなかったことも不安の一因かもしれないが、それだけではなく、とにかく何もかにもが不安で不安でならない、そんな感じだった。

その気持ちはどんどん大きくなった。
そして、結婚が本当に目前となった時、とうとう婚約破棄にまで至ってしまった。

花束 青


彼は「結婚をするためには自分は今いったい何が出来るんだ?」と考え抜いた末、それまで勤めていた職場を辞め、私が住む町にやってきた。
「勤め先も住むところも見つけた、一緒に住もう」と。
にも関わらず、当時の私は彼のその行動がとんでもない考えなしに思えてしまい、やっとの思いで訪ねてきた彼を冷たく突き離した。

そこまで思い、そこまでしてくれる人は居ない。
でもその時の私はそれが分からなかった。

その後、何度か彼の元を訪ねようとした。
しかし彼をはじめとして彼のご両親、周囲の方々に対し合わす顔もないほどひどいことをしてしまったことを思うと、「今さらあまりにもムシがよすぎる、むしろ迷惑かもしれない…」と思い、会いに行くことは出来なかった。
それからは同じ町に住んでいるにも関わらず、彼と私の距離は宇宙のはるか彼方の星と地球よりもっと遠くに離れてしまった。偶然出会うこともなかった。

「一生結婚せずにひとりで生きていこう」、またそう思うようになった。
ムシがよすぎる話だが、心の奥底では、いつかまたどこかで運命の糸がつながらないだろうか…、そんなことを望んでいた。
あの日が来るまではそう望んでいた。(続きはまた)

マリッジブルー ********************************************** それまでにその言葉を聞いたことはあった。
でもそれに陥ってしまうとは思いもよらなかった。
後に知ったのだが、人は変化を望む一方で、変化を怖れる。そのため結婚という大きな変化を前にしてマリッジブルーに陥ってしまうことがあるそうだ。

男女を問わず結婚間近のカップルに伝えたい。
無きにこしたことはないが、式直前にこういった心の変化も起こりうる。
そう知っておくことでマリッジブルーを撃退できるであろうから。
************************************************************

Read more

最初の結婚のその後(おいたちより デンジャラス編)

                        
前置き:今回の話は少々ショッキングでデンジャラスな内容になっております。 これまでのおいたちはカテゴリ「はじまりとおいたち」⇒こちら 前回の話はこちら 式は挙げず入籍のみ済ませ、結婚生活が始まった。 ふたり一緒に会社に出勤し、デスクも隣同士、仕事が終わったら一緒に帰宅する、そんな友達夫婦であった。 会社では同じ苗字だとややこしいので、それまでどおり旧姓で呼ばれていた。 夫は家に帰ると私のこ...
前置き:今回の話は少々ショッキングでデンジャラスな内容になっております。
これまでのおいたちはカテゴリ「はじまりとおいたち」⇒こちら
前回の話はこちら

式は挙げず入籍のみ済ませ、結婚生活が始まった。
ふたり一緒に会社に出勤し、デスクも隣同士、仕事が終わったら一緒に帰宅する、そんな友達夫婦であった。

会社では同じ苗字だとややこしいので、それまでどおり旧姓で呼ばれていた。
夫は家に帰ると私のことを「Sunちゃん」と呼んでくれた。しかし私は自宅でも夫のことをそれまでどおり苗字で「○○さん」と呼んでいた。(入籍したとはいえ、急に愛称やファーストネームで呼ぶのはとても恥ずかしくて出来なかった。今思うと笑えるのだが、なにせ手をつないだことさえなかったのだから。)

しばらくして夫が「結婚したのに間借り生活というのは男としてしめしがつかない」ということで新居を借り、そこに引越しした。

引越し後、荷物を整理していると押入れからケースに入った注射器が出てきた。「ん?なんでこんな物があるんだろう?」不思議に思った。
「押入れに注射器があったんだけど、あれは何?」夫に尋ねた。
夫は「栄養剤を自分で注射していたんだよ」と答えた。
「○○さんって、自分で注射が出来るの?すごいねー。」と素直に感心していた私であった。

新居には夫の親友がよく遊びに来ていた。
ある日、夫が不在時にその親友がやってきた。
「せっかく訪ねてきてくれたのにごめんなさいね」という私に、その親友が「奥さんにひとつ大切なことを伝えておくよ」と言って、話を始めた。話の中身は衝撃的なものだった。

雷


○○くんは覚せい剤をしていた。 僕はやめるよう説得していたけど、現在やめているのかどうか分からない。見つけたら、奥さんとして注意してやめさせてほしい。

そういう内容だった。
仕事が出来て、真面目で、とてもそんなことをするような人には見えない夫が…、と信じられなかった。
でも押し入れに注射器があった。親友の話は真実だろう。

私は夫に直接聞いた。
夫は「今はもう止めたよ」と答えた。
以前勤めていた会社の先輩が「全く疲れない良い薬があるんだ」と勧めてくれたのがキッカケだったという。
芸能人やチンピラが逮捕されたりという話はよく聞くが、まさか田舎街の、こんなに身近でそんなものが流通しているとは思いもよらなかった。

事実を知ってからも「もう止めた」という夫の言葉を信じようとしていた。
夫と覚せい剤というのが自分の頭の中でどうしても結びつかなかった。しだいに私は精神的に不安定になり、精神科の病院で診てもらうことになった。

それまで私が持っていた夫のイメージと、新たに知った夫のイメージがあまりにも相違しすぎているため、心の中がきちんと整理できなくなり精神的にたいへん危険な状態にある、今すぐ夫と離れて生活をするように、という診断だった。

結婚から一年後、私は離婚した。
同じ頃、友人たちは大学生活を満喫していた。
早々と離婚を経験した私は「なんだか私は地を這っている虫みたいだ…」と感じるほど、その時は相当落ち込んだ。

ふにゃ~ん それまでの私は「失敗したくない」「失敗は怖い」、と何事にも臆病で真面目一辺倒のカチコチ人間だった。しかし、離婚を機に私は変わった。
少し角がとれて人間が丸くなった。
こんな私を、家族は「ねえちゃんは頭の中のどこかのネジがぶっ飛んだ!ぶっ飛んで以前よりマシになったなー」と批評している。たしかにそうかも。(つづきはまた)

Read more

最初の結婚

                        
これまでのおいたちはカテゴリ「はじまりとおいたち」⇒こちらにあります。 珈琲店で数年勤めたあと、私は一般企業に就職し正社員として働いた。 そして20代前半で最初の結婚をした。 社内結婚だった。一度もデートをしたこともない、手をつないだこともない、もちろんお付き合いをしたこともない人と、だった。(そんな相手と結婚をするなんてアホとちがう?と誰しもがそう言う。私自身もそう思う。) 父母の離婚後、ロー...
これまでのおいたちはカテゴリ「はじまりとおいたち」⇒こちらにあります。

珈琲店で数年勤めたあと、私は一般企業に就職し正社員として働いた。
そして20代前半で最初の結婚をした。
社内結婚だった。一度もデートをしたこともない、手をつないだこともない、もちろんお付き合いをしたこともない人と、だった。(そんな相手と結婚をするなんてアホとちがう?と誰しもがそう言う。私自身もそう思う。)

父母の離婚後、ローンが残ったままの実家を母が譲り受けた。
母は午前中は保険外交員、午後は飲食店の事務員、深夜は飲食店の仲居…、とほとんど寝る暇なく働いてローンを支払っていた。私も少ない給料のうちいくらかを家に入れていた。
しかしある日突然、「家を売るから今月中に家を出て行くように!」と母から言い渡される。
突然そう言われても、今まで家にお金を入れてきて貯金は全くない。家を借りるにしても敷金・礼金・前家賃が要る。さて、どうしたものか…。
…期限の日がどんどん迫ってきた。

当時、職場には気が合う同僚が居た。
仕事 どんな風に気が合うのかというと、その同僚と仕事をしていると、互いに驚くほど効率よく仕事が片付いた。
上司は「君たちはほんとうに名コンビやなぁ。なんなら結婚したら?」とよく言った。
しかし私にとってその人は、あくまでも仕事のパートナー、であった。

ある日の残業後、その同僚と初めてふたりきりで食事に行った。
互いに仕事の話ばかりしていたが「Sunちゃん、最近仕事でミスすることが増えてないか?そんなことはめったになかったから、少し気になるんだけど…」と相手が言った。そんなことまで気付いているのか、さすが名パートナー!である。
「実は、今月中に実家を出なければいけないんだよね…。家を借りるにしても貯金はないし、期限はどんどん近づいてくるし。最近はずっとそのことばかり考えているから、そのせいかも…」気がつくと、思うことをそのまんま相手に伝えていた。

すると彼が「ベストタイミングでいい話があるよ!」と言う。
親友が急に県外に転勤することになり、「家をそのまま空けるのは無用心なので、タダでそこに住まないか?」と声をかけられたところだと言うのだ。「もしよかったら、Sunちゃんもそこに間借りさせてもらえるかどうか聞いてあげるよ。広い家だから僕ひとりで住むのはどうかな、と思っていたところなんだよ」と、ほんとにタイミングが良すぎる話が転がりこんできた。
すぐにでも乗っかりたい話である。しかし相手はいちおう男の人だ。
この件はまず母と話をして、母から了承を得た上で決めよう…、ということにした。

母と話をした。
「未婚の女の人が男の人とひとつ屋根の下で一緒に生活をするなんて、とんでもありません!!一緒に住むというのなら今すぐ籍を入れなさい(結婚しなさい)!!籍を入れないのなら許しませんからねっ!!」と言う。

私は単にルームシェアをしたいだけだ。
「いや、まだお付き合いをしたことも、手をつないだこともない人なので、籍を入れるというのは逆にまずいと思うんだけど…。籍を入れるかどうかは一緒に住んでからにするよ」と説明した。
しかし母は「籍を入れなかったら一緒に住むことなど絶対に許しませんからね!」と、話は全然ラチがあかなかった。

「今までお互いにそんな風に考えたことはなかったのにね…。さて、これからどうしよう…」私がそう言うと、彼が「うまくいくんじゃないかな?結婚しても。僕はこの子はいいお嫁さんになるだろうな、って思っていたし…」と言ってくれた。
これまでに男の人とお付き合いをしたこともない私が、相手から突然そんな風に聞かされ、頭が一瞬でポーっハート となった瞬間であった。
この一瞬のポーっハート で私はその人と結婚することを決めたのであった。(←ほんまにアホです。大いに笑ってやってください。)
こうして私は入籍し、彼の友人宅での間借り生活が始まった。

しばらくして実家は人手に渡った。
植えてから一度も実をつけたことがなかった庭のさくらんぼの木が、家が人手に渡ってからようやく実をつけるようになった。たわわに実をつけるようになった。

たわわに実るさくらんぼ、お父さんと家族みんなで植えたさくらんぼ。
私もいつか、あのさくらんぼのように、たわわに実をつけることができるかな。
(つづきはまた)
さくらんぼ

Read more

Bookmark etc


このエントリーをはてなブックマークに追加




ランキングに参加しています。
ポチッと宜しくお願いします(^ ^)

Deodorant water

ハッピーデオ ウォーター


●持ち運びに便利なストッパー付のハッピーデオ デオドラントウォーターは、いろいろなシーンで使えます。●お出かけ前に。●スポーツの後に。●入浴後やシャワー後に。●暑い夏にほてった体を瞬時にクールダウンしたいときに。●ボディシートで汗をふき取ってからウォーターで仕上げれば、ひんやり&まるでシャワーを浴びたような爽快感です。

ユーザータグ

ブログ おいたち 写真  ブログ初心者  夕方 ペンフレンド 結婚 生命保険 出稼ぎ 癒し 競馬 韓流ドラマ LINE 婚約破棄 カウンセリング お宝保険 思わぬ出来事 救急車 運命の糸 ろくでなし お手入れ 心の病 誕生日が同じ 化粧水 特撮 ドラマ 周産期母子医療センター 初値  いきもの 勘当 円谷プロ 手術 珈琲 怪獣 つれづれ バブル 離婚 たまごっち 日焼け 競走馬 競走馬名 やすし アロエ 事件 解決 目から鱗が落ちる ひょうたんからから駒 パーソナルコンピューター 一点買い オジンギャル 出来事 衝撃的 入門機 MSX-C MSX BASIC C言語 セミ ポケモンGO ばんえい 三連複 的中 TBS Dyson Dysonスーパーソニック ヘアドライヤー 毛量多い ダイソン コウノドリ トラウマ PTS SBI ミッション車 マクドナルド 綾野剛 母子分離 母子別室 3時間授乳 突破口 母と娘 ETC専用出口 案内標識 ETC出口 ETC専用 スマートIC ETCカード ひいひいおばあさん カーナビ 高速道路 SNS 国際恋愛詐欺 リポーター 新聞奨学生 就職 進路 scammer ロマンス詐欺 ナイジェリア詐欺 詐欺師 ひいおばあさん いとこの叔父の孫 用語集 流星群 ペルセウス座流星群 極大日 執着 夕焼け 固執 駆け落ち バツ2 積木くずし カバン 出産 名探偵コナン 祖父の兄の娘の オタク カタブツ 学生カバン ブタカバン まじめ 美レンジャー 玉村麻衣子 気付き くつ 生け花 暑い 自然 CD ドラゴンクエスト 睡眠障害 サプリメント ヘビ 怖い 喉詰め 誤飲 対処 風呂場 ドリフ 妖艶 未亡人 火箸 まらしぃ FF ヘルス 当確 生い立ち アニメ 芽出しアジサイ 小原流 客枝 主枝 メダカ 家庭 貧乏 ゲーム ドラクエ ファイナルファンタジー CM  不和 動物 りす 背部叩打法 腹部突き上げ法 closet IPO ホグの愛 進化 K.K 菊池京子 日経225寄り引けシステム ファッション コーディネート 任天堂 ポケモンGO  美眉 美眉アドバイザー ニューヨーク証券取引所 ポケノミクス 用語 公募価格 ポケモノミクス Combination225 株価 入院 便秘 イム・スロン イ・ビョンフン 虚血性大腸炎 異物 ハイムリック法 幼児 子供 チャングム イ・サン チェ・ウシクユイ カウンター設置 グッスミン ペク・クァンヒョン 白光炫 トンイ 馬医 李氏朝鮮 倒産 晴天の霹靂 再婚 ドメイン移管 リンク おまけ 水で消せる マーカー 気軽 チョーク クレヨン 仮面ノリダー レンタルビデ男 洗顔 かんたん変換サービス WAKARA 練り石けん ワードプレス 美肌 入院生活 ウテメリン 女子必見 黒板シート 黒板アート ちっちゃいおっさん アルマイト灰皿 戸籍謄本 戸籍制度 家長 親子水入らず キーゼルバッハ 鼻血 対処方法 養子縁組 近況報告 顔出しNG 再会  テレビ公開捜査 アロマセラピスト ビューティー アロマ イギリス式 和から すべらない話 FIT カインとアベル 仕事探し 今年の抱負 再エネ発電促進賦課金 電気料金 女子ネタ お肌 泡洗顔 危険 打撲 解雇予告手当 不当解雇 ブラック企業 解雇 オープンアーキテクチャ 携帯 水没 DOS/V 生きた証 運命 FC2 自閉症 引っ越し プレイセラピー 発達障害 独自ドメイン 退院 住民票 個人情報保護法 PTSD 五感 神社 お参り 不思議 人が好き 人間嫌い 成長 可能性 ひとり親家庭 止血 鼻血ブー 扁桃腺 切除 仮面ライダー アジト 全身麻酔 局所麻酔 覚せい剤 真面目一辺倒 ストレス 免疫 人間関係 スキルス 健康診断 検査 告知  人付き合い シュノーケリング 余命宣告  中間枝 ベランダ園芸 ケーキ モンブラン キリマンジャロ 挿し木 ミニバラ 狐につままれる イモトアヤコ 悶々 ブルーマウンテン 語り継がれる ショッキング デンジャラス パンツ Mydear Myhoney 文通 大義名分 ソウルメイト 禁煙 かめはめ波 アダルト 海外競馬 凱旋門賞 結果 ビデオ レンタル セールスレディ キャッチセール 勧誘 心の支え 落ち込む マリッジブルー GHQ  JR東海 遠距離恋愛 絶望的 這い出す 婚約 ナンパ 乗り換え 冷暖房完備個室 違法就労 脱出 社会の裏側 任侠映画 借金 赴任旅費 無料配布求人 たこ部屋 ドラゴンボール 教育改革 部分解約 転換 下取り 予定利率 逆ザヤ 定期保険 養老保険 終身保険 今年 

人気記事