コウノドリ

                        
スカパーのTBSチャンネルで今放映されいるドラマ、「コウノドリ」を初めて観た。 漫画が原作。原作者が妻の出産に立会って感動し、これを伝える使命を感じ、漫画化を企図したことから始まったという。 私自身もこのドラマと同様の総合周産期母子医療センターで入院・出産したのでドラマに出てきたような場面に幾度か遭遇した。長い入院生活中、母子揃って退院した人もいれば、そうでないこともあった。 周産期母子医療セン...
スカパーのTBSチャンネルで今放映されいるドラマ、「コウノドリ」を初めて観た。
漫画が原作。原作者が妻の出産に立会って感動し、これを伝える使命を感じ、漫画化を企図したことから始まったという。

私自身もこのドラマと同様の総合周産期母子医療センターで入院・出産したのでドラマに出てきたような場面に幾度か遭遇した。長い入院生活中、母子揃って退院した人もいれば、そうでないこともあった。

周産期母子医療センターでの出産後は色々と大変だった。
授乳の都度、丹念な手洗いをしてシャワーキャップ・マスク着用で新生児室に入室しなければならず、面会する見舞い客は一度に入室できる人数が限られ、もちろん手洗いとシャワーキャップとマスクを着用しての面会だ。そしていわゆる「母子分離」「母子別室」「3時間授乳」、病室に赤ちゃんを連れて行くことは認められていなかった。
「母子分離」「母子別室」は感染予防・感染防止のため必要なことだが、「3時間授乳」というのは今もやっているのだろうか?
「3時間授乳」はまるで体育会系のシゴキのようで、泣くほど辛かった(いや、実際に泣いた)のを今でも覚えている。

「コウノドリ」、このドラマ中で使われているピアノ曲がなかなか心地良い。

コウノドリ

               http://www.tbs.co.jp/kounodori/


Read more

賭け

                        
ブログで時々ギャンブルの結果をアップしているが 私にとって人生は、体を張った賭けじゃないのかな、と時々感じる。 ひとは生きていく中で、どの進路にすすむか、結婚するしない、離婚するしない、 仕事を辞めるか続けるか、…色々と選択をすること、選択する瞬間がある。 日々の生活の中でも「今買うべきか買わざるべきか」「どれを買う?」などなど なんらかの選択をしているわけで、 選択の際には自らのこれまでの経験...
ブログで時々ギャンブルの結果をアップしているが
私にとって人生は、体を張った賭けじゃないのかな、と時々感じる。

ひとは生きていく中で、どの進路にすすむか、結婚するしない、離婚するしない、
仕事を辞めるか続けるか、…色々と選択をすること、選択する瞬間がある。
日々の生活の中でも「今買うべきか買わざるべきか」「どれを買う?」などなど
なんらかの選択をしているわけで、
選択の際には自らのこれまでの経験や、現在~過去のデータを分析して
選択しているんじゃないかと思う。
これはまさに賭けじゃないだろうか。

分析が正しければうまくいくのかといえば、うまくいくこともあれば
そうでない時もある。(分析通りにすすめて何もかもうまくいってます、
という方もおられるだろうが。)

大きな違いは一般的なギャンブルは自分の選択の結果がその場ですぐ
分かるが、人生はそうはいかない。
そして、人生の賭けは自分の選択を間違いないものにしていくために
自らがその舞台に立ち努力する過程がある、という点だ。

で、体を勝った人生の賭けで常に何か失ったり何かを得たりしながら
これから先も私はやっていくんだろうな。
どっちにしてもやったことを後悔したり、やらなかったことを後悔することが
ないよう生きていきたいものだ。

とりあえず今日はマクドナルドの株に賭けてます(笑)

Read more

競走馬の名前

                        
久々にウケた。 結果は9頭中7着だった。...
久々にウケた。
やすし 出馬表
結果は9頭中7着だった。

Read more

昔はまった物 「MSX」

                        
懐かしいパーソナルコンピューター、1980年代~1990年代のMSX。 初期の8ビット機は既に廃棄。写真は二台目として使用していた16ビット機。 スロットルにゲームソフトを差し込んでゲームが楽しめる。 しかしゲーム機でありながら各種プログラミングの入門機でもあり、 BASICはもちろん、C言語(MSX-C)もコンパイラ内蔵、 ソフト代いらずでプログラミングのお勉強ができるというお手軽さ。 この頃はデスクトップパソコ...

MSX.jpg



懐かしいパーソナルコンピューター、1980年代~1990年代のMSX
初期の8ビット機は既に廃棄。写真は二台目として使用していた16ビット機。
スロットルにゲームソフトを差し込んでゲームが楽しめる。
しかしゲーム機でありながら各種プログラミングの入門機でもあり、
BASICはもちろん、C言語MSX-C)もコンパイラ内蔵、
ソフト代いらずでプログラミングのお勉強ができるというお手軽さ。
この頃はデスクトップパソコンは高価すぎて買えないシロモノだったので
とってもありがたい存在でした。

もう使用することはないけれど、なかなか捨てられず、まだ手元にあります。
そんなこんなで意を決しての断捨離も全然進まず…。

断捨離したい~~。

当時はマニアックでオタクなオヤジギャルでした。
あ、その面は歳をくった今でもそれほど変わっていないか…。
いや、オバンなオヤジギャルになってしまってるじゃないかっ。
(だいたいギャルじゃないし…、と今気付く。…ということは、、、
オヤジオバン…が正しい。)

=お若い方のために=
おやじギャルとは、
その昔、バブル全盛期(概ね1986~1991年あたり)に出現。
元々オヤジの領域にあったことがうら若き乙女たちの間で垣間見られる
ようになり、オヤジのような立ち振る舞いのギャルのことをこう呼んだ。
健康ドリンクの飲用、タバコぷか~っ、立ち食いソバ、競馬(耳に赤鉛筆
をはさむ)、爪楊枝でシーシー、は代表的なものである。
これに対し、ギャルっぽいことをするオヤジをギャルオヤジという。

Read more

母は強し!

                        
先日、妹家族と食事会をした。 その最中、「つい最近、ものすごくでっかいムカデが出た!」という話題が出た。 すると妹が続いて、でっかいムカデにまつわる自分の昔話を披露した。 その話に飲んでいたビールをふき出しそうになった(ウケた)のでここに記す。 それは妹のこどもが生後間もない赤ちゃんだった時のこと、 寝ている赤ちゃんのお腹の上を這う巨大なムカデ(体調15~20cm)を妹が発見。 次の瞬間妹は、… ...
先日、妹家族と食事会をした。
その最中、「つい最近、ものすごくでっかいムカデが出た!」という話題が出た。
すると妹が続いて、でっかいムカデにまつわる自分の昔話を披露した。
その話に飲んでいたビールをふき出しそうになった(ウケた)のでここに記す。
むかで
それは妹のこどもが生後間もない赤ちゃんだった時のこと、
寝ている赤ちゃんのお腹の上を這う巨大なムカデ(体調15~20cm)を妹が発見。
次の瞬間妹は、…

「それでね、私は靴下を3~4枚重ねて履いて、次にGパンを3枚履いて…」
話を聞いていて え?靴下?Gパン?重ね履き?と一瞬思った私。

「それで私の足にそのムカデを這わせたの!!」(とジェスチャーつきで説明)
なるほどそうきたか! いやはや母は強し!決死の思いの行動である。(しかし笑える。)

そして自分の体に這わせたままそのまま戸外へ。
ムカデを捕獲し、捕獲したムカデを洗濯袋に入れて洗濯機で40分間お洗濯。
お洗濯後、ムカデを洗濯袋から出すと、ムカデは元気な姿で庭を這って去っていたそうである。

実はこの妹、この手の類の武勇伝がもうひとつある。
これも妹の子供がまだあかちゃんの時のこと。
あかちゃんと妹が居た部屋にスズメバチ(一匹)が侵入、部屋内を飛行しているのを発見。
お茶碗片手にちょうど食事中だった妹、「しくじったら私も子供も襲撃される。絶対に一発でしとめなくては!」と意を決す。
そして次の瞬間、なんと、そのスズメバチを箸で一発で捕獲!
まさに現代版宮本武蔵である。
武勇伝
ちなみにこの妹はおいたちの中では「溺れた妹」、「積木くずしの 妹」「早く腹を切らんかいっ!わ~れ~!の妹」である。



(記事イラスト by illustAC)

Read more

今年の抱負

                        
いつもブログをご覧くださりありがとうございます。 このところ更新速度が若干落ちてますが、無理せずマイペースでいこうと思っています。 (Iliust by IliustAC) 今年の抱負といいますか、本年中にブログの引越しを!ワードプレスでブログを…!と考えております。 現在は引っ越す準備を始めたものの、実際の作業にまだ至らず…、の状態。 というのも、ドメインを移管してそのまま利用するつもりが、ドメインの移管が不可能...
いつもブログをご覧くださりありがとうございます。
このところ更新速度が若干落ちてますが、無理せずマイペースでいこうと思っています。
松竹梅

(Iliust by IliustAC)

今年の抱負といいますか、本年中にブログの引越しを!ワードプレスでブログを…!と考えております。
現在は引っ越す準備を始めたものの、実際の作業にまだ至らず…、の状態。
というのも、ドメインを移管してそのまま利用するつもりが、ドメインの移管が不可能だと分かり手間取っているため。

ブログを始めた際は、FC2で有料ドメインを申し込みました。
有料ドメインを利用する際に「ドメインをプレゼントします!」と画面に出てきて、『かんたん変換サービス』の利用を促すボタンが出てきたので、深く考えることなく、この『かんたん変換サービス』を利用したのですが、このサービスがくせものでした。
このサービスを利用すると、その後はFC2専用サービスでしか利用できないドメインを利用することとなり、DNSの設定変更は行えず、他社へのドメイン移管も行えなくなってしまいます。
利用を促す際にそのような注意・説明はなく、ドメインの移管を行おうとして初めて知りました。同じ被害に遭われませんよう。⇒かんたん変換サービスの特長

…そんなわけで、引っ越し後はドメイン、ブログUTRが変わります。

引っ越しについては、今後こちらのブログ上で随時ご案内させていただきます。
ご不便をおかけいたしますが、何卒よろしくお願い申し上げます。

「はじまりとおいたち」でこれまで綴っている父の行く末については、引っ越し後からMAX全開で再開できれば…、と思っています。

Read more

昔はやった物 「たまごっち」

                        
10年ちょっと昔、真冬のこと、 酷寒の某スーパー店頭に発売前夜から座り込みで並び、娘のために「たまごっち」を買った。数量限定販売品だった。 今のようにヒートテックなどなかったので、毛糸のパンツを3枚重ね履きして、それでも寒さが身にしみる夜を乗り越えてGetした物である。 娘(19歳)はずっと何処かにしまっていたようだったが、つい先日より 「またお世話を始めました!」 ということで、久々にお目見えした。 ...
10年ちょっと昔、真冬のこと、
酷寒の某スーパー店頭に発売前夜から座り込みで並び、娘のために「たまごっち」を買った。数量限定販売品だった。
今のようにヒートテックなどなかったので、毛糸のパンツを3枚重ね履きして、それでも寒さが身にしみる夜を乗り越えてGetした物である。

娘(19歳)はずっと何処かにしまっていたようだったが、つい先日より
「またお世話を始めました!」
ということで、久々にお目見えした。

いつもアルバイトで多忙な娘。
帰宅後、たかみねの安否を確認している。(たかみね=たまごっちの名前)
すると、
「帰ってきて見たら、いつもウンコ💩して病気になってるぅ~www」と言う。
「このあいだは朝起きた時に見たら、お亡くなりになっていた」そうだ。
(もしかして、かなりぞんざいな扱い???)
たまごっち
👆写真はウンコして病気になっているたかみね
ちなみに睡眠中。
たかみね」は娘が好きな男の子の名前かと思ったが、そうではなかった。
(大好きなアニメキャラクターの名前だそうだ。)

たまごっちが流行った頃は、子どもたちよりもママ達がお世話を必死で頑張っていたことを思い出す。
母親同士で裏ワザや攻略法についてよく話したりもした。
懐かしくあり、可笑しくもあり。

Read more

たかみねその後

                        
(今回は前回記事の続報である。) たかみねが進化した! 👆写真は進化して嬉しそうにとび跳ねているたかみね 出来ればレアな進化をおがんでみたいものだが、 いつもウンコ💩して病気になっていた御気の毒なたかみねにそれを望むのは少々酷である。...
(今回は前回記事の続報である。)

たかみねが進化した!

たかみね
👆写真は進化して嬉しそうにとび跳ねているたかみね

出来ればレアな進化をおがんでみたいものだが、
いつもウンコ💩して病気になっていた御気の毒なたかみねにそれを望むのは少々酷である。






Read more

芽出しアジサイ

                        
二年ほど前、お試しで生け花教室に参加したところ、これがことのほか面白く、 以来、いけばなを始めた。(小原流) 枝・葉・花の向きを見定める、構図を考える、剣山に挿す、… この時は無心だ。 全ての雑念が取り払われている、といっても過言ではないだろう。 月一回のお稽古では毎回心がリフレッシュされている、そんな風に思える。 先日、初めて花展に出品した。 お稽古の時は先生が花材を用意してくださるのだが、...
二年ほど前、お試しで生け花教室に参加したところ、これがことのほか面白く、
以来、いけばなを始めた。(小原流)

枝・葉・花の向きを見定める、構図を考える、剣山に挿す、… この時は無心だ。
全ての雑念が取り払われている、といっても過言ではないだろう。
月一回のお稽古では毎回心がリフレッシュされている、そんな風に思える。

先日、初めて花展に出品した。
お稽古の時は先生が花材を用意してくださるのだが、今回は自分で花材を選んでの挑戦であった。

お花屋さんに花材を調達しに行く。
店頭には桜、桃、サンシュ、…その他の枝物が、
店内には色とりどりの花が、ところ狭しと並んでいる。
それらをひととおり見ていく。

小原流の基本のかたちの骨組みとなる枝=役枝(やくえだ、又はやくし)は、「主枝(しゅし)」と「客枝(きゃくし)」の二つである。
漫画・舞台でおなじみの『ベルサイユのばら』でたとえると、
主枝=作品の中心となる主役…オスカル
客枝=主枝のゲスト(主役を引き立てる脇役)…アンドレ
中間枝(ちゅうかんし)=作品に変化をつける脇役…その他キャスト
という構成である。

さて、主役の花材である主枝を何にするか?

芽出しアジサイ  

芽出しあじさい 店頭で綺麗な班が入った芽出しアジサイに目がいった。
花展には少々地味かなと思い、主枝は店内のカラフルな花の中から選ぼうとした。
が、あの芽出しアジサイがどうも気になる。

カラフルで豪華な花々をながめ、迷うこと小一時間。
おそらく、こうなる運命だったのだろう。
私はインスピレーションに従うことにした。

少々地味でありながらも芽吹きに生命力を感じる芽出しアジサイを主枝、主役のオスカルに。
客枝、アンドレ役は赤いラナンキュラス。
他キャストはレースフラワーと玉シダ。
それらを選んで、出来上がったのがこちら👇

花展ブログ

右上写真の芽出しアジサイは花展での展示を終えて一日後に撮影したもの。
たった一日でずいぶん葉が開いた。
花が咲くまでがんばって育てようと挿し木に。(土挿し、水挿し)
どんな花が咲くんだろう。
楽しみである。
P3215275.jpg P3215311.jpg

Read more

わたしの手相

                        
  上の写真にある親指の輪っか、これは仏眼(ぶつがん)・仏眼相というそうだ。 今の今まで、みんな私と同じようになっているものだと思っていたが、そうではないらしい。 この相を持つ人は「記憶力が抜群によい」そうである。 しかし、私は小学2年生で覚えなければならなかった九九を、3年生になっても覚えられなかった。 「さくら」「ねこ」「電車」と3つの言葉を最初に聞いて、数分後にその3つを答える記憶力の...
仏眼仏眼図
上の写真にある親指の輪っか、これは仏眼(ぶつがん)・仏眼相というそうだ。
今の今まで、みんな私と同じようになっているものだと思っていたが、そうではないらしい。

この相を持つ人は「記憶力が抜群によい」そうである。
しかし、私は小学2年生で覚えなければならなかった九九を、3年生になっても覚えられなかった。
「さくら」「ねこ」「電車」と3つの言葉を最初に聞いて、数分後にその3つを答える記憶力のテスト、あれもちゃんと答えられない。(ご老人の方が私よりもはるかに記憶力が良いのでは?と感じることもある。)
なので、「記憶力が抜群によい」というのはちょっとハズレである。

この相はその他に、先祖から見守られている、直感力がある、霊感が強い、などスピリチュアル系の能力が高いという。

たしかにご先祖様から見守られているような気はするし、昔から「感が強い」とよく言われる。不思議な体験をしたこともある。
目に見えないものや魂、スピリチュアルな世界を信じている人間だ。
いつか私が幽霊を証明したい!とさえ思っている。

なので、
お世話になった方々には、生前のお礼と近況報告にぜひ伺いたいと思っている。
お世話になっている方々にそう説明すると、「待ってるよ!」と答える人と、「こわいからやめて!」と懇願する人、両方居るw。

でもこれは、笑い話ばかりでなく、
亡くなったひとに会いたい!話がしたい!と願う気持ちは、誰しもが思うことであり、もしもそれが叶うのなら…、という強い想いからでもある。
こんな私に仏眼相があるというのも、ベストマッチングなのかもしれない。


あと、もうひとつ変わっているのが👇この手相。
ますかけますかけ図
徳川家康、豊臣秀吉、織田信長もそうだったということで、わりとよく知られている「マスカケ」。 (感情線と知能線が一体化したもの。写真では赤色の線)

イラストにあるのが正真正銘のマスカケである。
私の場合、感情線と知能線がもう一本あり(二重感情線、二重知能線)、変形型のマスカケと思われる。
変形マスカケの人は『我が道をいく』タイプ、困難な道を選んではじめて実力を発揮することができる、そうである。

マスカケは強運線として知られている。
しかし、「凶線として扱われることもある」という解釈を今日発見した。
今の今まで、強運としか思っていなかった。
一体どういうこと?それはなに故に?!

その解釈によると、
マスカケ線を持っている人は、行動力旺盛、思い立ったらすぐ動く、血の気が多く、よく人と衝突する、という性格的特徴がある。
現代ではサラリーマンがそんなことをしたら、上司や先輩から指導され、それに反発し、会社を退職せざる負えない状況にまで達してしまう事もあることから、凶線とされることもある。
この手相を持つ人は良くも悪くも波乱万丈の人生を送る人が多い。
…ということであった。

そう!その通り!
それで解雇にもなったしー。(2話にわたる解雇の話はこちら1話め2話目
でもって、良くも悪くも波乱万丈って、
いや~、当ってる。本当に当たってる。当たりすぎてて笑える。

このマスカケ、『百握り』と呼ばれ、つかんだ運は絶対に離さないとも言われる縁起の良い手相。 …なんだそうだ。
できることなら、強運にあやかりたいものである。

ちなみに、私は左手だけ。
両手共にマスカケ線の人は珍しいそうである。

Read more

コーヒー話

                        
昔コーヒー屋で勤めていたこともあり(⇒過去記事)、 コーヒーは好きで毎日結構飲む。 インスタントコーヒーが多いが、たまに豆で買ってきて自分で挽いて入れる。 ちなみに私はいつもメリタ式(浸漬法)でドリップしていた。 特にこだわりがあったからでなく、ひいきにしているコーヒー屋さんがメリタ式であったからだ。 しかし最近、コーヒー屋さんやホームセンターで「透過法」の器具をよく見かけるようになり、「透過...
昔コーヒー屋で勤めていたこともあり(⇒過去記事)、
コーヒーは好きで毎日結構飲む。
インスタントコーヒーが多いが、たまに豆で買ってきて自分で挽いて入れる。

ちなみに私はいつもメリタ式(浸漬法)でドリップしていた。
特にこだわりがあったからでなく、ひいきにしているコーヒー屋さんがメリタ式であったからだ。

しかし最近、コーヒー屋さんやホームセンターで「透過法」の器具をよく見かけるようになり、「透過法も試してみたい」と思っていた。
だが、これまでに全く手をつけたことがないことは少々敷居が高く感じるのか、なかなか手を出せずにいた。
何事につけてもそうだが、自分に勢いがつかないこんな時、誰かが背中をポ~ンと押してくれたら…、と思っていたら、

ラッキーなことに、
焙煎士でありコーヒー豆屋さんも営んでおられる方から、コーヒーについて色々教わる機会を得られた。
同じ豆でドリップ、フレンチプレス、サイフォン、ネル、と抽出の方式を変えての飲み比べもした。
それぞれの違いがよく分かり面白かった。
透過法についてもきちんと知ることができた。
以下はその時に教わったことや私の感想である。
・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・・~・
コーヒーの抽出法は浸漬(しんし)法と透過法があり、それぞれの方式にあった器具・フィルターがあり、それらを使用する。

浸漬法…バーッとお湯を注いでお湯の中にコーヒーの粉を浸して抽出する。
         (カリタ式、メリタ式、フレンチプレス式、サイフォン式など)

透過法…湯量を調整しながらコーヒーの粉の層の中にお湯を通らせて抽出する。
         (コーノ式、ハリオ式、ネル式など)

美味しく入れるためのお湯の温度は83~90℃(抽出法、豆の種類によって変わってくる)、88℃が一番使いやすい温度、ということである。 器具 お湯にひたひたに浸す浸漬法は雑味が含まれやすく、透過法は雑味が少ない、と言われる。なので手間ひまはかかるが、ネル式(布で濾すやつ)が一番美味しく入れられるという。
雑味…コーヒーの持つ「酸味」「甘味」「苦み」などのうま味が十分に引き出されると美味しいコーヒーになるわけだが、過ぎたるは及ばざるがごとしで、引き出されすぎると好ましくないところまで一緒に出てしまう。これを雑味という。

【抽出法による飲み比べ】
・浸漬法
トロッとしていて色々な味が混ざっている感じ。
一番気に入ったのは、コーヒーの粉にお湯を注いで浸した後、上からプレスして上澄みの部分をカップに注いで飲む「フレンチプレス式」。
私的な例えだが、色々な味が個々に存分発揮されている感じ。アマゾン奥地で「仲良くなるシルシとして勧められる酒」となぜだかイメージが被った。(実際にそれを体験したことはないが。)

・透過法
サラッとしていてスッキリ、爽やかという感じ。
雑味が少ないというのがよく表されている。
あかぬけして洗練されたイメージを感じた。

【感想】
で、どっちが、どれがいいのかと言っても、
ここのラーメンが美味いと聞いて行って、実際に「美味かった」という人と、「いまいち」と意見が分かれるのと同じように、コーヒーにも好き不好きがあるのではないかと思える。

「方式は絶対にコレ!」というこだわりがあるのなら別として、
今日はちょっとセレブっぽくコーノ式、
今日はワイルドにフレンチプレス式、
と、気分により飲み変えてみるのも面白いかもしれない、と思った。

実際には抽出法、豆の種類、焙煎の仕方、挽き方、その他、細か~くチョイス&セッティングされるのだが、私は「素人が美味しく飲めるコーヒー」でとどまっておこうと思う。(あまりに奥が深いと思えるのでw)

Read more

自治会の思い出 前編

                        
昔、私の実家は自治会から強制脱会となった。 『積み木崩し』の如く変貌した末の妹(過去記事)のヤンチャが原因だった。(真夜中に、住宅地の路上で、ヤンキー仲間とにぎやかにバドミントンを興じ、ご近所に迷惑をかけた。) 以降、ゴミステーション利用禁止、市報・ゴミ袋の配布中止など、色々困った。 自治会は古くは江戸時代の相互扶助的な組織(五人組・十人組)、戦時中の団結や思想統制を促すための組織(隣組)、これ...
昔、私の実家は自治会から強制脱会となった。
『積み木崩し』の如く変貌した末の妹(過去記事)のヤンチャが原因だった。(真夜中に、住宅地の路上で、ヤンキー仲間とにぎやかにバドミントンを興じ、ご近所に迷惑をかけた。)
以降、ゴミステーション利用禁止、市報・ゴミ袋の配布中止など、色々困った。

自治会は古くは江戸時代の相互扶助的な組織(五人組・十人組)、戦時中の団結や思想統制を促すための組織(隣組)、これら慣習のなごりである。

強制的な加入・行事への参加、未加入への制裁(ゴミステーションの利用禁止、村八分、etc)などから、自治会を「問題あり」とする意見や見方もある。

しかしその一方で、自治会には近所のおじちゃん、おばちゃん、おじいちゃん、おばあちゃんたちがみんなで子供たちを見守る、そんな風景がたくさんある。
ご近所にありながら、互いの顔さえ分からないような環境ではこのような風景は望めない。
自治会は全世代に、地域の一員として活動する機会、チャンスを与えてくれる。そんな風にもみえる。
回覧板
今回は、そんな『自治会』について綴る。


(photo by photoAC)

・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・・~・
15年ほど前に、今住んでいる団地に引っ越ししてきた。
入居の際「団地の自治会に必ず加入するように」ということであった。

それ以前住んでいたアパートは自治会がなく、ゴミの日は1kmほど離れた公民館のゴミ集積場まで捨てに行かなければならず大変だった。
自治会があるというのは私にとってはありがたいことだった。

団地に引っ越して以来、自治会長ご夫妻には親子ともども大変お世話になった。
困っていることはない?とよく声をかけてくれた。

自治会では団地周辺の草抜きや清掃、地域の一斉清掃、こどもパトロール、町民運動会、集会への参加etc、いろいろな行事があった。

草抜き 私が引っ越してきたばかりの頃は、みんなで声をかけあって全員参加していた。
ご近所さんと色々おしゃべりをしながらの作業(井戸端会議)は楽しかった。

同年代のお宅のほとんどは「家を購入した」ということで、やがてお引っ越しされていった。

(photo by photoAC)

それから後、
「自治会を廃止するか存続するか」という議論が団地で沸き起こった。

行事に参加する人がだんだん減っていた。
ひとつは入居者の高齢化によるもの。
もうひとつは、新たに入居されてきたお宅の不参加。
自治会費の未払い、当番のすっぽかし、それらはやがて「自治会は必要ない。廃止して。」という声に変わった。

これまで自治会の活動に参加してきた古くからの住人の間では「存続して欲しい」という声が多かった。お歳を召されている方々は特に、であった。

存続か、廃止か、何度も話し合いが行われた。

ある日、「自治会のこと、あなたはどう思う?」と自治会長さんに尋ねられた。
「自治会で協力して清掃しているおかげで団地の周りはいつも綺麗だし、ご近所さんと色々おしゃべりしながら、一緒に何かをするのも楽しい。自治会がある方がいい」と答えた。

超真面目に答えたが、実際のところ、いつもご近所さんと冗談を言い合ったりしながら、おもしろおかしくやっていた。
それは自治会長さんも同じだった。
「自治会、これからもあるといいね」自治会長さんはニコッと笑った。

自治会にはたくさん思い出がある。
なくなって欲しくはなかった。(つづく)

Read more

自治会の思い出 後編

                        
自治会を存続するか、廃止するか、 最終的には、投票を行って多数決で決めることになった。 投票の結果、自治会はなくなった。 自治会がなくなって以降、団地周りは雑草が生い茂り、当番で掃除していた共有スペースも、ゴミやホコリまみれになることが多くなった。 お隣やお向かいにどなたが住まわれているのか分からなかったり、階段ですれ違いざまに挨拶を交わすこともなかったりする。 予測はしていたが、なんだかさみ...
自治会を存続するか、廃止するか、
最終的には、投票を行って多数決で決めることになった。

投票の結果、自治会はなくなった。

自治会がなくなって以降、団地周りは雑草が生い茂り、当番で掃除していた共有スペースも、ゴミやホコリまみれになることが多くなった。
お隣やお向かいにどなたが住まわれているのか分からなかったり、階段ですれ違いざまに挨拶を交わすこともなかったりする。
予測はしていたが、なんだかさみしいことである。
みんなで団地の草抜きしていた頃が今は懐かしい。


自治会がなくなる前の年、運動会
町民運動会に参加した。
これが最後の運動会になった。

町民運動会は最低でも人員が8人必要だった。
(各競技の出場選手数が8人なので)

団地の世帯数は約100世帯あったが、その中から「運動会に出ます」と名乗りをあげたのは私を加えてたった6名だった。
かく言う私も、お年を召された自治会長ご夫妻から「あと一人足りないんです。私達も夫婦で出ますから、どうかお願いします!」と頼まれて、の参加だった。

運動会の競技は徒競走でスタートし、そのあと20競技ほどあった。
他自治会の出場人数は、少なくて40,50人、多いところだと100人以上いる中で、うちはたった8名。
各自治会にテントが用意されていたが、ぎゅうぎゅう詰めのよそと違って、広々としてまるで天国である。

しかし、そのテントの下でくつろいでいる暇などない。
プログラム1番から最終まで、全競技に全員出場しなければならないからだ。
入場門に並んで次の出番を待っている暇などもちろんない。

徒競走、障害物競争、二人三脚、ムカデ競争、綱引き、玉入れ、…、立続けで次々こなしていった。

行商人 終始こどもたちが応援してくれた。
(こどもの数も当然少ない。総勢5名。)

各競技に出場すると参加賞をいただけた。
運動会の帰り道は「まるで行商人」であった。

それにしても、
全競技に出場というのはさすがにきつかった。
その後お引越しされてしまったが、高齢で全競技に奮闘された自治会長ご夫妻は今でも「凄い!」と思う。

団地に引っ越してきて以来、
色々なことをみんなで一緒にやった。どれも懐かしい、楽しい思い出である。

近年、私が住む地域で、自治会を自分たちが楽めるものにしよう!と取り組んでいる自治会が見られる。

自ら積極的に関わっていくことで、変えていくことが可能、ということのお手本でもあり、何事においてもその意識は大切だと思えるのであった。(おわり)

Read more

スポンサーリンク

Bookmark etc


このエントリーをはてなブックマークに追加




ランキングに参加しています。
ポチッと宜しくお願いします(^ ^)

スポンサーリンク

人気記事

Deodorant water

ハッピーデオ ウォーター


●持ち運びに便利なストッパー付のハッピーデオ デオドラントウォーターは、いろいろなシーンで使えます。●お出かけ前に。●スポーツの後に。●入浴後やシャワー後に。●暑い夏にほてった体を瞬時にクールダウンしたいときに。●ボディシートで汗をふき取ってからウォーターで仕上げれば、ひんやり&まるでシャワーを浴びたような爽快感です。

ユーザータグ

ブログ おいたち 写真 イジメ ハラスメント ブログ初心者   夕方 教師 ペンフレンド 生命保険 癒し 出稼ぎ 結婚 競馬 ドラマ 韓流ドラマ LINE 呼吸 珈琲 怪獣 芽出しアジサイ 化粧水 誕生日が同じ お宝保険 つれづれ 勘当 初値 特撮 周産期母子医療センター 禁煙 思い出 運命の糸 婚約破棄 たまごっち 入院 円谷プロ 救急車 思わぬ出来事 自律神経 自治会 学校 アニメ ろくでなし バブル 手術 地震 看護 防災 いきもの お手入れ 看護学校 強震モニタ 心の病 防災科学技術研究所  K-NET 離婚 カウンセリング KiK-net 骨折 ひいおばあさん カタブツ 入門機 まじめ オタク いとこの叔父の孫 出産 名探偵コナン ミッション車 ブタカバン MSX-C 祖父の兄の娘の 母と娘 駆け落ち 用語集 オジンギャル 夕焼け 出来事 バツ2 流星群 ペルセウス座流星群 衝撃的 カバン 積木くずし セミ 極大日 学生カバン 新聞奨学生 ソウルメイト Myhoney Mydear ショッキング 文通 語り継がれる ケーキ モンブラン キリマンジャロ ブルーマウンテン デンジャラス  切除 仮面ライダー アジト 免疫 扁桃腺 全身麻酔 覚せい剤 真面目一辺倒 局所麻酔 イモトアヤコ 狐につままれる 案内標識 ETC出口 ETC専用 SNS ETC専用出口 スマートIC カーナビ 高速道路 ETCカード 国際恋愛詐欺 ロマンス詐欺 C言語 就職 倒産 晴天の霹靂 リポーター 進路 ナイジェリア詐欺 詐欺師 scammer ひいひいおばあさん 綾野剛 子供 異物 虚血性大腸炎 便秘 幼児 ハイムリック法 誤飲 対処 背部叩打法 腹部突き上げ法 イ・ビョンフン チャングム カウンター設置 グッスミン 株価 Combination225 ペク・クァンヒョン 白光炫 イ・サン トンイ 馬医 李氏朝鮮 喉詰め 風呂場 不和 動物 りす 睡眠障害 貧乏 家庭 メダカ ヘルス 当確 生い立ち サプリメント 自然 妖艶 未亡人 火箸 ドリフ 怖い ヘビ 気付き くつ 暑い 日経225寄り引けシステム ファッション 3時間授乳 人間関係 マクドナルド PTS 母子別室 母子分離 三連複 的中 TBS コウノドリ SBI ポケモンGO 競走馬名 やすし パーソナルコンピューター MSX 競走馬 日焼け 一点買い 事件 アロエ ばんえい Dyson ポケモンGO 用語 公募価格 ポケモノミクス 任天堂 IPO コーディネート 菊池京子 K.K closet ポケノミクス ニューヨーク証券取引所 ヘアドライヤー 毛量多い ダイソン Dysonスーパーソニック 美レンジャー 玉村麻衣子  美眉 美眉アドバイザー BASIC 脱出 ワードプレス ドメイン移管   かんたん変換サービス 独自ドメイン 今年 今年の抱負 引っ越し FC2 GHQ 教育改革 挿し木 ミニバラ 悶々 執着 ベランダ園芸 大義名分 ドラゴンボール かめはめ波 ストレス パンツ ブラック企業 不当解雇 女子ネタ お肌 泡洗顔 電気料金 生きた証 運命 人が好き 神社 お参り 不思議 再エネ発電促進賦課金 FIT DOS/V オープンアーキテクチャ 解雇 解雇予告手当 水没 携帯 カインとアベル 仕事探し 危険 打撲 固執 ひょうたんからから駒 橈骨遠位端骨折 複雑骨折 粉砕骨折 JAC コーレス 温度 コーヒー 抽出法 浸漬法 透過法 ジャパンアクションクラブ 音楽 エンディング曲 タイナカサチ 愛しい人へ 強震モニタExtension 上橋菜穂子 精霊の守り人 Avicii アヴィーチー 職場 小説 仏眼相 渡瀬恒彦 チェ・ウシクユイ イム・スロン 生け花 小原流 ホグの愛 進化 目から鱗が落ちる 解決 突破口 トラウマ 主枝 客枝 マスカケ 二重感情線 、二重知能線 変形マスカケ 手相 モチベーション 中間枝 交感神経 副交感神経 リア充 人間嫌い ひとり親家庭 ビデオ アダルト 海外競馬 凱旋門賞 レンタル 勧誘 乗り換え ナンパ セールスレディ キャッチセール 結果 心の支え マリッジブルー 鼻血ブー 止血 キーゼルバッハ JR東海 遠距離恋愛 落ち込む 絶望的 這い出す 婚約 下取り 転換 検査 赴任旅費 無料配布求人 たこ部屋 健康診断 スキルス シュノーケリング 余命宣告  告知 借金 任侠映画 終身保険 逆ザヤ 予定利率 部分解約 養老保険 定期保険 冷暖房完備個室 違法就労 運動会 社会の裏側 鼻血 対処方法 美肌 洗顔 WAKARA 練り石けん 女子必見 ウテメリン おまけ 仮面ノリダー レンタルビデ男 入院生活 和から すべらない話 PTSD 五感 成長 可能性 プレイセラピー 自閉症 退院 住民票 個人情報保護法 発達障害 リンク 再婚 養子縁組 近況報告 ビューティー アロマ 戸籍制度 戸籍謄本 親子水入らず 家長 ちっちゃいおっさん アルマイト灰皿 イギリス式 アロマセラピスト チョーク クレヨン マーカー 水で消せる 気軽 黒板シート テレビ公開捜査 顔出しNG 再会 黒板アート 人付き合い