鮮明な記憶

                        
4歳くらいの時の出来事である。うたた寝をしていた時に「お風呂に入りなさいよ」と起こされてねぼけまなこで風呂場に行った。浴室の扉を開けると浴室の奥にある排水溝の上にヘビが居る!「そんなはずはない!」と何度も目をこすってよ~く見てみたが何度見てもヘビがいる。それもまるで漫画で書いたうん○のようにすばらしくきれいにとぐろを巻いてこっちを見ている。(かれこれ50年生きてきたがあんなにきれいにとぐろを巻いたヘ...
4歳くらいの時の出来事である。
うたた寝をしていた時に「お風呂に入りなさいよ」と起こされて
ねぼけまなこで風呂場に行った。
浴室の扉を開けると浴室の奥にある排水溝の上にヘビが居る!
「そんなはずはない!」と何度も目をこすってよ~く見てみたが
何度見てもヘビがいる。
それもまるで漫画で書いたうん○のようにすばらしくきれいに
とぐろを巻いてこっちを見ている。
(かれこれ50年生きてきたがあんなにきれいにとぐろを巻いた
ヘビはあれ以来見たことがない。)

部屋に戻り母親に「ヘビが居る!」と叫ぶ。「何を寝ぼけたこと
を!風呂場にヘビが居るわけないでしょ!」と思いきり叱られ
また風呂場へ。
やっぱり居る…。…
それからは「8時だよ、全員集合!」のコントみたいに、風呂場
と母親の間を何度も往復して「本当にヘビがいるんだよっ~!」
と繰り返すが母は全く信じない。

あまりにひつこい私に「いい加減にしなさい!!」と逆上した母が
やっと風呂場に一緒に見に行ってくれた。
母はヘビが大の苦手でありその驚きぶりは凄かった。
それからは大騒ぎ。近所中の人がうちの風呂場にヘビを見にきた。
とぐろをまいて真っ赤な舌をペロペロ出しているヘビを見て大人の
男の人たちもみんな怖がって帰っていく。
「きっと誰かが捕まえてくれる」と思ったが、みんなヘビを見るなり
「怖い~」と言って帰って行く。

その当時、うちのとなりにはめちゃくちゃ綺麗で妖艶な未亡人の
ご婦人が住んでいた。
そのご婦人はヘビのことを知るやいなや、火箸を持ってやってきた。
美しい未亡人は近寄るだけで襲い掛かかる素振りで威嚇してくる
ヘビを、なんのこともなく、いとも簡単に捕獲した。

普通4~5歳くらいのことはあまり覚えてなかったりするのだが、
この時のことは今も鮮明に記憶に残っている。
こわもてのおじさんが捕まえていたら記憶に残らずに忘れていた
のかもしれない。

Read more

ある夏、深夜に起こった衝撃的な出来事(18禁)

                        
(これは私が娘時代の頃の話である。) ある夏の夜深、車を走らせ自販機にジュースを買いに行く。 自販機でジュースを買っていると「ジ、ジ~」とすぐそばでセミの鳴き声が…。 近くに居るようだが姿は見えない。 ジュースを買って車に戻ろうと一歩足を踏み出したとき、まるで自分の体の どこかにとまっているんじゃないか?と思うほど、一段と近くでセミの鳴き声 がする。頭や背中を手でふり払ってみたがセミの姿は発見出...
(これは私が娘時代の頃の話である。)
あるの夜深、車を走らせ自販機にジュースを買いに行く。
自販機でジュースを買っていると「ジ、ジ~」とすぐそばでセミの鳴き声が…。
近くに居るようだが姿は見えない。

ジュースを買って車に戻ろうと一歩足を踏み出したとき、まるで自分の体の
どこかにとまっているんじゃないか?と思うほど、一段と近くでセミの鳴き声
がする。頭や背中を手でふり払ってみたがセミの姿は発見出来ず。

「気のせいか…」と車に乗り込んでエンジンをかけて発進させた。
当時はミッション車に乗っていた。車のギアをローからセカンドに入れた時、
「ブィ~、ブィ~」と車内でセミが鳴いた。
「やっぱり体にひっついていたのか」
車を停めてセミを探す。しかしセミは見つからない…。
また車を発進させた。クラッチを踏みこんでシフトチェンジする度に「ブィ~、
ブィ~」とセミが鳴いた。しかたなくそのまま自宅まで車を走らせる。

駐車場に着き車から降りセミを探す。泣き声の近さから体のどこかに
とまっているようなのだが、いくら探しても見つからない。
「背中とか手が届かない所にとまっているのかもしれない、家に帰ってから
探そう。」そう思って歩き始めた。
とその時、「ブギャ~、ブギャ~」という泣き声とともに穿いていた短パンの
前部がボッコボッコと盛り上がるではないかっ!!

その夜はグリーンの蛍光色の短パンを穿いて出かけていた。
どうやらセミは短パンを木だと勘違いし、短パン裾から飛び込んでいた模様。
だからギアチェンジの度に、私が足を動かす度に苦しくて「ブィ~、ブィ~」と
と鳴いていたのだ!

それにしても、薄手の生地の短パンの前部がボッコボッコと盛り上がるさまは、
どう見てもひわいでしかなかった。
その場で短パンを脱ぎ捨て蝉を出したい気持ちやまやまであったが、
いくら深夜とはいえ、乙女が路上で短パンを脱いで下ろすなんて無理だ。
短パンに手を突っ込むというのも無理だ。

あまりのショッキングなできごとに呆然としながら、短パン前部をボッコボッコ
させながら帰路につく。誰にも会わずもうすぐ家に着く!と思われたその時、
前方からジョギングをする男性が…。

私は思わず前を隠した。
しかし「ブギャ~、ブギャ~」と短パンが鳴く泣き声は隠せない。
こんなことなら短パンを脱いで逃がしていた方がマシだった…、
後悔した瞬間、ジョギング中の男性の目の前でセミが短パンの裾からポロッと
地面に落ち、次にものすごい勢いで空に向かって一目散に飛び立っていった。

この現場を見たジョギング中の男性、これを見てどう思ったのかは知らないが、
とにかく今思い出してもとても恥ずかしく「衝撃的!」な出来事であった。

セミ

Read more

思わぬ出来事(台所編)

                        
それは台所で起こった。 うちの台所の流し台の上は非常に狭い。 (今風&おしゃれに言うと、うちのキッチンのシンクの上は非常に狭い。) 流し台の上に小さなまな板(約30cm×15cm、厚さ2.5cm)を置くのも必死である。 先日、このまな板が台所で作業中に足の上(足指)に落っこちてきた。 ううっ、痛い…! その場にうずくまって悶絶した。 しばらくしたら痛みは消え、ひどく腫れるようなこともなかった。 思ったより...
それは台所で起こった。

うちの台所の流し台の上は非常に狭い。
(今風&おしゃれに言うと、うちのキッチンシンクの上は非常に狭い。)
流し台の上に小さなまな板(約30cm×15cm、厚さ2.5cm)を置くのも必死である。
先日、このまな板が台所で作業中に足の上(足指)に落っこちてきた。
ううっ、痛い…!
その場にうずくまって悶絶した。
しばらくしたら痛みは消え、ひどく腫れるようなこともなかった。
思ったより大したことがなくて良かった。

少々昔の話になるが、以前、台所でもっとこわいことがあった。
いつもお肉が安売りの時に大量に買ってきて、小分けにしてラップで包み、冷蔵庫の冷凍庫にストックしてあるのだが、
冷凍庫の扉を開けた瞬間にカチコチに凍ったお肉のかたまりが、同じく足の指(親指)に落っこちてきた。
この時はもんどりを打っての悶絶であった。
足の指はみるみるうちに二倍くらいに腫れあがった。
マンガみたいな腫れ方に涙が出るほど大ウケしたが、それと同時に涙が出るほど痛かった。
夜中であったが、その足で自分で車を運転し病院に行った。

足


レントゲン撮影のあと診察室に通された。
こんなに腫れてるから足の骨が折れてるかも、と思ったが骨は大丈夫であった。
「打撲ですね」、医師がそう言いながらカルテを記入している。
「で、何が落っこちてきたんですか?」そう聞かれ、
「肉です。肉!お肉です。それがこうやってここに落っこちてきたんです。」とジェスチャーつきで説明。

その瞬間に医師の手が止まり大爆笑し始めた。
「いや~、長年医師をやってるから色んな物が落ちてきた、と聞くんですが、肉ですか!肉!ほぉ~、肉ですか。」
「肉は初めてです!!」と医師。
「肉で打撲、…ね。」とそう言いながら医師は終始笑いながらカルテに記入。
完全に笑いのツボにはまっていた様子であった。
横で看護師さんも大爆笑、であった。
私も爆笑であった。

それにしても、足の指が二倍くらいに腫れあがった時は「絶対に骨折してる」と思ったが、打撲ですんだので不幸中の幸いであった。
いや~、世の中、いつどこで何が起こるか分からない。
家の中でも危険がある。
まさにそういう出来事であった。

Read more

思わぬ出来事(携帯電話編)

                        
前回に引き続き、今回も身近で起こった思わぬ出来事を。 それはラーメン屋で起こった。 注文したラーメンが運ばれてきた。 お箸を片手に「さぁ食べよう!」という瞬間に携帯電話の着信音。 電話に出ようとすかさずケータイを手に取った 瞬間、手がすべり、 (photo by photoAC) なんと、 ケータイがラーメンのトッピングになってしまったではないか!! 水没ではすぐに水気をよくとって電源を入れると助かる場...
前回に引き続き、今回も身近で起こった思わぬ出来事を。

それはラーメン屋で起こった。
ラーメン
注文したラーメンが運ばれてきた。
お箸を片手に「さぁ食べよう!」という瞬間に携帯電話の着信音。
電話に出ようとすかさずケータイを手に取った
瞬間、手がすべり、

(photo by photoAC)

なんと、
ケータイがラーメンのトッピングになってしまったではないか!!

水没ではすぐに水気をよくとって電源を入れると助かる場合が多い。
すぐにケータイをラーメンから救出し、汁気をとってみたものの、電源が全く入らない。

このケータイには膨大なデータが入っている、
データだけでもなんとかして拾い出したい。
すぐに携帯ショップに向かった。

携帯ショップ
店員 「お客様、水没ですね?」
私   「いや、それが…、
       水没じゃなくてラーメン没です!」
店員 「は?」

「ラーメンを食べようとした時に電話がかかってきて、(かくかくしかじか)…」その時のもようをジェスチャーを交えながら説明する。

ケータイをラーメンに落としたという客は「初めて」らしい。
「お気の毒なことであり笑ってはいけないんでしょうが、ラーメンに…、ですか(笑笑笑)」と店員。 ウケを狙ってはいなかったが、やはりウケてしまった。

いちおう水没時と同じ処置(バッテリーを取り外してよく拭き上げてドライヤーで乾かす)をとってくれたが、電源は入らない。
店員「すぐに水から…いや、ラーメンから引き揚げたんですよね?水没ならこれで電源が入ることが多いんですが、駄目みたいですね。おそらくラーメンの塩気にやられたんでしょうね」

たしかにこれまでに水没させた時は、先の処置でなんとか電源が入っていた。
しかし今回の場合、一瞬で逝ってしまったようである。
恐るべし、ラーメンスープの威力!である。

それにしても、
いや~、世の中、いつどこで何が起こるか分からない。

ちなみに、この頃はガラケー(ガラパゴス携帯)持ちであったが、
現在所有するケータイは防水機能付きのiPhoneである。
ラーメンにも耐えうるかどうかは???だが。

Read more

「母の骨折」

                        
うちの母はここ近年、半年から一年に一度の頻度で骨折している。 右足、左足、右手、左手…、どの回においても、あわてて駆け出したりした際にコケて…、の骨折である。 三回目の骨折は、私が看護学校の学生であった時のことだった。 その日、母から「ちょっと転んじゃったんだけど、骨が折れてるみたい。今から来てくれる?」と電話があった。 現場に行くと、腕を抱えるようにしながら母は地べたに座り込んでいる。 その母の...
うちの母はここ近年、半年から一年に一度の頻度で骨折している。
右足、左足、右手、左手…、どの回においても、あわてて駆け出したりした際にコケて…、の骨折である。
三回目の骨折は、私が看護学校の学生であった時のことだった。

その日、母から「ちょっと転んじゃったんだけど、骨が折れてるみたい。今から来てくれる?」と電話があった。
現場に行くと、腕を抱えるようにしながら母は地べたに座り込んでいる。
その母の腕(手首)をひと目見て驚いた。

ちょうど2、3日前、授業で『コーレス骨折』(=橈骨遠位端骨折:とうこつえんいたんこっせつ)というのを習った。
教科書には写真や図はなく、「転んだ時に手を地面についた際によくみられる、女性やお年寄りに多い骨折である。フォークをさかさまに置いたような形である。」と文字で書かれていた。
フォークをさかさまに置いたような形???
頭の中で想像してみたが、う~ん、イメージが浮かばない。
一体どんな形なんだ?!
分からずままであった。…

母の腕は、まさにフォークをさかさまにした形、そのものであった。
「あっ!コーレス骨折だ!!」
コーレス
まるでお手本になるようなコーレス骨折であった。
「いやいや、感動している場合じゃない。」
(しかし、タイミング良すぎ。)
痛がっている母には悪いが、笑いさえこみ上げてきてしまう。
すぐに病院に連れて行き、教科書通りの治療(手術によりプレートで骨を固定)とあいなった。

先にも書いたが、コーレス骨折は女性(とくに中年以降)に多くみられる。
女性はホルモンの関係で骨粗しょう症(骨がスカスカになる)になりやすく骨折しやすいが、要因はそれだけだろうか。
もしかしたら、女性はお腹やお尻を守ろうとする本能があるのかもしれない。
それで、転んだ時にとっさに手が先に出てしまうのかもしれない。

そういえば
高校生の時、体育の授業で柔道の『受け身』を教わった。
「受け身は将来かならず役に立つ!特に女子はちゃんと習得しとくと良い。」と柔道部の顧問をやっている担任先生は言った。
女性は転んだ時に地面に手をつくことが多い、それは危ない。受け身を習得すれば、とっさのときに自然と身を丸めて転がるので安全だ、ということだった。

それから十数年以上経たある日、
私はバスから降りる際、タラップで足を踏み外し、飛ぶようにして頭から地面に転がり落ちた。
その時、昔覚えた「受け身」のおかげで助かった。
周囲の目撃者の話によると、私は体をまんまるく丸めて地面をコロコロっと回転し、まるでJAC(ジャック:ジャパンアクションクラブ)のスタントみたいにして立ち上がったそうである。

そんなに凄い事をしていたとは全く気付かず、立ち上がった瞬間は恥ずかしくて恥ずかしくて仕方がなかった。
ところが周囲から「かっこいい~!」「すご~い!」と称賛を浴びた。
とっさのことで覚えがないが、体が自然とそう動いていた。(ちなみに私は運動オンチな方である。)

柔道の受け身は怪我を防止するための技だが、受け身を覚えれば日常の生活でも怪我を防止することができる。ご参考までに

少し話がそれてしまった。
さて母だが、コーレス骨折から半年後に、またやらかしてくれた。
コーレス骨折した方の腕をまた折った。今度は『複雑骨折』だった。
これも授業で習ったが、複雑骨折は『粉砕骨折』と勘違いされていることが多い。(私もそれまで勘違いしていた。)

骨折図 複雑骨折とは、折れた骨が皮膚組織を突き破り組織を損傷している骨折である。(右図①)

複雑骨折と勘違いされやすい骨がバラバラに(3片以上に)なった骨折は粉砕骨折という。(右図②:4片の粉砕骨折)

複雑骨折で骨が皮膚を突き破り体外に出てきている場合、外界の菌にさらされて感染のおそれがある。感染は生命をおびやかす危険があり、一刻も早い手術が必要となる。(このとき母はこの状態であった。)
そのため、
皮膚を突き破って早急な対応が必要な骨折を「解放骨折」(または複雑骨折)、
骨が体内にとどまっている普通の骨折を「閉鎖骨折」(または単純骨折)、
と治療上の違いによる区別もある。(図①は解放骨折、②は閉鎖(単純)骨折である。)

今回は母の全ての骨折まで書ききれなかったが、うちの母は、
整形外科の教科書の内容を、次から次に見事なまでに再現してくれた。
今度は一体どこを折った?今度は何骨折?
もはやそんな余裕さえ出てきた私なのであった。

Read more

「母と私の骨折」

                        
二年前、また母が骨折した。(前回記事「母の骨折」はこちらにあり。) 仕事中にあわてて物を手に取ろうとし、足元に置いてあった段ボール箱をまたいで手をのばした。 しかしまたいだつもりが、足がそれほど上がっておらず、ちゃんとまたぎきれていなかった。(私もそうだが、歳をとるとこういうことは多くなる。) そのため転倒し、左足の甲の骨(中足骨:ちゅうそくこつ)を骨折した。 前回の骨折から半年、6回目の骨折で...
二年前、また母が骨折した。(前回記事「母の骨折」はこちらにあり。)
仕事中にあわてて物を手に取ろうとし、足元に置いてあった段ボール箱をまたいで手をのばした。
しかしまたいだつもりが、足がそれほど上がっておらず、ちゃんとまたぎきれていなかった。(私もそうだが、歳をとるとこういうことは多くなる。)
そのため転倒し、左足の甲の骨(中足骨:ちゅうそくこつ)を骨折した。

前回の骨折から半年、6回目の骨折である。
さすがに頭に来てしまった私は、病室に母の着替えを持って行った際、「気をつけないからよ!あわてて動くからこうなるのよ!」と母を叱った。
大部屋だったので同室に居たおばちゃんが「お母ちゃんかて、転ぼうと思って転んだわけじゃない。そんなにキツク言ったらかわいそう」と言った。
「でも、これで6回目なんですよ。さすがに…。」そう言って私は病室をあとにした。

それから一週間ほどたったある日、
朝、私はいつものように勤務先に出勤し、ロッカールームで制服に着替え、ロッカール―ムから出た。
ロッカールームを出たフロアの床はフロアカーペット敷きである。
いつもは綿100%の靴下を履いていたが、その日はナイロン(ストッキング地)の靴下を履いていた。
ロッカールームを出た途端、ナイロンの靴下がフロアカーペット上でツルッと滑り、その場で思いっきり転倒してしまった。

その後、立ち上がることは出来たものの、足が前に出ない、歩けない。
足がみるみるうちに腫れてきた。
「これはマズイ…」
即座にそう思った。

会社の人に病院に連れて行ってもらった。レントゲンを撮った。
医師:「バキバキに折れてますね。」
ギプス 骨折確定。しかもバキバキに…、である。粉砕骨折であった。
「気をつけないからよ!」母にそう言ったことがちょっと頭によぎった。

「入院が必要」ということだったが、診てもらった病院は入院施設がなかった。
紹介状を書くので病院を決めてください、ということだった。
妹たちから「着替えとか持っていくのに別々の病院だと困る。お母さんと同じ病院に入院して。」と頼まれた。
母が入院している病院宛てに紹介状を書いてもらった。

母が入院する病院での診察を終えた。
私は父戸籍の姓であり、母とは苗字が違う。
なので、病院には「母も入院しています」とは伝えなかった。

入院する部屋が決まった。
最悪である。母と同じ部屋である。

ベッドも決まった。
最悪である。母の真横のベッドである。

足にギプスの状態で病室に入った途端、あのおばちゃんが「あらっ!あんた、足、どうしたん?」と言うので、「こけました。折れました。」と伝えた。
「バチが当たったんやでー。それであんた、お母ちゃんの隣のベッドかい。気の毒やけど、おもろいわー」、とおばちゃんは大ウケである。

私は足の甲の骨(中足骨:ちゅうそくこつ)を骨折していた。なんたることか、母と同じところである。
母は左足、私は右足、の骨折だった。

おばちゃんとの会話に続き、次に母が「あんた、ちょうどいいわ。これ使ったらいいわー」と自分のスリッパの片方をくれた。
ワンペアのスリッパを、親子で片方づつ使えるわけである。

実は私は昔から母とはウマが合わず仲が悪い。
病院には親子だとは伝えていなかったが、隣同士のベッドで派手に口喧嘩しているのを度々目撃され、「しかも顔も似ているんじゃないか」ということで、じきに親子であることはばれた。
事実を知り、病院スタッフも大ウケであった。

いつも何かと話題が尽きない我が家だが、この一件も「毎回いろんな話題を提供してくれるけど、おもろすぎ~!」と周囲には大ウケであった。

しかし私にとっては、「まさかこんなことになるなんて…」という出来事であったことは言うまでもない。
最後に、そのとき撮った記念写真を載せておこう。

入院記念

Read more

スポンサーリンク

Bookmark etc


このエントリーをはてなブックマークに追加




ランキングに参加しています。
ポチッと宜しくお願いします(^ ^)

スポンサーリンク

人気記事

Deodorant water

ハッピーデオ ウォーター


●持ち運びに便利なストッパー付のハッピーデオ デオドラントウォーターは、いろいろなシーンで使えます。●お出かけ前に。●スポーツの後に。●入浴後やシャワー後に。●暑い夏にほてった体を瞬時にクールダウンしたいときに。●ボディシートで汗をふき取ってからウォーターで仕上げれば、ひんやり&まるでシャワーを浴びたような爽快感です。

ユーザータグ

ブログ おいたち 写真 イジメ ブログ初心者 ハラスメント   教師 ペンフレンド 競馬 夕方 生命保険 ドラマ LINE 韓流ドラマ 出稼ぎ 癒し 結婚 珈琲 怪獣 自律神経 お宝保険 防災科学技術研究所 芽出しアジサイ 呼吸 誕生日が同じ 円谷プロ 婚約破棄 禁煙 救急車 初値 つれづれ 思わぬ出来事 運命の糸 特撮 たまごっち 周産期母子医療センター 思い出 入院 勘当 学校 KiK-net いきもの お手入れ 防災 自治会 看護 ヘルス 化粧水 アニメ 看護学校 K-NET バブル ろくでなし 離婚 カウンセリング 骨折 心の病  強震モニタ 地震 手術 ブタカバン 学生カバン いとこの叔父の孫 祖父の兄の娘の MSX-C カタブツ カバン オタク まじめ 出産 名探偵コナン 流星群 駆け落ち 衝撃的 母と娘 ひいおばあさん ミッション車 セミ バツ2 出来事 極大日 積木くずし ペルセウス座流星群 用語集 オジンギャル 夕焼け 入門機 新聞奨学生 ソウルメイト Myhoney Mydear ショッキング 文通 語り継がれる ケーキ モンブラン キリマンジャロ ブルーマウンテン デンジャラス  切除 仮面ライダー アジト 免疫 扁桃腺 全身麻酔 覚せい剤 真面目一辺倒 局所麻酔 イモトアヤコ 狐につままれる 案内標識 ETC出口 ETC専用 SNS ETC専用出口 スマートIC カーナビ 高速道路 ETCカード 国際恋愛詐欺 ロマンス詐欺 C言語 就職 倒産 晴天の霹靂 リポーター 進路 ナイジェリア詐欺 詐欺師 scammer ひいひいおばあさん 綾野剛 異物 虚血性大腸炎 便秘 イ・ビョンフン 子供 幼児 対処 背部叩打法 腹部突き上げ法 ハイムリック法 チャングム イ・サン カウンター設置 グッスミン 株価 Combination225 ペク・クァンヒョン 白光炫 トンイ 馬医 李氏朝鮮 誤飲 喉詰め 動物 りす 睡眠障害 サプリメント 不和 貧乏 メダカ 当確 生い立ち 家庭 自然 気付き 未亡人 火箸 ドリフ 風呂場 妖艶 怖い くつ 暑い ヘビ 日経225寄り引けシステム ファッション 3時間授乳 人間関係 マクドナルド PTS 母子別室 母子分離 三連複 的中 TBS コウノドリ SBI ポケモンGO 競走馬名 やすし パーソナルコンピューター MSX 競走馬 日焼け 一点買い 事件 アロエ ばんえい Dyson ポケモンGO 用語 公募価格 ポケモノミクス 任天堂 IPO コーディネート 菊池京子 K.K closet ポケノミクス ニューヨーク証券取引所 ヘアドライヤー 毛量多い ダイソン Dysonスーパーソニック 美レンジャー 玉村麻衣子  美眉 美眉アドバイザー BASIC 社会の裏側 ドメイン移管 ワードプレス   GHQ かんたん変換サービス 独自ドメイン 今年 今年の抱負 引っ越し FC2 教育改革 ドラゴンボール ミニバラ 悶々 執着 固執 挿し木 ベランダ園芸 かめはめ波 ストレス パンツ 大義名分 ブラック企業 不当解雇 女子ネタ お肌 泡洗顔 電気料金 生きた証 運命 人が好き 神社 お参り 不思議 再エネ発電促進賦課金 FIT DOS/V オープンアーキテクチャ 解雇 解雇予告手当 水没 携帯 カインとアベル 仕事探し 危険 打撲 ひょうたんからから駒 目から鱗が落ちる 複雑骨折 粉砕骨折 JAC ジャパンアクションクラブ 橈骨遠位端骨折 コーレス 抽出法 浸漬法 透過法 温度 音楽 Avicii タイナカサチ 愛しい人へ 強震モニタExtension 運動会 エンディング曲 上橋菜穂子 アヴィーチー 職場 小説 精霊の守り人 コーヒー 仏眼相 イム・スロン 生け花 小原流 主枝 チェ・ウシクユイ ホグの愛 解決 突破口 トラウマ 進化 客枝 中間枝 二重感情線 、二重知能線 変形マスカケ 渡瀬恒彦 マスカケ 手相 交感神経 副交感神経 リア充 モチベーション 人間嫌い ひとり親家庭 ビデオ アダルト 海外競馬 凱旋門賞 レンタル 勧誘 乗り換え ナンパ セールスレディ キャッチセール 結果 心の支え マリッジブルー 鼻血ブー 止血 キーゼルバッハ JR東海 遠距離恋愛 落ち込む 絶望的 這い出す 婚約 下取り 転換 検査 赴任旅費 無料配布求人 たこ部屋 健康診断 スキルス シュノーケリング 余命宣告  告知 借金 任侠映画 終身保険 逆ザヤ 予定利率 部分解約 養老保険 定期保険 冷暖房完備個室 違法就労 脱出 的中記録 鼻血 対処方法 美肌 洗顔 WAKARA 練り石けん 女子必見 ウテメリン おまけ 仮面ノリダー レンタルビデ男 入院生活 和から すべらない話 PTSD 五感 成長 可能性 プレイセラピー 自閉症 退院 住民票 個人情報保護法 発達障害 リンク 再婚 養子縁組 近況報告 ビューティー アロマ 戸籍制度 戸籍謄本 親子水入らず 家長 ちっちゃいおっさん アルマイト灰皿 イギリス式 アロマセラピスト チョーク クレヨン マーカー 水で消せる 気軽 黒板シート テレビ公開捜査 顔出しNG 再会 黒板アート 人付き合い