再婚(おいたちより)

                        
前回の話はこちら ペンフレンドの彼との再会から二ヶ月ほどたったある日のこと。 なにげに暇つぶしで行っていたパチンコ屋さんでいきなりフィーバーした。 しかし、フィーバーしている最中に落雷があり、パチンコ台の電源が落ちた。そして「電源が回復するまで今しばらくお待ちください。」という館内放送。 店内にはもうひとりフィーバー中の男性が居た。パチンコ店の店員のおじさんがそのフィーバー中の男性を連れて...
前回の話はこちら

ペンフレンドの彼との再会から二ヶ月ほどたったある日のこと。
なにげに暇つぶしで行っていたパチンコ屋さんでいきなりフィーバーした。
フィーバー
しかし、フィーバーしている最中に落雷があり、パチンコ台の電源が落ちた。そして「電源が回復するまで今しばらくお待ちください。」という館内放送。

店内にはもうひとりフィーバー中の男性が居た。パチンコ店の店員のおじさんがそのフィーバー中の男性を連れてきて「この人と一緒にとなりの喫茶店でお茶して時間をつぶしておいで」と言う。「お互いに歳の頃もそう変わらず話も合うだろう」という店員のおじさんの気遣いであった。

店員にすすめられるがまま、となりの喫茶店でお茶していると、その人が「最近免許証入りのカバンを紛失した。免許証を再発行してもらうため免許センターに行かないといけないのだが、免許証を持っていないので車を運転できない。会って初めての人にこんなことを頼むのは失礼だが、免許センターまで送ってもらえないだろうか?」と言う。

自分で言うのもなんだが私は気がいい性格で、困っていると聞けば「お役に立てることがあるのなら…」と動いてしまう性分である。
このときも相手が「困っている」というのを聞いて、そのお役目を引き受けることにした。

免許センターに着いた。
相手が申請用紙に記入し終えるのを真横で待っていた。
名前○○…
生年月日…

うわっ、なんという偶然。
誕生日、私とおなんなじ日だ…

たまたまパチンコ店で同時にフィーバーし、落雷があり、お茶しに行って、でもってこの人と誕生日が同じ?!

運命 これって運命と違う???
アホな私はここで「運命」みたいなものを感じてしまっていた。
つい二ヶ月前に切れた運命の糸は本当の運命の糸ではなくて、もしかしたらこれが本当の運命の糸???とか、今思うと本当にアホのとおりであるのだが、その時の私は本当にそんな感じだった。


それから二ヵ月後、パチンコ店で出会ったこの人間と「結婚する」と宣言したら家族は大反対した。家族だけでなく周囲も大反対であった。
いくら周りが忠告、反対しても当時の私は反対すればするほど「火に油を注ぐ」ような状態であったという。
母もしまいには「これだけ言っても分からないのなら勝手にしなさい!結婚するのなら勘当します!二度と実家の敷居はまたぐな!それでもよかったら勝手になさい! 」と言ったのだった。(まるで母と父の結婚時と同じ)

みんなが反対した理由は様々だったのだが、全員一致していたのは「出会いの場がパチンコ屋であったこと」「あの男は結婚しても家庭に落ち着くタイプではない」ということであった。

それでも私は周囲の反対を押しのけて結婚したのだった。
互いの誕生日に入籍し、出会ってから4ヶ月しかたっていない時点で結婚した。
ペンフレンドの彼と再会して半年後のことだった。
三十路を過ぎていた焦りと、ペンフレンドの彼に対する競争心みたいなものもあった。

この人と結婚したら幸せになれるかもしれない、
でも、もしかしたらものすごく不幸になるかもしれない、
両方の思いがあった。
ある意味、「賭け」であった。(つづきはまた)

Read more

黒板シート

                        
お店の案内やメニュー、ディスプレイなどで時々みかける黒板アート、気軽に描ける、ということなので私も始めてみました。 学校チョーク、水で消せるクレヨンマーカー、ブラックボードマーカー、…いろんなもので書けて水で消せます。黒板上で色を混ぜて色々な色を表現することもできます。 ブログ内では 「初めての救急車」の記事の絵→ (笑えるくらい絵が下手ですが)  ←前回記事「再会」の画...
チョーク お店の案内やメニュー、ディスプレイなどで時々みかける黒板アート、気軽に描ける、ということなので私も始めてみました。

学校チョーク、水で消せるクレヨンマーカー、ブラックボードマーカー、…いろんなもので書けて水で消せます。黒板上で色を混ぜて色々な色を表現することもできます。


きゅうきゅうしゃ ブログ内では
「初めての救急車」の記事の絵→
(笑えるくらい絵が下手ですが)





プツッ  ←前回記事「再会」の画像も黒板シートを使用。
  (写真撮影時アートフィルターをかけてみた)








おもしろいです。
いろんな使い方ができそうです。

黒板シート こちらの黒板シート、
発売元はプランドゥーアイさん。

プランドゥーアイさんのFacebookページ
https://www.facebook.com/plandoi

すぐに始めてみたい方は→大きな黒板シート

Read more

ペンフレンドとの再会(おいたちより)

                        
以前の話はこちら かつてのペンフレンド、婚約者でもあった彼と、同じまちに住みながら偶然に出会うこともなく、突然の婚約破棄から数年経た。 毎回彼を飛行場で送迎していた時刻になると空から轟く飛行機のジェット音。 他の便は気づかない、聞こえないのに、あれから何年たっても始発便と最終便の音は気付く、聞こえてくる。そして涙する。 歳は30代を越えたが、ずっと変わらないままの私だった。 そんなある日、まち...
以前の話はこちら

かつてのペンフレンド、婚約者でもあった彼と、同じまちに住みながら偶然に出会うこともなく、突然の婚約破棄から数年経た。

毎回彼を飛行場で送迎していた時刻になると空から轟く飛行機のジェット音。
他の便は気づかない、聞こえないのに、あれから何年たっても始発便と最終便の音は気付く、聞こえてくる。そして涙する。
歳は30代を越えたが、ずっと変わらないままの私だった。

そんなある日、まちで偶然彼と出会った。

開口一番「結婚したんだよね?」という言葉にちょっと驚いた。
「結婚していない」私が答えると、彼は驚いていた様子だった。
突然婚約を破棄したのは他の人と結婚するため…、彼はそのように感じていたのかもしれない。そうではなかったが、そう思われていたとしても仕方がない。

プツッ 彼は「結婚した」ということだった。
あれから数年、本当にムシがよすぎることだけれど、心の奥では運命の糸がどこかでまたつながることを願う自分がいたので、正直とてもショックだった。

もう運命の糸は切れてしまったんだ… … …

一生ひとりで生きていこう、と今まで張りつめてきていた心の糸がプツッと切れた。

ほんの短い立ち話だった。

彼が幸せにやっているのなら、私も自分が幸せになることを考えてもいいよね?!…私は神さまに問いかけていた。

私は彼に対し「これ以上のことはない」というほどヒドイことをした。
だから彼の結婚を、彼のしあわせを、心の底からよろこんでお祝いすべきなのに、なのに、こともあろうことか私の心には「私だってしあわせになってみせるんだ!」という妙な競争心と、妙な意気込みがこのとき芽生え始めていた。

そしてこの競争心と意気込みは、それから後にとんでもないところまで発展する。(つづきはまた)

Read more

父は何処に?(おいたちより)

                        
前回の話はこちら 少しだけ親子水入らずでお父さんと話をした際、 お父さん大丈夫かな?とちょっと心配に思ったのだがその予感は的中した。 ある日、父から一本の電話があったのだが、それ以降、父とは全く連絡がつかなくなってしまったのだ。 「おばはん(嫁)と別れたい」「お母さんの所に帰りたい」、そういって私に電話をしてきたのが最後だった。 電話の内容は、父の給料が振り込まれているキャッシュカード、通...
前回の話はこちら

少しだけ親子水入らずでお父さんと話をした際、
お父さん大丈夫かな?とちょっと心配に思ったのだがその予感は的中した。

ある日、父から一本の電話があったのだが、それ以降、父とは全く連絡がつかなくなってしまったのだ。

「おばはん(嫁)と別れたい」「お母さんの所に帰りたい」、そういって私に電話をしてきたのが最後だった。

電話の内容は、
父の給料が振り込まれているキャッシュカード、通帳、現金、それらを嫁が持ち出し子供も連れて居なくなったということだった。
「だったら別れられるやん。よかったね」と私が言うと、出て行った嫁は「籍は絶対に抜きませんから」と言っている、という。
父が働いた給料は毎月嫁の手元に入り、今や父の手持ち金は300円。昨日から何も食べてない、と言う。
電話口の父は「みんなのところ(私たち家族の元)へ帰りたい」と言っていた。

…、先日父から聞いた”父が母とヨリを戻そうとして母に会いにいった件”について、後日私は母に確認し詳しい話を聞いていた。
母は「以前のお父さんは堂々として男らしかったけど、会いに来た時はしょぼくれてくたびれた男になってしまっていた。そんな姿を見ると情けなくて仕方がなかった。だからお父さんに「しっかりしなさいよ!そんな風にしょぼくれたあなたなど見たくもないわ!さっさと帰って!!」と言って追い返した」ということだった。

父母
「ヨリを戻す気はないの?」と母に聞いてみたが、「以前のように堂々として立派なお父さんなら考えただろうけど、あの様子じゃ無理。お父さんとヨリを戻すことはない。」と母は答えた。
だからお父さんがいくら戻りたがってもそれはもう無理だ…。

「みんなの元に帰りたい」と言う父に対し、酷だけど「私はお父さんとお母さんのヨリが戻るのを望んでいるけど、お母さんとのことは今となってはどうしようもないよ…」そう伝えた。
私が父に伝えることができたのはそれだけだった。

それを聞いて父は「俺が馬鹿だった…」と電話口で何度も何度も言った。

私は自分が食べるのが精一杯で父を助けてあげる余裕はない。
それと「父に深入りするのはやめておけ!」といつも妹たちから注意をうけていた。

妹たちは「お父さんはわたしたちに何もしてくれなかった。お母さんは今までひとりで私たちを必死で育ててきてくれた。そんなお父さんと連絡を取り合うなんて、お母さんがかわいそうでしょ!!」といつも言っていた。
確かにそれは一理あるかもしれないが、それでもやっぱりお父さんは何があってもお父さんであることに変わりはない。
妹たちは私の思いを汲み、「お母さんに目立たないようにするのなら」を条件に、父と連絡を取り合うのは大目にみてくれていた。
そんなこともあり、私は父に手を差しのべてあげることはできなかった。

だからこの時の父からの電話も「おばはん、そのうちに戻ってくるよ」と最後は軽く受け流して電話を切ったのだった。
そしてこれが直近では最後の父からの音信となった。

後日、父宅に電話すると嫁と子らは家に戻ってきていた。
しかし父はどこに居るのか知らない、と言う。
父の家族は慌てるでもなく、心配するでもなく、「さぁ、どこに居るのか知りません」と繰り返すだけだった。

以降、父はどこにいるのか、生きているのか、死んでいるのか、それすら分からなくなってしまった。

よよよ …その後、5年の歳月が流れても父の消息は分からないままだった。
父を見つけるには「長い間生き別れていた家族が番組内で再会を果たすというテレビ公開捜査」くらいしかないんじゃないか?ということになり応募もしてみた。
しかし私以外の家族(妹・母)はみんな「顔出しはNG!」と希望していたので、番組では取り扱ってもらえなかった。

父はいったい何処に…?
(つづきはまた)

Read more

近況報告

                        
鼻血の件ではお騒がせいたしましたが落ち着きました。 ご心配くださっていた皆様、ありがとうございます。もう大丈夫です。 血液検査で異常が出ていた数値も貧血以外ではすべて正常値に戻り、大きな病気によるものではないようなので安心しました。 風邪によるストレスが引き金になっていたようです。 これからは風邪が流行る季節。皆様もお体お気をつけくださいね。 さて話は変わりますが、最近ビューティー関連のお勉強...
鼻血の件ではお騒がせいたしましたが落ち着きました。
ご心配くださっていた皆様、ありがとうございます。もう大丈夫です。

血液検査で異常が出ていた数値も貧血以外ではすべて正常値に戻り、大きな病気によるものではないようなので安心しました。
風邪によるストレスが引き金になっていたようです。
これからは風邪が流行る季節。皆様もお体お気をつけくださいね。

さて話は変わりますが、最近ビューティー関連のお勉強をしています。
(これまではビューティーとはさほど遠い生活をしてきたため、一念発起してのチャレンジです。)
ビューティーということで、外面はもとより、内面からも美しく!ということで、ごあいさつの仕方から始まり、お肌のこと、お化粧のこと、他色々なことを学んでいます。
その講座の中でアロマについても学ぶ機会があり、来年実施のアロマセラピストの試験を受けることにしました。
ということで今お勉強中。(アロマにはフランス式とイギリス式がありますが、イギリス式の方を学んでいます。)

最近は医療現場でもアロマを取り入れているところがありますが、アロマはなかなか奥が深くおもしろいです。
…ということで、近況報告でした。PA225078.jpg


Read more

少しだけ親子水入らず(おいたちより)

                        
前回の話はこちら 婚約破棄のあとすっかり落ち込んだ私は、お父さんに会いたいと思った。 そして思いたったように各駅停車の鈍行列車に乗り、何時間もかけて父を訪ねた。 着いてすぐ「結婚はだめになってしまった、だめにしてしまった」と伝えた。 「あの子は好青年だったからお父さんは残念だよ。それよりお前は大丈夫か?」 突然訪ねてきた私を心配に思ったのだろう。 「ゆっくり過ごすといい。夜に一緒に飲み行こう」...
前回の話はこちら

婚約破棄のあとすっかり落ち込んだ私は、お父さんに会いたいと思った。
そして思いたったように各駅停車の鈍行列車に乗り、何時間もかけて父を訪ねた。

着いてすぐ「結婚はだめになってしまった、だめにしてしまった」と伝えた。
「あの子は好青年だったからお父さんは残念だよ。それよりお前は大丈夫か?」
突然訪ねてきた私を心配に思ったのだろう。
「ゆっくり過ごすといい。夜に一緒に飲み行こう」、そう言った。
父と一緒に夜の街に飲みに行ったのは、このときが最初であり、最後であった。

婚約の報告をしに来たのはこの時よりちょうど一年くらい前のことだが、その時より父はとてもちっちゃく(小さく)見えた。歳をとったんだな~と思った。
父が小さく見えた、小さくなったのは見かけだけではない。

父は昔からずっと缶ピースを吸っていたが、マイルドセブン1mgに変わっていた。
うちではいつも星一徹やバカボンパパみたいに、パッチ姿であったが、今度のうちではちゃんと服を着ている。パッチの方が風格があり大きく見えていたので小さく見えた。しかしこれはあくまでも私の主観だ。
パッチの話は別として、以前はいかにも家長という風格があったが、今やその面影は全くなくなっていた。父はちっちゃいおじさん、になっていた。(ちなみに兵庫県尼崎市非公認ご当地キャラクターは「ちっちゃいおっさん」である。)

はいざら 父宅の灰皿は飯場や大衆食堂でよくみかけるアルマイトの灰皿だった。一般家庭ではあまり見かけない。
灰皿を見て目を白黒させている私に父嫁(以下嫁と略)が「一度灰皿で殴られたので、うちではこれしか置かないことにしてあります」と言った。
殴った父は確かに悪い。しかし客人の前でもこの灰皿というのはいかがなものか。
父に格好悪い思いをさせないように、と母ならちゃんとした灰皿も用意するだろう。
その昔、母は「殴られますよ」とあなたにちゃんと説明をしていたではないか。私はそんなことを思い出していた。

しばらくして、嫁が私の目の前に子供二人を連れて来た。そして「この人はあなたのお姉さんよ。これから先、あなたたちに困ったことがあったら、真っ先にこのお姉ちゃんを訪ねて頼るのよ」と言っている。そして「これにあなたの住所と電話番号を書いて」と紙とボールペンを渡された。
なんだか寒気がした。背筋がゾ~ッとしてとトリハダが立った。

確かに戸籍上はきょうだいだが、上の子とは血のつながりはない。
下の子は大きくなっていたが父に似てないどころか、嫁の前夫と瓜ふたつだ。
家庭を壊した女性の子供に先々頼って来られてもこちらとしては困る。それが正直な気持ちだった。

ちなみに、戸籍謄本では私は父と母の間に生まれた「長女」、上の子は父と養子縁組をした「長女」、下の子は父と嫁の間に生まれた「長女」と記載されている。
ひとつの戸籍の中に長女が3人いるという少々レアな戸籍だ。(日本の戸籍制度はおかしな制度だとつくづく思う。)

帰る時、父が車を運転し駅まで送ってくれ、少しだけ親子水入らずで話が出来た。
お父さんは「お母さんのことが本当に大好きだった、今でも好きでお母さんにヨリを戻してもらえないかと会いに行ったけど、お母さんから「帰れ!」と言われて帰ったんだ」と話してくれた。母からはそんなことがあったとは聞いていなかった。
そして「おばはん(嫁)には騙された…」とずっとこぼしていた。

お父さん大丈夫かな?
ちょっと心配に思った。
(この予感はその後まもなくして的中する。)

帰りの列車はお父さんが特急券を買ってくれた。
婚約破棄後で傷心で出掛けたが、行きの鈍行列車と帰りの特急ではちょっとしたプチ旅行気分も味わえた。
お父さんとも話が出来たし良かった。(つづきは次回)

しゃそう

(photos by photoAC)

Read more

またしても鼻血。

                        
実は、前回記事をアップして半日もたたないうちに、また大量出血して救急車に…。前日同様、洗面器で受けなければいけないほどドバドバ…。 それにしても鼻血って大したことなく思われがちなのか、前回と同じように搬送先がなかなか決まらず。救急車は家のまん前で30分くらい動かないまま、救急隊があちこちの病院にかけあっていた。 救急車内で鼻血をビニールで受けていたがビニール袋がすぐに血でタプタプ。 二日間で1...
はなぢぶー 実は、前回記事をアップして半日もたたないうちに、また大量出血して救急車に…。前日同様、洗面器で受けなければいけないほどドバドバ…。



それにしても鼻血って大したことなく思われがちなのか、前回と同じように搬送先がなかなか決まらず。救急車は家のまん前で30分くらい動かないまま、救急隊があちこちの病院にかけあっていた。

救急車内で鼻血をビニールで受けていたがビニール袋がすぐに血でタプタプ。
二日間で1リットル以上出血したと思われ…。

結局、専門医が見つからず内科で診てもらうことになった。
昨日はカメラで診てレーザーで焼いたりしたが、今回は薬剤をしみこませたガーゼをくるくる巻いて、それを鼻の穴に三つ詰め込まれるという、とっても原始的な処置であった。

また出血したらどうしようと不安であったが、鼻の詰め物がことのほかよく効いたのか、今朝まで無事にもった。 それにしても時間外の医療費がかなりかさんでしまった。
一件につき一万円をゆうに越えており、鼻血で2万円以上の予想外出費である。

本日、平日ということで朝一で耳鼻科専門医で診てもらう。
原因はやっぱり分からず。
一度出血した部位に出来はじめているカサブタが、また何かの拍子ではがれると、同様のことが起こる可能性があるという。

血液検査で少し貧血になっていた。
あれだけ出血すれば当然といえば当然である。
血液像に異常が出ているので後日また検査、ということで帰宅。

二日続けて血なまぐさい話題ですいません。
今日病院で鼻血に関するリーフレットをもらったのであげておきます。
参考までに。
鼻血

Read more

初めての救急車

                        
先日より風邪気味で昨夜は早い時間から横になり寝ていたのだが、夜中になって目が覚めた。 今回の風邪は喉風邪のようで喉がいがらっぽい。 それで咳をした。するとその瞬間、口の中に生あたたかいものが…。 大量の血だった…。 それからは口と鼻からドバドバと大量出血。噴き出すように出てきて止まらない…。 タオルで押さえているとタオル一本がすぐに血まみれ。 タオル二本目…、止まる気配なし。どんどん噴き出してくる。...
先日より風邪気味で昨夜は早い時間から横になり寝ていたのだが、夜中になって目が覚めた。
今回の風邪は喉風邪のようで喉がいがらっぽい。
それで咳をした。するとその瞬間、口の中に生あたたかいものが…。
大量の血だった…。

それからは口と鼻からドバドバと大量出血。噴き出すように出てきて止まらない…。
タオルで押さえているとタオル一本がすぐに血まみれ。
タオル二本目…、止まる気配なし。どんどん噴き出してくる。
「これはまずいかも…」と119番した。

電話口で色々聞かれたが、口を開けば口から、同時に鼻からドボドボと血が噴出しまともにしゃべれない。
年齢と性別と場所だけ必死で伝える。

きゅうきゅうしゃ 外に出て救急車を待っていた。
ほどなくして救急車が来た。
しかしうちと違う方に向かっていく。
救急車を走って追いかけていった。
「なんだ、元気じゃないか」と思われただろうが、それからも車内で血をドバドバ流しまくり…。

どうやら喉からでなく鼻からの出血らしい。
休日の真夜中(12時すぎ)、「50代、女性、鼻出血(びしゅっけつ=はなぢ)」、この要請を受け入れてくれる病院はどこもなかった。
そのため隣の市まで行くことになる。
一時間経過したが出血はおさまらず。
病院に着いてカメラで見ながら出血部位近くをレーザーで焼き、やっと止血した。
たかだか鼻血、されど鼻血。ちょっと想像を絶する出血であった。

ちなみに、一般的な鼻血は鼻中隔の前下端部(キーゼルバッハ部位というところ)がほとんどである。ここは静脈が集まっており出血しやすい。この部位の鼻血は尾翼を圧迫(いわゆる鼻つまみ)することで止血できる。参考までに。

鼻の解剖
今回の私の場合、出血部位が下鼻甲介のずっと奥、喉の近くの方であった。
原因が何なのか医者に聞いてみたが「分からない」という。
一週間以内にまた出血しなければ治るだろうが、また出血したら病院に行くように、ということであった。

それにしても、「鼻血ブー」で生まれて初めて救急車に乗るとは思いもよらなかった。

Read more

マリッジブルー(おいたちより)

                        
前回の話はこちら 結婚を一ヶ月後に控えた頃、私はマリッジブルーに陥ってしまう。 このときの自分の心境を言葉で表すのはむずかしく、自身のことでありながら何故そのような状態に陥ってしまったのか自分でもよく理解できず、よって細かい心情などもよく覚えていない。 とにかくその時はなにかしら不安で不安でならなかった。 会いたい時にすぐに会えなかったことも不安の一因かもしれないが、それだけではなく、とにかく...
前回の話はこちら

結婚を一ヶ月後に控えた頃、私はマリッジブルーに陥ってしまう。
このときの自分の心境を言葉で表すのはむずかしく、自身のことでありながら何故そのような状態に陥ってしまったのか自分でもよく理解できず、よって細かい心情などもよく覚えていない。
とにかくその時はなにかしら不安で不安でならなかった。

会いたい時にすぐに会えなかったことも不安の一因かもしれないが、それだけではなく、とにかく何もかにもが不安で不安でならない、そんな感じだった。

その気持ちはどんどん大きくなった。
そして、結婚が本当に目前となった時、とうとう婚約破棄にまで至ってしまった。

花束 青


彼は「結婚をするためには自分は今いったい何が出来るんだ?」と考え抜いた末、それまで勤めていた職場を辞め、私が住む町にやってきた。
「勤め先も住むところも見つけた、一緒に住もう」と。
にも関わらず、当時の私は彼のその行動がとんでもない考えなしに思えてしまい、やっとの思いで訪ねてきた彼を冷たく突き離した。

そこまで思い、そこまでしてくれる人は居ない。
でもその時の私はそれが分からなかった。

その後、何度か彼の元を訪ねようとした。
しかし彼をはじめとして彼のご両親、周囲の方々に対し合わす顔もないほどひどいことをしてしまったことを思うと、「今さらあまりにもムシがよすぎる、むしろ迷惑かもしれない…」と思い、会いに行くことは出来なかった。
それからは同じ町に住んでいるにも関わらず、彼と私の距離は宇宙のはるか彼方の星と地球よりもっと遠くに離れてしまった。偶然出会うこともなかった。

「一生結婚せずにひとりで生きていこう」、またそう思うようになった。
ムシがよすぎる話だが、心の奥底では、いつかまたどこかで運命の糸がつながらないだろうか…、そんなことを望んでいた。
あの日が来るまではそう望んでいた。(続きはまた)

マリッジブルー ********************************************** それまでにその言葉を聞いたことはあった。
でもそれに陥ってしまうとは思いもよらなかった。
後に知ったのだが、人は変化を望む一方で、変化を怖れる。そのため結婚という大きな変化を前にしてマリッジブルーに陥ってしまうことがあるそうだ。

男女を問わず結婚間近のカップルに伝えたい。
無きにこしたことはないが、式直前にこういった心の変化も起こりうる。
そう知っておくことでマリッジブルーを撃退できるであろうから。
************************************************************

Read more

婚約(おいたちより)

                        
これまでのおいたちはカテゴリ「はじまりとおいたち」にあります。 前回の話は「出稼ぎ・前編」「出稼ぎ・後編」をご覧ください。 20代前半に結婚で失敗し、その後は「一生ひとり身で生きていこう」と思い始めていた20代後半。 中学生以来ずっと続いてきた文通は、時を経たその頃も変わらず続いていた。 そして、先の出稼ぎ騒動ではペンフレンドの彼によって私は救われた。 10年以上の時を費やし、彼は誰よりも私のことを...
これまでのおいたちはカテゴリ「はじまりとおいたち」にあります。 前回の話は「出稼ぎ・前編」「出稼ぎ・後編」をご覧ください。
20代前半に結婚で失敗し、その後は「一生ひとり身で生きていこう」と思い始めていた20代後半。
中学生以来ずっと続いてきた文通は、時を経たその頃も変わらず続いていた。
そして、先の出稼ぎ騒動ではペンフレンドの彼によって私は救われた。

10年以上の時を費やし、彼は誰よりも私のことを良く知り、私のことを深く理解してくれていたことに気付く。

後に彼が、姓が違う私から届いた手紙(内容は「結婚しました!」という報告)を受け取ったときの驚きと衝撃について話してくれた。
私がバツイチであるにも関わらず彼の親御さんが「Sunちゃんを助けてあげなさい」と彼に言ってくださっていることも話してくれた。

それまでずいぶん遠回りをしてきたけれど、彼と私は婚約した。

婚約前、婚約中のお付き合いは新幹線や飛行機で移動しなければならないほど離れた距離であり、遠距離恋愛だった。
当時TVでは「僕は死にましぇん!」という台詞で有名な『101回目のプロポーズ』、中山美穂さんと大鶴義丹さん共演の『逢いたい時にあなたはいない…』というドラマが放映されていた。

改札

また、JR東海のCMでは「あなたが会いたい人も、きっとあなたに会いたい」というキャッチフレーズで、遠距離恋愛の恋人たちが描かれていた。あのCMみたいに、毎回改札口や搭乗ロビーでうれし泣き、かなし泣き。
まるでドラマやCMを地でいくような、すてきな恋愛期間だった。

この時、数年以上会っていなかった私の父にふたりで会いに行った。
婚約を伝えると父はとても喜んでいた。

6月に結婚、彼の元に引越して、晴れて一緒に居られるようになる予定であった。(つづきは次回)
イメージ (photos by photoAC)

Read more

Bookmark etc


このエントリーをはてなブックマークに追加




ランキングに参加しています。
ポチッと宜しくお願いします(^ ^)

Deodorant water

ハッピーデオ ウォーター


●持ち運びに便利なストッパー付のハッピーデオ デオドラントウォーターは、いろいろなシーンで使えます。●お出かけ前に。●スポーツの後に。●入浴後やシャワー後に。●暑い夏にほてった体を瞬時にクールダウンしたいときに。●ボディシートで汗をふき取ってからウォーターで仕上げれば、ひんやり&まるでシャワーを浴びたような爽快感です。

ユーザータグ

ブログ おいたち 写真  ブログ初心者  夕方 ペンフレンド 癒し 結婚 韓流ドラマ 生命保険 LINE ドラマ 競馬 出稼ぎ 運命の糸 お宝保険  ろくでなし カウンセリング 心の病 勘当 思わぬ出来事 初値 つれづれ 救急車 入院 婚約破棄 禁煙 たまごっち 手術 怪獣 自律神経 誕生日が同じ お手入れ 化粧水 珈琲 呼吸 骨折 いきもの 離婚 特撮 周産期母子医療センター バブル 円谷プロ 夕焼け 駆け落ち バツ2 事件 アロエ ペルセウス座流星群 極大日 流星群 用語集 セミ BASIC C言語 MSX-C MSX パーソナルコンピューター やすし 積木くずし 入門機 オジンギャル 競走馬 母と娘 ミッション車 競走馬名 出来事 衝撃的 日焼け ひいひいおばあさん 倒産 晴天の霹靂 狐につままれる イモトアヤコ 就職 新聞奨学生 詐欺師 scammer 進路 リポーター ケーキ モンブラン Myhoney Mydear ショッキング デンジャラス ソウルメイト 文通 キリマンジャロ ブルーマウンテン 語り継がれる ナイジェリア詐欺 ロマンス詐欺 名探偵コナン 祖父の兄の娘の いとこの叔父の孫 ひいおばあさん 出産 オタク 学生カバン ブタカバン まじめ カタブツ 一点買い カーナビ ETC出口 ETC専用 SNS 国際恋愛詐欺 案内標識 ETC専用出口 高速道路 ETCカード スマートIC カバン コウノドリ 火箸 ドリフ 風呂場 喉詰め 未亡人 妖艶 くつ 暑い ヘビ 怖い 誤飲 対処 虚血性大腸炎 便秘 イ・ビョンフン チャングム 異物 子供 背部叩打法 腹部突き上げ法 ハイムリック法 幼児 気付き 自然 貧乏 不和 動物 りす 家庭 アニメ メダカ ヘルス 当確 生い立ち  CM ドラゴンクエスト 睡眠障害 サプリメント CD まらしぃ FF ゲーム ドラクエ ファイナルファンタジー イ・サン トンイ ダイソン Dysonスーパーソニック Dyson ばんえい 毛量多い ヘアドライヤー 美眉 美眉アドバイザー 玉村麻衣子 美レンジャー 三連複 的中 綾野剛 マクドナルド PTS SBI 3時間授乳 母子別室 TBS  母子分離  ニューヨーク証券取引所 株価 Combination225 日経225寄り引けシステム ファッション グッスミン カウンター設置 馬医 李氏朝鮮 白光炫 ペク・クァンヒョン コーディネート 菊池京子 用語 公募価格 ポケモノミクス ポケノミクス ポケモンGO 任天堂 K.K closet IPO ポケモンGO 人付き合い オープンアーキテクチャ 解雇 解雇予告手当 不当解雇 DOS/V 水没 仕事探し 危険 打撲 携帯 ブラック企業 今年 ドメイン移管   GHQ ワードプレス かんたん変換サービス 今年の抱負 引っ越し FC2 独自ドメイン カインとアベル FIT 五感 成長 可能性 ひとり親家庭 PTSD プレイセラピー 住民票 個人情報保護法 発達障害 自閉症 人間嫌い 人が好き お肌 泡洗顔 電気料金 再エネ発電促進賦課金 女子ネタ 生きた証 神社 お参り 不思議 運命 教育改革 ドラゴンボール マスカケ 二重感情線 、二重知能線 変形マスカケ 手相 モチベーション 中間枝 交感神経 副交感神経 リア充 渡瀬恒彦 仏眼相 橈骨遠位端骨折 複雑骨折 粉砕骨折 JAC コーレス 温度 コーヒー 抽出法 浸漬法 透過法 客枝 主枝 ミニバラ 悶々 執着 固執 挿し木 ベランダ園芸 かめはめ波 ストレス パンツ 大義名分 ひょうたんからから駒 目から鱗が落ちる イム・スロン 生け花 芽出しアジサイ 小原流 チェ・ウシクユイ ホグの愛 解決 突破口 トラウマ 進化 退院 すべらない話 予定利率 部分解約 転換 下取り 逆ザヤ 終身保険 脱出 社会の裏側 定期保険 養老保険 乗り換え ナンパ 海外競馬 凱旋門賞 結果 心の支え アダルト ビデオ セールスレディ キャッチセール 勧誘 レンタル 違法就労 冷暖房完備個室 アジト 免疫 人間関係 ジャパンアクションクラブ 仮面ライダー 切除 真面目一辺倒 局所麻酔 全身麻酔 扁桃腺 シュノーケリング 余命宣告 無料配布求人 たこ部屋 借金 任侠映画 赴任旅費 検査  告知 スキルス 健康診断 落ち込む 絶望的 クレヨン マーカー 水で消せる 再婚 チョーク 気軽 顔出しNG 再会 黒板アート 黒板シート リンク おまけ 洗顔 WAKARA 練り石けん 和から 美肌 女子必見 仮面ノリダー レンタルビデ男 入院生活 ウテメリン テレビ公開捜査 アロマセラピスト 止血 キーゼルバッハ 鼻血 対処方法 鼻血ブー マリッジブルー 這い出す 婚約 遠距離恋愛 JR東海 親子水入らず 家長 近況報告 ビューティー アロマ イギリス式 養子縁組 戸籍制度 ちっちゃいおっさん アルマイト灰皿 戸籍謄本 覚せい剤 

人気記事