韓流ドラマ『カインとアベル』

                        
今回ご紹介するのは2009年に韓国で放送されたドラマ『カインとアベル』。 月9ドラマで放送中の『カインとアベル』と同じタイトルだが、こちらはまったく別のもの。 しかしどちらの作品も旧約聖書『創世記』第4章に登場するアダムとイヴの息子たちの話がモチーフとなっている。(心理学者ユングが提唱した「カインコンプレックス(兄弟間の心の葛藤)」はこの神話から名付けられた。) この作品、 ハードボイルド、サスペンス...
韓流ドラマ

今回ご紹介するのは2009年に韓国で放送されたドラマ『カインとアベル』。
月9ドラマで放送中の『カインとアベル』と同じタイトルだが、こちらはまったく別のもの。
しかしどちらの作品も旧約聖書『創世記』第4章に登場するアダムとイヴの息子たちの話がモチーフとなっている。(心理学者ユングが提唱した「カインコンプレックス(兄弟間の心の葛藤)」はこの神話から名付けられた。)

この作品、
ハードボイルド、サスペンス、純愛、さわやかな人間模様、ドロドロの愛憎劇、大ドンデン返し…と内容多彩でなかなかおもしろい。
ひとつぶでいくつもの味が味わえたなぁ、というのが観た感想。

韓流ドラマは最初から後半のはじめの方くらいまではすごく盛り上がる。しかし最後の方は尻切れトンボになることがよくある。
(最初にとばしすぎて最後の方は息切れして制作意欲を失ったのか?!と思える作品が非常に多い、と個人的には思えている。)が、
こちらの作品は比較的に息切れをこらえ最後までがんばった感ありだった。
医師の兄弟の話なので医療現場のシーンが結構ある。
男性の方にも楽しんでいただける作品ではないかと思う。

『カインとアベル』全20話
  主な登場人物
  ソ・ジソプ
  シン・ヒョンジュン
  ハン・ジミン
  チェ・ジョンアン




Read more

再生エネ発電促進賦課金にほえる!

                        
電気代がやけに高いな、 そう思い電力会社から送付された「電気ご使用量等のお知らせ」を見てみた。 電気料金とは別に「再エネ発電促進賦課金」として956円徴収されている。 965円?!再エネ発電促進賦課金?!なんじゃそりゃ? お恥ずかしながらよく知らなかった。 いや、「再生可能エネルギー発電促進賦課金(再エネ発電促進賦課金)」は知っていた。毎月電気料金と一緒に引かれていることも知っていた。 でも何年か前は桁が...
電気代がやけに高いな、
そう思い電力会社から送付された「電気ご使用量等のお知らせ」を見てみた。
電気料金とは別に「再エネ発電促進賦課金」として956円徴収されている。
965円?!再エネ発電促進賦課金?!なんじゃそりゃ?
電気料金

お恥ずかしながらよく知らなかった。
いや、「再生可能エネルギー発電促進賦課金(再エネ発電促進賦課金)」は知っていた。毎月電気料金と一緒に引かれていることも知っていた。
でも何年か前は桁が一桁少なかった。たしか数十円とか200~300円だったはず。

毎月電気料金とは別に1000円近くお金を支払っているなんて…。
正直、大変ショックを受けた。
はっきり言って気付くべきでなかった、知らなければよかった…。
だってショックがあまりに大きすぎ。
しかし国民としてちゃんと気付くべきこと、知っておくべきこと、なのかもしれない。

改めて再生可能エネルギー発電促進賦課金について調べてみた。
再生エネ発電促進賦課金は毎月の電気使用量×課賦金単価である。 課賦金単価は毎年経済産業省がを決定し、発表する。
今年度は1kWh2.25円となっている。ちなみに前年度は1.58円。
徴収され始めた当初から比べるとやはり10倍ほど値上がりしている。
表

そもそも、「再生可能エネルギー発電促進賦課金」って一体なんぞや?
地球環境の保護、地球温暖化、石油資源の枯渇…、このような課題に対し、日本は太陽光、水力、風力、地熱といった再生可能エネルギーの普及を図っていく必要がある。
そのために国は再生可能エネルギーでつくった電力を高く買い取ることにした。再生可能エネルギー発電事業に参入すれば、つくった電気は国が高く買い取ってくれる⇒よって普及が進む、というもくろみである。(これはFIT=固定価格買い取り制度というもので、同様の制度を導入している国は他にもある。)

買い取りに使われるお金は税金ではない。
全国民が再生可能エネルギーの恩恵を受けられるのだから、全国民(電気ユーザー)に負担してもらおうということで、全国民が毎月電力会社に電気料金プラスこの負担金を支払っている。
この負担金が「再生可能エネルギー発電促進賦課金」である。
国が買い取っているのではなく、電気ユーザーが買い取っているんじゃないか!とつっこみたくなる。

ドラマ見出し


それにしても、この制度は不公平に思えて仕方がない。
太陽光発電の設備はかなり高額で、設置したくても設置出来ない家庭がほとんどだと思う。設置できる家はいわゆるお金持ちといえる。
太陽光発電を設置したお宅や再生可能エネルギーをつくっている事業所は、発電した分だけ電気代が安く、電気も高く買い取ってもらえる。
再生可能エネルギーの普及にかかるお金は全国民で負担しているにも関わらず、現時点で金銭的にその恩恵を受けているのは一部の家庭、一部の企業であり、その差はあまりに大きすぎる。

この再生可能エネルギー発電促進賦課金は今後も値上がりしていくことが予想されている。
これを支払いたくなければ自家発電するしかない。
出来ればそうしたい気持ちやまやまだが、それは無理な話である。

つくろうと思っても自分ではつくれない電気。
電気ってつくづく大事よね~、と改めて思ったのであった。

Read more

お肌のお手入れ『化粧水のつけかた』(女子ネタ)

                        
このたび「女子の話題」というカテゴリをつくりました。 お肌のお手入れについて色々学び中の私ですが、お手入れネタについてはこちらのカテゴリにおさめていこうと思います。 女子ネタとありますが女性限定というわけではなく、女性の方に是非見ていただきたい、という私の願望から女子ネタとしてあります。 今回はお化粧水のつけかたについてです。 洗顔後はお肌から水分が逃げていきやすいので、顔を洗った後はすぐにお化...
このたび「女子の話題」というカテゴリをつくりました。
お肌のお手入れについて色々学び中の私ですが、お手入れネタについてはこちらのカテゴリにおさめていこうと思います。
女子ネタとありますが女性限定というわけではなく、女性の方に是非見ていただきたい、という私の願望から女子ネタとしてあります。
今回はお化粧水のつけかたについてです。

洗顔後はお肌から水分が逃げていきやすいので、顔を洗った後はすぐにお化粧水をつけることが大事です。

私はお風呂あがりにパンツをはく前に化粧水をつけています。なぜなら、
お手入れ border= 『パンツは逃げません。
 お肌の水分はすぐに逃げます!』
なのでこのように教わってからは、パンツなんてもう二の次になりました。

(今日から早速実行される方は、今の季節は寒いので脱衣所を温かくして、風邪をひかないように気をつけて実行してくださいね。)


次に、化粧水は手の平にとるのではなく、コットンにしめらせてつけます。
(手の平にとると一番効能が高い成分が手の平に真っ先に浸透してしまうので)

つける順番は、お肌が乾燥しやすい部分から順につけていきます。
乾燥しやすい部分は人により若干差がありますが、だいたい下記の順。
①頬
②目元
②口元(口角の付近)
③おでこ
④あご
とにかく乾燥が気になる部分からつけていくといいです。

あと、私はいつも右側の頬から先につけていたのですが、しょっちゅう右側からつけていると、右頬と左頬でお肌の水分量が変わってきます。(そう言われてみれば「たしかにそうよね」と思いました。)
なので、時々反対側から先につけるようにしましょう。
前回も書きましたが、シワの部分はシワを指でのばしてシワの中までお化粧水をいれてあげましょう。

高級なものを使わなくても、自分の肌にあったものを毎日正しく使用すればお肌は綺麗になりますよ。

スポンジ それから、先日洗顔料の泡立てについて書きましたが、ハケで泡立てるよりもっと簡単な方法を見つけました!
小さなスポンジを使ってボウルの中でかき混ぜると早く泡立って手もあまり疲れません。 100均ショップでちょうどよさそうな大きさのスポンジを見つけました。写真のようにネットに入っているものは使用後に干して保管できるので便利です。
入浴時も湯船につかりながら石鹸を泡立てて、この泡で体を洗うと気持ちいいですよ。
あわだて

Read more

めでたく離婚

                        
前回の経緯はこちら 子どもが5歳のとき、夫が「離婚したい。離婚するのでSunに伝えてくれ」と私の母に連絡してきた。 それを母から聞いても別段おどろくことはなかった。 夫の居所は分からなかったが、周囲の人の目撃情報だと「いつも女性と一緒だ」と聞いていた。 結婚するので離婚したい、そういうことである。 周囲の人はみな「家庭裁判所で夫を訴えることができるのではないか?」と助言してくれた。 しかし私はそ...
前回の経緯はこちら

子どもが5歳のとき、夫が「離婚したい。離婚するのでSunに伝えてくれ」と私の母に連絡してきた。
それを母から聞いても別段おどろくことはなかった。
夫の居所は分からなかったが、周囲の人の目撃情報だと「いつも女性と一緒だ」と聞いていた。
結婚するので離婚したい、そういうことである。

周囲の人はみな「家庭裁判所で夫を訴えることができるのではないか?」と助言してくれた。
しかし私はそれまでに無料の法律相談を利用して弁護士に何度か相談していた。

「悪い奴(男)にひっかかりましたね」
「そんな男は叩いても鼻血が出るだけ。金は出ない。裁判はするだけ無駄。」
ということだった。

これは結婚してから知ったのだが、夫も夫の父親も働くことが嫌いであった。
実家は生活保護世帯で財産もない。
何人かの弁護士に相談したが、どの弁護士もみな同じだった。
裁判は多くのお金と時間を要し精神的苦痛も要する。
それに見合った成果は全く見込めないので裁判するのは無駄だ、というわけだ。

相手を訴えることはせず、協議離婚することにした。
夫は養育費の話し合いの際、「ない袖は振れない(払えない)」と開き直った。
養育費なしというのであれば離婚には応じられない、と言うと、「払うから離婚してくれ」と言ってきた。
「養育費月3万円」と約束したが、その約束は(なかば予想どおり)守られることはなかった。

離婚が成立したあと、古くからの友人たちと飲みに行った。
友人たちが「離婚おめでとう!」と祝杯をあげてくれ、ビールで乾杯した。
このとき祝ってくれた友人たちとはそれから以降も親しい付き合いであり、いつも私を応援してくれている。

Read more

父見つかる。(おいたちより)

                        
前回の経緯はこちら お父さんはいったいどこに居るのだろう。無事に生きているのだろうか? お父さん、孫が出来たよ。 お父さんが居たらきっと喜んでくれたことだろう。 さぞかし孫をかわいがっていることだろう。 お父さん、会いたいよ、どこに居るの? ずっとそう思いながら色々あたってきていたが、数年以上経ても父の消息は依然わからないままであった。 こどもの頃から毎年お正月に家族みんなで神社に初詣に行...
前回の経緯はこちら

お父さんはいったいどこに居るのだろう。無事に生きているのだろうか?
お父さん、孫が出来たよ。
お父さんが居たらきっと喜んでくれたことだろう。
さぞかし孫をかわいがっていることだろう。
お父さん、会いたいよ、どこに居るの?

ずっとそう思いながら色々あたってきていたが、数年以上経ても父の消息は依然わからないままであった。

こどもの頃から毎年お正月に家族みんなで神社に初詣に行った。
その神社はちっちゃい神社だった。だけどご利益があるのか、お正月にはいつもたくさんの参拝客がいた。

お正月以外の時はひと気がほとんどなく閑散としていたその神社に、私はある日お参りに行った。
そして「お父さんが見つかりますように」とお願い事をした。

神社



不思議なことにそれからしばらくして父の消息が判明した。

とあるショッピングセンターで買い物中に、むかし父方の親族に嫁いでおられた女性とたまたま出逢った。
その方は私が赤ちゃんの頃に近所に住んでいて、私をとてもかわいがってくれていた人だった。

ショッピングセンターでは立ち話でお別れしたが、久々にお会いしてあまりに懐かしかったので、その日の夜、その方に電話をかけた。
お互いの近況など話した後、「お父さんの行方が分からない」という話をした。
するとその方が「もしかしたらお父さんは〇〇という会社で働いているかもしれない」と言う。
父の親族を通じ「そこで働いている」と何年か前に聞いたことがあると言う。
その会社はどこにあるのかとりあえず教えてもらった。

父が居るかもしれない、という地はある島だった。
うちからだと港から船に乗って一時間くらいで行ける所だった。
会社名から電話番号を調べそこに電話した。
父の名前を告げると「そこで働いている」と言う。
見つかった。生きてた。

父は作業に出ていて社内には居ないということなので、こちらの連絡先を伝えて電話を切った。

子どもの頃に家族みんなでお参りしていた神社、あの神社でお参りして一週間後のことだった。
もしかしたら私の想いが通じたのかもしれない。

私はこれまで生きてきて、何度かこういった不思議な引き合わせ、不思議な引き寄せを体験したことがある。
この時に父の消息が分かっていなかったら、父とはあの電話のやりとりを最後に、永遠にお別れになっていたかもしれない。
それを思うとこの時点で父の消息が判明したことは今でもとても不思議であり、もしかしたら運命であったのかもしれない、と思えたりもする。

その後父から連絡があった。
あのあと(奥さんと子どもが出て行ったあと)、父は家を出たそうだ。
死のうと思って死に場所を探していたところ、ある女性と出逢って助けられ、今はその女性と一緒に居ると言う。

これまでどうして連絡くれなかったの?とかそんなことなど思いもしなかった。
とにかく見つかって良かった、生きててよかった、と思った。

しかし、これまでどうして連絡をくれなかったのか?その理由がこの時に分かっていれば、父はあのような最期を迎えずにすんでいたのかもしれない。

「とりあえずなにかはじめてみる」と始めたこのブログ、このブログには私自身のおいたちや日々のとりとめのないことを綴っているが、それと同時に「父が生きた証(あかし)を残したい!」という想いがここにある。
その理由、経緯については、これから先おいおいに明らかにしていこうと思う。
(つづきはまた)

Read more

人が好き(おいたちより)

                        
前回の経緯はこちら 夫は相変らず居所知れず、実質上はずっと母子家庭の状態であった。 そのため、ひとり親家庭のための制度(児童扶養手当、医療費の軽減、生活費の貸付など)を利用できないかと、役所に相談に行く。 しかし「夫と籍が入っている」ということで手続きを断られる。 「離婚したくても夫の所在が分からず、離婚もできない状態なんです」と事情を説明するが、「離婚してから来てください!」と全くとりあっ...
前回の経緯はこちら

夫は相変らず居所知れず、実質上はずっと母子家庭の状態であった。
そのため、ひとり親家庭のための制度(児童扶養手当、医療費の軽減、生活費の貸付など)を利用できないかと、役所に相談に行く。
しかし「夫と籍が入っている」ということで手続きを断られる。

「離婚したくても夫の所在が分からず、離婚もできない状態なんです」と事情を説明するが、「離婚してから来てください!」と全くとりあってもらえない。
何年にもわたり何度も相談に行ったがずっと門前払いであった。
ある日「それなら夫婦として生活していても籍さえ抜いていれば手続きが出来るのか?」と逆に問うてみた。すると「そうです!」とあっさり返答があった。(もちろんこの場合は不正受給、ばれたらお咎めがある。)

杓子定規 それにしても、個人情報保護法の時もそうだったが「日本のお役所はなんて杓子定規なんだろう」と、 つくづく思った。(海外のお役所がどうなのか知っているわけでもないのだが。)
※杓子定規=古くは杓子の柄は曲がっており定規にはならなかったが、曲がった杓子を定規代わりにする=正しくない定規ではかる意から、すべてのことを一つの標準や規則に当てはめて処置しようとする、融通のきかないやり方や態度、そのさま。

役所の人が「失踪届、捜索願いを警察署に出せば手続きができる」いうので警察署に相談に行く。
しかし「たびたび知り合いが目撃しているというのであれば失踪届、捜索願いを出すことは出来ない」ということで、あえなく撃沈であった。

当時は家賃が少々高めの賃貸アパートで暮らしていた。そろそろ安い所に引っ越さなければ生活がやっていけなくなる。しかしこの家の契約者は夫である。
不動産会社に相談した。不動産会社の社長さんは「本来は契約者(夫)でないと引き払うことは出来ないが、事情が事情ですので…」ということで認めてくれた。引き払う際の修繕費なども「今は大変そうなので頂きません。その分をこれからの生活に役立ててください」と免除してくれて、「がんばってくださいね」と励ましてくれた。(お役所と違い)民間はなんて優しいんだ、と涙がちょちょぎれそうになった。

社長さんいわく、不動産のお仕事をしていると色々な人、色々なケースに出逢うそうだが、その中でも私は格段「お気の毒な人」であったそうだ。
数年以上後に、またこの不動産会社にお世話になる機会があったのだが、その時も私のことを覚えていてくれて「あの時の方ですね!お元気そうにされていて本当によかった!」と喜んでくださった。
すごく大変だった時に優しく接してくださり励ましてくださったことを、今でもとても感謝している。

それ以外でも、私はこれまでに本当に多くの方々に助けられている。
記事『長き入院生活』で、「私は運が相当良い」と書いたが、人との出逢いや人との縁においてもそれが言えている。私は本当に恵まれている。
そして、多くの方々の助けと色々な経験により、私は変わった。
私は昔からオクテでオタクで人付き合いも苦手で「将来は無人島でひとりで暮らしたい」と思えるような人間嫌いな面が少々あった。だが、いつしか人間が好きになり、人との出逢いを大切に思えるように変わっていた。

今の私は「無人島でひとりで暮らすのなんて絶対にムリ!」と思える。

私は人が好きだ。
人と付き合うことで傷つくこともあるけれど、人との付き合いで人間のあたたかさに触れ、幸せな気持ちになることもある。
ひとりぼっちでは得られない幸せな気持ち、あたたかさ。
きっと、様々な経験の中でそれらをたくさん得られたからであろう。

168be12d6f9c70494bc5a2b7579321d8_s.jpg

(photo by photoAC)

Read more

番外編 子どもに起こった出来事3「再生のとき」

                        
前回の話はこちら 根気よくカウンセリングを続けた。 子どものカウンセリングだけでなく、私もカウンセリングを受けた。 母親の私の不安をできるだけ減少、解消していくのが目的であった。 接する母親が不安を抱えていると子供はそれを敏感に感じ取り、子供にも伝わっていくからだ。 カウンセリングに通うようになってからの3年間で、私は子どもの成長を周りの子供たちと比べることはしなくなった。 たとえ遅れていて...
前回の話はこちら

根気よくカウンセリングを続けた。
子どものカウンセリングだけでなく、私もカウンセリングを受けた。
母親の私の不安をできるだけ減少、解消していくのが目的であった。
接する母親が不安を抱えていると子供はそれを敏感に感じ取り、子供にも伝わっていくからだ。

カウンセリングに通うようになってからの3年間で、私は子どもの成長を周りの子供たちと比べることはしなくなった。
たとえ遅れていても自分の子どもなりに成長してくれたらそれでいい、と思うようになった。
そう思えるようになると気持ちは少し楽になっていた。

そしてカウンセリングを始めてから4年近く経た。
殻 その頃から、少しずつ子どもが自分の殻を破り始めてきた。
差し出されたものからすぐに目をそらさず、ほんの一瞬だが陰からうかがうように見、そして目をそらす、
差し出されるものに関心を示しはじめたのだ。

最初は一進一退どころか、一進三退みたいなこともあったが、子どもは少しずつ自分の殻を破って、ついに殻の中から出てきた!

自分の目で見ようとし始めた、

自分の手で触れようとし、自分から手をのばし始めた、

触れて泣くのではなく、笑顔が見られるようになってきた。

やがて遠くにあるものに触れようとしてハイハイし始めた。
つかまり立ちができるようになった。
独りで立ち、そして歩行できるようになった。

見る、触れる、といった五感から、見たい、触れたい、と発展していく動作。
まさに進化の過程を見るような感じだった。

全く止まっていた身長や体重が少しづつ増え始めた。
遅れていた成長が少しづつ取り戻されていった。


子どもは18歳になった。
心が閉ざされた4年間の後遺症は全くない、と言いたいところだが、言葉の理解や物事の順序立てがちょっと苦手だ。学童期は不登校児であり随分苦労した。
でも、一時は成長がまったく止まってしまった所から、ここまで来れたのだからこれ以上のことはない。

今後子どもは社会に出て、自分の壁に自ら立ち向かい乗り越えていかなければならない時もやってくることだろう。
でもそれは自分の子どもに限ったことではなく、誰もがみんなそうやって生きているのもしれない。
多かれ少なかれ、人は常に自分の壁に立ち向かい、自ら壁を乗り越えながら生きているのかもしれない。

後天的な心の病というのは大人でも子供でも、誰にでも起こりうるものだと私は思う。しかし、
たとえ心が病におかされたとしても、心はずっと同じところにあるのではなく、前に行ったり後ろにいったり、ところを変えながら変化していくものであるように思える。

人間はあらゆる可能性を秘めている。
五感はその可能性へのひとつの鍵だ。
「子どもに起こった出来事」はそう思える出来事だった。 そして色々なことを教えられた出来事であった。(番外編おわり)

前進


あとがき
この編は笑いなし&少々重い┗(;´Д`)┛内容であったのですが、ご覧くださりありがとうございます。

各市町村の保健センターには、こどもの成長に対する不安、心の不安、依存症…など”こころの健康”について相談する窓口があります。
ひとりで抱え込まず相談に行ってよかった、と今でも思います。
参考まで。

Read more

番外編 子どもに起こった出来事2

                        
前回の話はこちら 手術を無事に終え退院した。 退院して一番に子どもを連れてあのショッピングセンターに行った。 しかし子どもは何もかにも怖がって、気が狂ったように泣き叫んで乗り物に乗るどころではなかった。その場に居ることさえ出来ず、すぐに帰宅した。 その後、子どもは大好きだったお風呂も、ごはん(離乳食)を食べることも服を着ることも泣き叫んで拒絶した。体に衣服や床が触れることさえ嫌がり、一日中ほと...
前回の話はこちら

手術を無事に終え退院した。
退院して一番に子どもを連れてあのショッピングセンターに行った。
しかし子どもは何もかにも怖がって、気が狂ったように泣き叫んで乗り物に乗るどころではなかった。その場に居ることさえ出来ず、すぐに帰宅した。

その後、子どもは大好きだったお風呂も、ごはん(離乳食)を食べることも服を着ることも泣き叫んで拒絶した。体に衣服や床が触れることさえ嫌がり、一日中ほとんど寝ることなく泣き続けた。泣いてない時は部屋の一番隅っこで体を丸めて小さくまんまるくなって、微動だにしない。狂ったように泣いた果てに窒息することもしばしば起こるようになる。
小児科医で診てもらうが体に異常はないという。
日に何度も窒息している子どもを見て危険を感じた私は、居住地の保健センターに設置されていた”こころの相談窓口”に相談した。
すぐに専門の先生に見てもらいましょう、ということになった。

結果は「自閉症の一歩手前。このまま自閉症に移行するおそれがある。おそらく今後成長が止まり、体も大きくならないでしょう。」ということだった。「大変危険な状態です。すぐにカウンセリングを始めましょう」と先生が言った。

先生が言っていたとおり、その後子どもの身長や体重は全く増えなくなった。
それまでは順調に成長し寝返りもできるようになっていたが、それからはハイハイ、つかまり立ち、発語…、本来ならその時期に出来るようになるものが、時期を一年、二年、三年と過ぎても出来なかった。
子どもの成長が止まってしまった。笑うこともなくなった。

人間は生まれながらにして自衛本能を持っており、生命に危険を感じるとそれが働くそうだ。
突然知らない大人たちばかりに囲まれて自分の生命に危険を感じ、自衛本能により自分の周りに殻を作って身を守ろうとした。その結果、厚い殻の中に閉じこもってしまった。
子どもの成長は体と心(精神)の両方がともなってなされるため、心を閉ざしたことにより成長も止まった、ということであった。

セラピー カウンセリングが始まった。
幼児のカウンセリングはプレイセラピーといわれるもので、遊具、おもちゃなど遊びを使って行う。
子どもはおもちゃでさえ怖がった。
一年を経過してもおもちゃに全く目を向けず、石のように固まって地面の一点をただじ~っと見つめているだけだった。

(photo by photoAC)


怖がりの度合は月日を追うごとに減少するのではなく、むしろ増幅していった。
「自閉傾向だけでなく、PTSD(心的外傷後ストレス障害)を患っています。」と説明される。(PTSDという言葉は当時はまだそうポピュラーなものでなく、私はこの時に初めてこの言葉を知った。)

連れ去られたのは数時間であったが、生命を恐れるような恐怖がその短い時間に凝縮していたためPTSDに至ったようだ。
連れ去りのあと、数日そこで過ごしていた方がむしろよかったそうだ。そうすると置かれた環境に適応しようとする本能が働いて、ここまでには至らなかったであろう、ということだった。

「置かれた環境に適応しようとする本能」、それを聞いて私は自身の入院生活のことを思い出していた。
やはり人間はそういう本能(置かれている環境に適応しようとする本能)を持っていたのだ、人間は限りない可能性を秘めている。

どうか自分の子どもにも何らかの可能性がありますように…、そう願った。

カウンセリングは遅々として進まなかったが、「とにかく可能性を信じましょう。焦らず心が開くまで待ちましょう」そう励まされながら通い続けた。
三年を経過しても子どもの成長は止まったままだった。(次回へつづく)

Read more

番外編 子どもに起こった出来事1

                        
前書き この編はお笑いなし&重い┗(;´Д`)┛内容となっております。 私自身の心の中を今再び整理しながら、子どもの身に起こったこと、発達障害、心の病、人間の可能性について三部に分けて綴ります。 子どもが生後8カ月の時、ショッピングセンターのアミューズメントパークでアンパンマンやSLマンの乗り物に初めて乗せたあげた。 この時子どもはそれはそれは大喜びであった。 それから約一週間後、ずっと行方知れずで...
前書き
この編はお笑いなし&重い┗(;´Д`)┛内容となっております。
私自身の心の中を今再び整理しながら、子どもの身に起こったこと、発達障害、心の病、人間の可能性について三部に分けて綴ります。


子どもが生後8カ月の時、ショッピングセンターのアミューズメントパークでアンパンマンやSLマンの乗り物に初めて乗せたあげた。
この時子どもはそれはそれは大喜びであった。

それから約一週間後、ずっと行方知れずであった夫から「子どもを貸してくれ」と電話があった。
夫の実家がその年の秋祭りで祭りをとりしきる家の当番にあたっていて、その席で自分の子どもを近所の人に見せるので貸してくれ、ということであった。

居なくなって半年、その間に何の音沙汰もなく、突然の連絡がこれだった。
「こどもは物ではない。物のようにこどもを貸すわけにはいかない」と断った。

この電話やりとりの数日後、子どもが肺炎にかかり入院した。
この頃、私はある手術を受ける予定で手術日も決まっていたが、入院中のこどもに付き添うため、手術を延期して子どもに付き添う。
10日後に子どもは退院し、入れ替わりで私が入院した。

あんぱんまん 「しばらく子どもには寂しい思いをさせてしまう。退院したら一番にあのショッピングセンターに行こう、子どもと一緒にまたアンパンマンに乗ろう!」そう思っていた。


私の入院中、夫が子どもを連れ去るかもしれない…。
私は子どもを預かってくれる家族に「絶対に夫に子どもを渡さないように!」とお願いし入院した。

ところが夫は私の入院中に「こどもを病院に連れてきて!とSunから頼まれたので子どもを渡してくれ」と私の母の元を訪ねて行った。
「嘘をついてでも連れ出すかもしれないので、何があっても絶対に夫に子どもを渡さないで!」と母にもしつこくお願いしてあったのだが、母は子どもを夫に渡してしまった。
「いくらそんな風に言ったって相手は親なんだから渡さないわけにはいかないでしょ!」ということだった。
夫には私の入院のことは内緒にしてあったが、どこかからその情報を聞きつけていた。 夫と夫の家族は数時間であったが子どもを連れ去った。

数時間後、夫らが子どもを連れて私の病室に来た。
夫の姉が「あなたの大事な子どもを返してあげるわよ。こどもなのにおもちゃを見せても全然遊びもしなかったわ」と不満げに言いながら子どもを私の腕に放り込んだ。
そりゃ見ず知らずの大人たちにいきなり囲まれたんじゃ恐ろしくておもちゃで遊ぶどころではなかっただろう。

子どもは泣きはらして顔がパンパンに腫れ、私の腕の中でガタガタ、ブルブルと体を震わせている。その震えは夫らが帰ってもずっと止まらず、私に抱かれているのも恐ろしくてならないといった感じだった。

この時はそんなに大そうなことになろうとは思いもしなかった。
しかしこれから後、大変なことになった。(次回へつづく)

Read more

Sunのすべらない話(すべるかも)

                        
前回の話はこちら 長き入院生活の末、無事出産し退院した。 自宅に帰ると部屋は床から1メートルくらいの高さまでゴミ袋とゴミで埋もれ、我が家がゴミ集積場と化していた。 かろうじて子供はベビーベッドに寝かせることができたが、私は座る場所も寝る場所もない。丸一日掃除してやっと自分の居場所と寝場所を確保。 夫がこの家で生活していなかったことは一目瞭然であった。 しかしある程度、予測はついていた。 ...
前回の話はこちら

長き入院生活の末、無事出産し退院した。
自宅に帰ると部屋は床から1メートルくらいの高さまでゴミ袋とゴミで埋もれ、我が家がゴミ集積場と化していた。
かろうじて子供はベビーベッドに寝かせることができたが、私は座る場所も寝る場所もない。丸一日掃除してやっと自分の居場所と寝場所を確保。

夫がこの家で生活していなかったことは一目瞭然であった。
しかしある程度、予測はついていた。

夫はナースや同室ママ達の「優しいご主人ですね!」「素敵なご主人ですね!」に鼻の下をのばしきり、病院には毎日欠かさずやって来た。
「仲が良いご夫婦ですね」と言われていたが、実際は、夫は結婚直後から家にはほとんど帰ってくることがなく、うちで一緒に食事を摂ったり、一緒に過ごしたのは結婚してからだと数えるほどしかなかった。
入院中は自宅や夫の携帯に連絡をいれてきたが、電話がつながったことはただの一度もなかった。それが真実であった。

退院後も夫は家に帰ってくることはほとんどなく、たまに帰ってきたかと思うとぱんつパンツ をおニューのぱんつパンツに履き替え、またすぐに出かけて行った。
あくまでぱんつを履き替えるための帰宅、子どもの顔を見ることすらなかった。ぱんつごみ

私は夫のおニューのぱんつパンツを捨ててみた。
まもなくすると夫は全く帰ってこなくなった。


…ある日、ポストに国民健康保険料の督促状が届く。
その督促状の世帯主名のところが私の名前になっている。
私はその督促状をもって役所に行き、「私、世帯主じゃありません。夫が世帯主です。これ間違っています。」と窓口に申し出た。

しばらくすると「夫の〇〇さんが住民異動されています。この場合は、自動的にあなたが世帯主になります。」と説明される。

え?!自動的に…、って何じゃそりゃ?
将棋じゃないが、私は「成り上がった」というわけだ。
成り上がり
いや、それよりも、知らない間に
『夫が住民票を異動している』
というではないか。
いったい夫は今どこに?!

離婚するにしても何をするにしても、まず夫の居場所がわからないことには何もできない。
そこで役所の人に「夫の現住所(居場所)を教えてください!」と申し出る。
するとここで思わぬ返事が返ってきた。

私が役所に行ったのは4月であったのだが、この年の4月1日から個人情報保護法が施行されており、「いかなる場合であっても個人の情報を開示することは出来ない。従ってあなたの夫の住所を教えることは出来ない。」というのである。
「戸籍上の夫婦なんですよ。私は妻なんですよ!」と訴えるも、「たとえ奥さんでも駄目です!!」とのこと。
3月31日なら教えられたけど、法律だから4月1日以降は何がなんでも駄目!教えられない、ということであった。

結婚し直後に妊娠、直後に入院、退院して間もなく夫は行方知れず…。
おまけに「個人情報保護法」、ときた。
これはもう完全に「お笑い」の域である。 「すべらない話」である。
我が事ながらおもろすぎ。笑うよりほかなかった。

知り合いや私の家族から「夫を見かけた!」という情報が頻繁に届いた。
同じまちに居ることは間違いない。
夫から聞いていた夫の職業と職場は偽りであった。
個人情報保護法という法律の壁のもと、夫の居場所は分からずままだった。

退院後、生活費は一銭も入れてもらえていなかった。
幸い、生命保険の入院給付金を受け取っていたので生活はそれでまかなえた。
生命保険に加入しておいてよかった。本当に助かった。

それにしても「あの男は結婚しても家庭に落ち着くタイプではない」という皆の見当はビンゴであった。
コーヒー屋のマスターが語っていたろくでなしの●●、は正真正銘のろくでなしであったのだった。(つづきはまた)

Read more

スポンサーリンク

Bookmark etc


このエントリーをはてなブックマークに追加




ランキングに参加しています。
ポチッと宜しくお願いします(^ ^)

スポンサーリンク

人気記事

Deodorant water

ハッピーデオ ウォーター


●持ち運びに便利なストッパー付のハッピーデオ デオドラントウォーターは、いろいろなシーンで使えます。●お出かけ前に。●スポーツの後に。●入浴後やシャワー後に。●暑い夏にほてった体を瞬時にクールダウンしたいときに。●ボディシートで汗をふき取ってからウォーターで仕上げれば、ひんやり&まるでシャワーを浴びたような爽快感です。

ユーザータグ

ブログ おいたち 写真 イジメ ハラスメント ブログ初心者   夕方 教師 ペンフレンド 生命保険 癒し 出稼ぎ 結婚 競馬 ドラマ 韓流ドラマ LINE 呼吸 珈琲 怪獣 芽出しアジサイ 化粧水 誕生日が同じ お宝保険 つれづれ 勘当 初値 特撮 周産期母子医療センター 禁煙 思い出 運命の糸 婚約破棄 たまごっち 入院 円谷プロ 救急車 思わぬ出来事 自律神経 自治会 学校 アニメ ろくでなし バブル 手術 地震 看護 防災 いきもの お手入れ 看護学校 強震モニタ 心の病 防災科学技術研究所  K-NET 離婚 カウンセリング KiK-net 骨折 ひいおばあさん カタブツ 入門機 まじめ オタク いとこの叔父の孫 出産 名探偵コナン ミッション車 ブタカバン MSX-C 祖父の兄の娘の 母と娘 駆け落ち 用語集 オジンギャル 夕焼け 出来事 バツ2 流星群 ペルセウス座流星群 衝撃的 カバン 積木くずし セミ 極大日 学生カバン 新聞奨学生 ソウルメイト Myhoney Mydear ショッキング 文通 語り継がれる ケーキ モンブラン キリマンジャロ ブルーマウンテン デンジャラス  切除 仮面ライダー アジト 免疫 扁桃腺 全身麻酔 覚せい剤 真面目一辺倒 局所麻酔 イモトアヤコ 狐につままれる 案内標識 ETC出口 ETC専用 SNS ETC専用出口 スマートIC カーナビ 高速道路 ETCカード 国際恋愛詐欺 ロマンス詐欺 C言語 就職 倒産 晴天の霹靂 リポーター 進路 ナイジェリア詐欺 詐欺師 scammer ひいひいおばあさん 綾野剛 子供 異物 虚血性大腸炎 便秘 幼児 ハイムリック法 誤飲 対処 背部叩打法 腹部突き上げ法 イ・ビョンフン チャングム カウンター設置 グッスミン 株価 Combination225 ペク・クァンヒョン 白光炫 イ・サン トンイ 馬医 李氏朝鮮 喉詰め 風呂場 不和 動物 りす 睡眠障害 貧乏 家庭 メダカ ヘルス 当確 生い立ち サプリメント 自然 妖艶 未亡人 火箸 ドリフ 怖い ヘビ 気付き くつ 暑い 日経225寄り引けシステム ファッション 3時間授乳 人間関係 マクドナルド PTS 母子別室 母子分離 三連複 的中 TBS コウノドリ SBI ポケモンGO 競走馬名 やすし パーソナルコンピューター MSX 競走馬 日焼け 一点買い 事件 アロエ ばんえい Dyson ポケモンGO 用語 公募価格 ポケモノミクス 任天堂 IPO コーディネート 菊池京子 K.K closet ポケノミクス ニューヨーク証券取引所 ヘアドライヤー 毛量多い ダイソン Dysonスーパーソニック 美レンジャー 玉村麻衣子  美眉 美眉アドバイザー BASIC 脱出 ワードプレス ドメイン移管   かんたん変換サービス 独自ドメイン 今年 今年の抱負 引っ越し FC2 GHQ 教育改革 挿し木 ミニバラ 悶々 執着 ベランダ園芸 大義名分 ドラゴンボール かめはめ波 ストレス パンツ ブラック企業 不当解雇 女子ネタ お肌 泡洗顔 電気料金 生きた証 運命 人が好き 神社 お参り 不思議 再エネ発電促進賦課金 FIT DOS/V オープンアーキテクチャ 解雇 解雇予告手当 水没 携帯 カインとアベル 仕事探し 危険 打撲 固執 ひょうたんからから駒 橈骨遠位端骨折 複雑骨折 粉砕骨折 JAC コーレス 温度 コーヒー 抽出法 浸漬法 透過法 ジャパンアクションクラブ 音楽 エンディング曲 タイナカサチ 愛しい人へ 強震モニタExtension 上橋菜穂子 精霊の守り人 Avicii アヴィーチー 職場 小説 仏眼相 渡瀬恒彦 チェ・ウシクユイ イム・スロン 生け花 小原流 ホグの愛 進化 目から鱗が落ちる 解決 突破口 トラウマ 主枝 客枝 マスカケ 二重感情線 、二重知能線 変形マスカケ 手相 モチベーション 中間枝 交感神経 副交感神経 リア充 人間嫌い ひとり親家庭 ビデオ アダルト 海外競馬 凱旋門賞 レンタル 勧誘 乗り換え ナンパ セールスレディ キャッチセール 結果 心の支え マリッジブルー 鼻血ブー 止血 キーゼルバッハ JR東海 遠距離恋愛 落ち込む 絶望的 這い出す 婚約 下取り 転換 検査 赴任旅費 無料配布求人 たこ部屋 健康診断 スキルス シュノーケリング 余命宣告  告知 借金 任侠映画 終身保険 逆ザヤ 予定利率 部分解約 養老保険 定期保険 冷暖房完備個室 違法就労 運動会 社会の裏側 鼻血 対処方法 美肌 洗顔 WAKARA 練り石けん 女子必見 ウテメリン おまけ 仮面ノリダー レンタルビデ男 入院生活 和から すべらない話 PTSD 五感 成長 可能性 プレイセラピー 自閉症 退院 住民票 個人情報保護法 発達障害 リンク 再婚 養子縁組 近況報告 ビューティー アロマ 戸籍制度 戸籍謄本 親子水入らず 家長 ちっちゃいおっさん アルマイト灰皿 イギリス式 アロマセラピスト チョーク クレヨン マーカー 水で消せる 気軽 黒板シート テレビ公開捜査 顔出しNG 再会 黒板アート 人付き合い