なんちゃらハラスメント【高校】

                        
(前回の話はこちら) 学友から「看護科にイジメをする教師が居る」という話を聞いて、 「本当だろうか?」と思う半面、 全くないとも言い切れない、思い切れない自分が居た。 高校時代にハラスメントを経験したことがあったからだった。 それは家庭科教師によるものだった。 ・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・・~・ 私は小学生の頃からパンツ、靴下、運動靴が破れたら自分で針と糸...
(前回の話はこちら
学友から「看護科にイジメをする教師が居る」という話を聞いて、
「本当だろうか?」と思う半面、
全くないとも言い切れない、思い切れない自分が居た。
高校時代にハラスメントを経験したことがあったからだった。
それは家庭科教師によるものだった。
・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・・~・

手芸 私は小学生の頃からパンツ、靴下、運動靴が破れたら自分で針と糸を使ってきれいに繕って履き続けた。
高校生の頃は自分で着る服をミシンで縫って手作りし、仕事で忙しい母に代わって食事、お弁当を作っていた。

手芸やお料理をつくることが大好きだった。         (Illust by IllustAC)
家庭科は大好きな科目のひとつだった。
そんなこともあり、小中学校を通し、家庭科は得意中の得意の科目であった。

高校での授業、提出物はきちんと提出し、テストの点数もそう悪くはなかった。だが家庭科の評価だけ毎回5段階の「2」だった。
数字2
小学校からその時まで、他の教科でも「2」は見たことがなかった。ちょっと驚きだった。
その後、学級担任の先生に呼び出された。「2」は進級にひっかかるから気を付けて、ということだった。でも、家庭科の出来が悪くて落第するなど、私には全く考えられもしないことだった。

いつも家庭科のテスト答案が返ってくると、点数の横に赤ペンでいろいろ書いてあった。「あなたは私の悪口を言って…」「あなたは〇〇〇…」、と長々書いてあった。全部私の悪口だった。
ある日みんなの答案を見せてもらった。みんなは点数しか書いてない。いつも「点数のみ」だという。 私の答案にだけ…、であった。
「この先生にだいぶん嫌われているんだろうね…」、帰宅して母とそう話した。

心当たりはあった。
家庭科の実習中、分からないことがあるとクラスの友人らは私のところに来た。
私は「先生に聞いてね」と対応していた。
しかし先生は一人で40人ほどの生徒を見ており順番がなかなか回ってこない。
そのため、多くの生徒が私のところに来た。
「あの先生、聞いても怒るばっかりで教えてくれないのよね」友人がそう言った。その言葉がたまたま先生に聞こえたのではないか?と感じたことがあった。

そして、進級できるかどうかが決まる学年末の評価。
あろうことか、家庭科の評価は、10段階の「1」であった。

学年末の「1」というのは、他の教科が全て「10」であっても進級できない、に値するものだった。数字1 担任の先生は「めったに見ることのない数字、極めて稀なもの、初めて見た!」と言っていた。

いくらなんでも…
ここで私はやっとブチ切れた。頭に来た。
しかし、私よりもいち早く頭に来ていたのは母の方であった。

そうそうのことでは他人を怒鳴ったりなどしない母が、学校に即行。
「うちの子が家庭科でこんな評価を受けるのは間違ってます!おかしいです!」と校長室に怒鳴り込んで行った。
校長室
校長室。母と私と校長先生。
この席で私は
「学校を辞めます!」と宣言した。

慌てる校長先生と母。
「辞めたらいけない!」とふたりは必死に私を説得する。

入学試験時の成績(この時知ったのだがなんとトップテン内だった)、これまでの成績、それらをふまえても「確かにおかしい」ということで、事実確認が行われた。
そのあと、校長先生から謝罪があった。
校長先生によると、教師も人間なので”ウマが合わなかった”ということらしい。本人にちゃんと注意いたしましたので、ということだった。

私は退学する気マンマンになっていたが、校長先生と母に説得されて、なんとか退学を思いとどまった。
高校生の時、このような経験があったのだった。      (photos by photoAC)

Read more

なんちゃらハラスメント【序】

                        
これまでおいたちで「突然の解雇」、その後は検診車のドライバーとして働く、というところまで綴ってきた。 ところが先日の「母の骨折」の記事内で看護学生であったことを書き、実にフライングをした。(時系列に沿っていない記事をご覧になり「あれ?」と思われた方がいらしたかもしれない。) あえてのフライングであった。 正直なところ、それ(看護学生や看護の仕事)についてこれまで書けずにいた。 それは私にとって、...
これまでおいたちで「突然の解雇」、その後は検診車のドライバーとして働く、というところまで綴ってきた。
ところが先日の「母の骨折」の記事内で看護学生であったことを書き、実にフライングをした。(時系列に沿っていない記事をご覧になり「あれ?」と思われた方がいらしたかもしれない。)

あえてのフライングであった。
正直なところ、それ(看護学生や看護の仕事)についてこれまで書けずにいた。
それは私にとって、あまり思い出したくないことであったからかもしれない。
内容が重いため書くのを躊躇した、というのもあるかもしれない。

あえてのフライングの後、私は少し昔を振り返り考えていた。
私は看護の資格を取った。
看護師として病院で少し働きもした。
しかし現在は看護の仕事に就いていない。

私と同じように、看護の資格を持ちながら、実際は看護の仕事に就いていない、就けなかった、続けられなかった、という人は世の中に大勢いることかと思う。

当時のことはあまり思い出したくない。
でも今まさに、あの時の私と同じ心情、同じような経験をされている方が世の中には居る。
そして、同じような事柄は看護以外の職種、学校、職場においても起こりうる。

当時の私は分からなかったけど、今だから分かる、今だからこそ書けること、があるかもしれない。…そう思えてきた。

なので、少しずつ綴っていこう、と思う。172626.jpg
内容が重い、と思われたら読み飛ばしてくれていい、
興味がある、同じ環境にあった、今同じ、という方は
このまま読みすすめて欲しい。

(Illust by IllustAC)

・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・・~・

おいたち話をつづけていこう。
検診車ドライバーは派遣の仕事で、将来に渡って働ける仕事ではなかった。
その後、私は看護学校(夜学)に通う。
訪問看護の仕事をしたい、という思いがあった。
そのため、准看護科卒業後は同じ学校の看護科への進学を希望していた。

二年間の准看護過程を無事に終え、卒業を迎えた。
この時、一番の仲良しで互い励ましあいながらやってきた学友から、思いもよらぬ申し出、というかお願いというか、忠告というか、懇願があった。
それは…、

「お願いだから進学はやめて!」というものだった。なんでも…

「看護科にはイジメを行う教師が居る。
 人当りがよく、皆から好かれ、成績が良い生徒がその教師のターゲットになる。
 Sunは絶対にそのターゲットにされるわ、私にはわかる。
 だから進学するのは止めて!」
ということだった。

「そういうのはただの噂話だよ~」と言う私に対し、学友は
「私の先輩が今そのターゲットになっているの。退学するか体を壊して倒れるかのどっちかしかない、と困ってる。それで調べてみたの。毎年必ずひとりの犠牲者が出てる。だから、進学するのは絶対にやめて!」
と彼女は泣きながら懇願した。

そこまで思ってもらえるなんてありがたい、心からそう思った。
しかし、「本当だろうか?」と半信半疑でもあった。
仮にそれが事実の話であったとしても、そのターゲットが「私」と断定する根拠はない。

でも少し不安はあった。なぜなら、
私は高校時代にハラスメントをまさに経験したことがあったからだ。
(次回につづく)

Read more

熱い!

                        
今の時代、熱いハート、熱すぎるハート、はひとつ間違うと、どん引きされたり、ダサく捉えられたりもしがちだ。が、私は好きだ。熱いのが好きだ。 そんな私が久々に熱いミュージシャン、熱い楽曲に出逢った。今日はそちらのご紹介。 (Photo by photoAC) スウェーデン出身のDJ、音楽プロデューサーのAvicii(アヴィーチー)さん、 曲は『 Hey Brother』。 きょうだいに対して” どんなことが起きても俺がお前たちを守って...
今の時代、熱いハート、熱すぎるハート、はひとつ間違うと、どん引きされたり、ダサく捉えられたりもしがちだ。が、私は好きだ。熱いのが好きだ。

そんな私が久々に熱いミュージシャン、熱い楽曲に出逢った。今日はそちらのご紹介。

(Photo by photoAC)


スウェーデン出身のDJ、音楽プロデューサーのAvicii(アヴィーチー)さん、
曲は『 Hey Brother』。
きょうだいに対して” どんなことが起きても俺がお前たちを守ってやる!”という内容である。
これぞ男!『赤いトラクター』をもほうふつとさせる、熱き心の男の歌である。

朝の目覚まし時計代わりに使えるな、と思える曲である。👇(4:18)


彼のその他の楽曲も物色してみる。
PV(プロモーションビデオ)がとても個性的で、中には意味深、ショッキングなものもある。(Nicky Romeroとのコラボ『 I Could Be The One (Nicktim)』のラストは交通事故。思わず目を覆う。)

カントリーが取り入れられていると思われる曲調は聴いていてとても心地よい。
その中でも、お昼どきに元気を出したい時に聴きたいと思えた曲、
それがこちら『The Nights』👇(3:10)

『The Nights』の歌詞を一部抜粋↓(著作権上、歌詞原文は掲載できず。曲名で検索されたし。)

One day my father—he told me,
ある日、父さんが言った。

"Think of me if ever you're afraid."
「いつかお前が不安になったら私のことを思い出せ。」

He said, "One day you'll leave this world behind
「いつかお前もこの世を去る時がくる。
So live a life you will remember."
だから、ちゃんと思い出に残る人生を生きるんだ」

…と、ある夜の父と子のやりとり、約束、思い出が歌われている。


そして最後にご紹介するのは『Waiting For Love』。
こちらは夜に聴きたいなと思えた曲。👇(3:50)

どの曲も生きることに対し、とても深く、前向きに、丁寧にとらえられ、書かれ、歌われている感あり。
Avicii、すっかりお気に入りになったのであった。

Read more

「母と私の骨折」

                        
二年前、また母が骨折した。(前回記事「母の骨折」はこちらにあり。) 仕事中にあわてて物を手に取ろうとし、足元に置いてあった段ボール箱をまたいで手をのばした。 しかしまたいだつもりが、足がそれほど上がっておらず、ちゃんとまたぎきれていなかった。(私もそうだが、歳をとるとこういうことは多くなる。) そのため転倒し、左足の甲の骨(中足骨:ちゅうそくこつ)を骨折した。 前回の骨折から半年、6回目の骨折で...
二年前、また母が骨折した。(前回記事「母の骨折」はこちらにあり。)
仕事中にあわてて物を手に取ろうとし、足元に置いてあった段ボール箱をまたいで手をのばした。
しかしまたいだつもりが、足がそれほど上がっておらず、ちゃんとまたぎきれていなかった。(私もそうだが、歳をとるとこういうことは多くなる。)
そのため転倒し、左足の甲の骨(中足骨:ちゅうそくこつ)を骨折した。

前回の骨折から半年、6回目の骨折である。
さすがに頭に来てしまった私は、病室に母の着替えを持って行った際、「気をつけないからよ!あわてて動くからこうなるのよ!」と母を叱った。
大部屋だったので同室に居たおばちゃんが「お母ちゃんかて、転ぼうと思って転んだわけじゃない。そんなにキツク言ったらかわいそう」と言った。
「でも、これで6回目なんですよ。さすがに…。」そう言って私は病室をあとにした。

それから一週間ほどたったある日、
朝、私はいつものように勤務先に出勤し、ロッカールームで制服に着替え、ロッカール―ムから出た。
ロッカールームを出たフロアの床はフロアカーペット敷きである。
いつもは綿100%の靴下を履いていたが、その日はナイロン(ストッキング地)の靴下を履いていた。
ロッカールームを出た途端、ナイロンの靴下がフロアカーペット上でツルッと滑り、その場で思いっきり転倒してしまった。

その後、立ち上がることは出来たものの、足が前に出ない、歩けない。
足がみるみるうちに腫れてきた。
「これはマズイ…」
即座にそう思った。

会社の人に病院に連れて行ってもらった。レントゲンを撮った。
医師:「バキバキに折れてますね。」
ギプス 骨折確定。しかもバキバキに…、である。粉砕骨折であった。
「気をつけないからよ!」母にそう言ったことがちょっと頭によぎった。

「入院が必要」ということだったが、診てもらった病院は入院施設がなかった。
紹介状を書くので病院を決めてください、ということだった。
妹たちから「着替えとか持っていくのに別々の病院だと困る。お母さんと同じ病院に入院して。」と頼まれた。
母が入院している病院宛てに紹介状を書いてもらった。

母が入院する病院での診察を終えた。
私は父戸籍の姓であり、母とは苗字が違う。
なので、病院には「母も入院しています」とは伝えなかった。

入院する部屋が決まった。
最悪である。母と同じ部屋である。

ベッドも決まった。
最悪である。母の真横のベッドである。

足にギプスの状態で病室に入った途端、あのおばちゃんが「あらっ!あんた、足、どうしたん?」と言うので、「こけました。折れました。」と伝えた。
「バチが当たったんやでー。それであんた、お母ちゃんの隣のベッドかい。気の毒やけど、おもろいわー」、とおばちゃんは大ウケである。

私は足の甲の骨(中足骨:ちゅうそくこつ)を骨折していた。なんたることか、母と同じところである。
母は左足、私は右足、の骨折だった。

おばちゃんとの会話に続き、次に母が「あんた、ちょうどいいわ。これ使ったらいいわー」と自分のスリッパの片方をくれた。
ワンペアのスリッパを、親子で片方づつ使えるわけである。

実は私は昔から母とはウマが合わず仲が悪い。
病院には親子だとは伝えていなかったが、隣同士のベッドで派手に口喧嘩しているのを度々目撃され、「しかも顔も似ているんじゃないか」ということで、じきに親子であることはばれた。
事実を知り、病院スタッフも大ウケであった。

いつも何かと話題が尽きない我が家だが、この一件も「毎回いろんな話題を提供してくれるけど、おもろすぎ~!」と周囲には大ウケであった。

しかし私にとっては、「まさかこんなことになるなんて…」という出来事であったことは言うまでもない。
最後に、そのとき撮った記念写真を載せておこう。

入院記念

Read more

「母の骨折」

                        
うちの母はここ近年、半年から一年に一度の頻度で骨折している。 右足、左足、右手、左手…、どの回においても、あわてて駆け出したりした際にコケて…、の骨折である。 三回目の骨折は、私が看護学校の学生であった時のことだった。 その日、母から「ちょっと転んじゃったんだけど、骨が折れてるみたい。今から来てくれる?」と電話があった。 現場に行くと、腕を抱えるようにしながら母は地べたに座り込んでいる。 その母の...
うちの母はここ近年、半年から一年に一度の頻度で骨折している。
右足、左足、右手、左手…、どの回においても、あわてて駆け出したりした際にコケて…、の骨折である。
三回目の骨折は、私が看護学校の学生であった時のことだった。

その日、母から「ちょっと転んじゃったんだけど、骨が折れてるみたい。今から来てくれる?」と電話があった。
現場に行くと、腕を抱えるようにしながら母は地べたに座り込んでいる。
その母の腕(手首)をひと目見て驚いた。

ちょうど2、3日前、授業で『コーレス骨折』(=橈骨遠位端骨折:とうこつえんいたんこっせつ)というのを習った。
教科書には写真や図はなく、「転んだ時に手を地面についた際によくみられる、女性やお年寄りに多い骨折である。フォークをさかさまに置いたような形である。」と文字で書かれていた。
フォークをさかさまに置いたような形???
頭の中で想像してみたが、う~ん、イメージが浮かばない。
一体どんな形なんだ?!
分からずままであった。…

母の腕は、まさにフォークをさかさまにした形、そのものであった。
「あっ!コーレス骨折だ!!」
コーレス
まるでお手本になるようなコーレス骨折であった。
「いやいや、感動している場合じゃない。」
(しかし、タイミング良すぎ。)
痛がっている母には悪いが、笑いさえこみ上げてきてしまう。
すぐに病院に連れて行き、教科書通りの治療(手術によりプレートで骨を固定)とあいなった。

先にも書いたが、コーレス骨折は女性(とくに中年以降)に多くみられる。
女性はホルモンの関係で骨粗しょう症(骨がスカスカになる)になりやすく骨折しやすいが、要因はそれだけだろうか。
もしかしたら、女性はお腹やお尻を守ろうとする本能があるのかもしれない。
それで、転んだ時にとっさに手が先に出てしまうのかもしれない。

そういえば
高校生の時、体育の授業で柔道の『受け身』を教わった。
「受け身は将来かならず役に立つ!特に女子はちゃんと習得しとくと良い。」と柔道部の顧問をやっている担任先生は言った。
女性は転んだ時に地面に手をつくことが多い、それは危ない。受け身を習得すれば、とっさのときに自然と身を丸めて転がるので安全だ、ということだった。

それから十数年以上経たある日、
私はバスから降りる際、タラップで足を踏み外し、飛ぶようにして頭から地面に転がり落ちた。
その時、昔覚えた「受け身」のおかげで助かった。
周囲の目撃者の話によると、私は体をまんまるく丸めて地面をコロコロっと回転し、まるでJAC(ジャック:ジャパンアクションクラブ)のスタントみたいにして立ち上がったそうである。

そんなに凄い事をしていたとは全く気付かず、立ち上がった瞬間は恥ずかしくて恥ずかしくて仕方がなかった。
ところが周囲から「かっこいい~!」「すご~い!」と称賛を浴びた。
とっさのことで覚えがないが、体が自然とそう動いていた。(ちなみに私は運動オンチな方である。)

柔道の受け身は怪我を防止するための技だが、受け身を覚えれば日常の生活でも怪我を防止することができる。ご参考までに

少し話がそれてしまった。
さて母だが、コーレス骨折から半年後に、またやらかしてくれた。
コーレス骨折した方の腕をまた折った。今度は『複雑骨折』だった。
これも授業で習ったが、複雑骨折は『粉砕骨折』と勘違いされていることが多い。(私もそれまで勘違いしていた。)

骨折図 複雑骨折とは、折れた骨が皮膚組織を突き破り組織を損傷している骨折である。(右図①)

複雑骨折と勘違いされやすい骨がバラバラに(3片以上に)なった骨折は粉砕骨折という。(右図②:4片の粉砕骨折)

複雑骨折で骨が皮膚を突き破り体外に出てきている場合、外界の菌にさらされて感染のおそれがある。感染は生命をおびやかす危険があり、一刻も早い手術が必要となる。(このとき母はこの状態であった。)
そのため、
皮膚を突き破って早急な対応が必要な骨折を「解放骨折」(または複雑骨折)、
骨が体内にとどまっている普通の骨折を「閉鎖骨折」(または単純骨折)、
と治療上の違いによる区別もある。(図①は解放骨折、②は閉鎖(単純)骨折である。)

今回は母の全ての骨折まで書ききれなかったが、うちの母は、
整形外科の教科書の内容を、次から次に見事なまでに再現してくれた。
今度は一体どこを折った?今度は何骨折?
もはやそんな余裕さえ出てきた私なのであった。

Read more

コーヒー話

                        
昔コーヒー屋で勤めていたこともあり(⇒過去記事)、 コーヒーは好きで毎日結構飲む。 インスタントコーヒーが多いが、たまに豆で買ってきて自分で挽いて入れる。 ちなみに私はいつもメリタ式(浸漬法)でドリップしていた。 特にこだわりがあったからでなく、ひいきにしているコーヒー屋さんがメリタ式であったからだ。 しかし最近、コーヒー屋さんやホームセンターで「透過法」の器具をよく見かけるようになり、「透過...
昔コーヒー屋で勤めていたこともあり(⇒過去記事)、
コーヒーは好きで毎日結構飲む。
インスタントコーヒーが多いが、たまに豆で買ってきて自分で挽いて入れる。

ちなみに私はいつもメリタ式(浸漬法)でドリップしていた。
特にこだわりがあったからでなく、ひいきにしているコーヒー屋さんがメリタ式であったからだ。

しかし最近、コーヒー屋さんやホームセンターで「透過法」の器具をよく見かけるようになり、「透過法も試してみたい」と思っていた。
だが、これまでに全く手をつけたことがないことは少々敷居が高く感じるのか、なかなか手を出せずにいた。
何事につけてもそうだが、自分に勢いがつかないこんな時、誰かが背中をポ~ンと押してくれたら…、と思っていたら、

ラッキーなことに、
焙煎士でありコーヒー豆屋さんも営んでおられる方から、コーヒーについて色々教わる機会を得られた。
同じ豆でドリップ、フレンチプレス、サイフォン、ネル、と抽出の方式を変えての飲み比べもした。
それぞれの違いがよく分かり面白かった。
透過法についてもきちんと知ることができた。
以下はその時に教わったことや私の感想である。
・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・・~・
コーヒーの抽出法は浸漬(しんし)法と透過法があり、それぞれの方式にあった器具・フィルターがあり、それらを使用する。

浸漬法…バーッとお湯を注いでお湯の中にコーヒーの粉を浸して抽出する。
         (カリタ式、メリタ式、フレンチプレス式、サイフォン式など)

透過法…湯量を調整しながらコーヒーの粉の層の中にお湯を通らせて抽出する。
         (コーノ式、ハリオ式、ネル式など)

美味しく入れるためのお湯の温度は83~90℃(抽出法、豆の種類によって変わってくる)、88℃が一番使いやすい温度、ということである。 器具 お湯にひたひたに浸す浸漬法は雑味が含まれやすく、透過法は雑味が少ない、と言われる。なので手間ひまはかかるが、ネル式(布で濾すやつ)が一番美味しく入れられるという。
雑味…コーヒーの持つ「酸味」「甘味」「苦み」などのうま味が十分に引き出されると美味しいコーヒーになるわけだが、過ぎたるは及ばざるがごとしで、引き出されすぎると好ましくないところまで一緒に出てしまう。これを雑味という。

【抽出法による飲み比べ】
・浸漬法
トロッとしていて色々な味が混ざっている感じ。
一番気に入ったのは、コーヒーの粉にお湯を注いで浸した後、上からプレスして上澄みの部分をカップに注いで飲む「フレンチプレス式」。
私的な例えだが、色々な味が個々に存分発揮されている感じ。アマゾン奥地で「仲良くなるシルシとして勧められる酒」となぜだかイメージが被った。(実際にそれを体験したことはないが。)

・透過法
サラッとしていてスッキリ、爽やかという感じ。
雑味が少ないというのがよく表されている。
あかぬけして洗練されたイメージを感じた。

【感想】
で、どっちが、どれがいいのかと言っても、
ここのラーメンが美味いと聞いて行って、実際に「美味かった」という人と、「いまいち」と意見が分かれるのと同じように、コーヒーにも好き不好きがあるのではないかと思える。

「方式は絶対にコレ!」というこだわりがあるのなら別として、
今日はちょっとセレブっぽくコーノ式、
今日はワイルドにフレンチプレス式、
と、気分により飲み変えてみるのも面白いかもしれない、と思った。

実際には抽出法、豆の種類、焙煎の仕方、挽き方、その他、細か~くチョイス&セッティングされるのだが、私は「素人が美味しく飲めるコーヒー」でとどまっておこうと思う。(あまりに奥が深いと思えるのでw)

Read more

わたしの手相

                        
  上の写真にある親指の輪っか、これは仏眼(ぶつがん)・仏眼相というそうだ。 今の今まで、みんな私と同じようになっているものだと思っていたが、そうではないらしい。 この相を持つ人は「記憶力が抜群によい」そうである。 しかし、私は小学2年生で覚えなければならなかった九九を、3年生になっても覚えられなかった。 「さくら」「ねこ」「電車」と3つの言葉を最初に聞いて、数分後にその3つを答える記憶力の...
仏眼仏眼図
上の写真にある親指の輪っか、これは仏眼(ぶつがん)・仏眼相というそうだ。
今の今まで、みんな私と同じようになっているものだと思っていたが、そうではないらしい。

この相を持つ人は「記憶力が抜群によい」そうである。
しかし、私は小学2年生で覚えなければならなかった九九を、3年生になっても覚えられなかった。
「さくら」「ねこ」「電車」と3つの言葉を最初に聞いて、数分後にその3つを答える記憶力のテスト、あれもちゃんと答えられない。(ご老人の方が私よりもはるかに記憶力が良いのでは?と感じることもある。)
なので、「記憶力が抜群によい」というのはちょっとハズレである。

この相はその他に、先祖から見守られている、直感力がある、霊感が強い、などスピリチュアル系の能力が高いという。

たしかにご先祖様から見守られているような気はするし、昔から「感が強い」とよく言われる。不思議な体験をしたこともある。
目に見えないものや魂、スピリチュアルな世界を信じている人間だ。
いつか私が幽霊を証明したい!とさえ思っている。

なので、
お世話になった方々には、生前のお礼と近況報告にぜひ伺いたいと思っている。
お世話になっている方々にそう説明すると、「待ってるよ!」と答える人と、「こわいからやめて!」と懇願する人、両方居るw。

でもこれは、笑い話ばかりでなく、
亡くなったひとに会いたい!話がしたい!と願う気持ちは、誰しもが思うことであり、もしもそれが叶うのなら…、という強い想いからでもある。
こんな私に仏眼相があるというのも、ベストマッチングなのかもしれない。


あと、もうひとつ変わっているのが👇この手相。
ますかけますかけ図
徳川家康、豊臣秀吉、織田信長もそうだったということで、わりとよく知られている「マスカケ」。 (感情線と知能線が一体化したもの。写真では赤色の線)

イラストにあるのが正真正銘のマスカケである。
私の場合、感情線と知能線がもう一本あり(二重感情線、二重知能線)、変形型のマスカケと思われる。
変形マスカケの人は『我が道をいく』タイプ、困難な道を選んではじめて実力を発揮することができる、そうである。

マスカケは強運線として知られている。
しかし、「凶線として扱われることもある」という解釈を今日発見した。
今の今まで、強運としか思っていなかった。
一体どういうこと?それはなに故に?!

その解釈によると、
マスカケ線を持っている人は、行動力旺盛、思い立ったらすぐ動く、血の気が多く、よく人と衝突する、という性格的特徴がある。
現代ではサラリーマンがそんなことをしたら、上司や先輩から指導され、それに反発し、会社を退職せざる負えない状況にまで達してしまう事もあることから、凶線とされることもある。
この手相を持つ人は良くも悪くも波乱万丈の人生を送る人が多い。
…ということであった。

そう!その通り!
それで解雇にもなったしー。(2話にわたる解雇の話はこちら1話め2話目
でもって、良くも悪くも波乱万丈って、
いや~、当ってる。本当に当たってる。当たりすぎてて笑える。

このマスカケ、『百握り』と呼ばれ、つかんだ運は絶対に離さないとも言われる縁起の良い手相。 …なんだそうだ。
できることなら、強運にあやかりたいものである。

ちなみに、私は左手だけ。
両手共にマスカケ線の人は珍しいそうである。

Read more

「リア充」って?

                        
とあるネットニュースで、あるタレントが過熱するリア充アピールに苦言!と リア充、リア充アピールについて取りあげた記事を見かける。 お恥ずかしながら、ワタクシ、 「リア充」という言葉をこれまでときどき見かけていたが、 「リア充」とはどういう意味なのか、どういうものなのか、 今まで全く知らなかった。 いつもの如く、早速調べてみる。 リア充(リアじゅう)は、リアル(現実)の生活が充実している人物を...
とあるネットニュースで、あるタレントが過熱するリア充アピールに苦言!と
リア充、リア充アピールについて取りあげた記事を見かける。

お恥ずかしながら、ワタクシ、
「リア充」という言葉をこれまでときどき見かけていたが、
「リア充」とはどういう意味なのか、どういうものなのか、
今まで全く知らなかった。

いつもの如く、早速調べてみる。

リア充(リアじゅう)は、リアル(現実)の生活が充実している人物を指す2ちゃんねる発祥のインターネットスラング(隠語、略語、俗語)。

(Photo by photoAC)

リア充 具体的には
・恋人や友人付き合いに恵まれる
・サークル活動や飲み会へ参加する
・オタク以外の趣味を楽しむ
など、そういう人物を指すらしい。
反対(リアルが充実していない人)は非リアと言うそうだ。

最近はリア充アピールを代行してくれるサービスがあり、SNSでリア充アピールが過熱しているとか。
ネット上でも「闇が深すぎる」と話題のこのサービスを、「実際に使ってみた」という記事があったので目を通す。
代行スタッフ:『普段やらないこと』っていうところがリア充ポイントですね。
非リアのサービス体験者:楽しい!普段できないことができたし、…。
「普段やらない」「普段できない」と思いきり非リアルが強調されたコメントに大ウケする。

それにしても、
これが本当に今どきのリアル(現実)の充実感、充実観なのだろうか?
だとすれば、たしかに闇が深そうだ。

そんなこんなで今回は、リア充について私なりに少し考えてみた。それをここに記しておこう。(ちょっと作文風仕立てw👇)
・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・・~・
「私のリア充」
                                Sun 
私にとって、リアル(現実)が充実しているというのは、私が私らしく心地よく過ごす瞬間、過ごしているとき。
でも時折、その方法や術がよく分からなくなったり、見えなくなってしまうことがある。

そんな時、SNSで他の人のリア充ぶりを目にし、落ち込むことは確かにある。
そういう時は大体、自分のモチベーションが下がっている。
前回の自律神経の話じゃないが、常に同じところに滞っていると人間は疲れる。だから下がっても良いのだ。 しかし下がりっぱなしは良くない。

そんな中、
偶然なのか、必然なのかは分からないが、私は時々「人としての深み、面白みを多いに持ったひと」とリアルやネット上で出逢うことがある。ご縁がある。
そういったひとは、色々な出来事や経験をする中でたくさんのことを吸収してきたのだろう。それゆえの深みや、その人らしさが伝わってくる。

このご縁やお付き合いにより、私のモチベーションが上がることがある。
私が心地よく私らしく過ごすためのヒントやコツを見つけ出せることがある。

人がどうであれ、自分のリア充を焦らず探せば良い、見つければ良い。
「リア充は一日にして成らず」である。
(モチベーションについてはこちらに過去記事あり)
・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・・~・

人によって、色んなリア充があることだろう。

そもそもリア充という言葉の中に、嫉妬やうらやましいぃ、とひそかに思う気持ちが隠れていて、かわいらしくも思えたりするのだが、世間では言葉だけが先に独り歩きしている感あり、だ。

リア充に限ったことでなく、
インターネット・ネット社会は、ある事柄をひとくくりにする力と、ひとくくりになったものをバラバラにばらす力、両方あるように思う。
ある意味、注意が必要だし、
ある意味、おもしろい。
そんな風に思えるのであった。

SNS.jpg

(Photo by photoAC)

Read more

スポンサーリンク

Bookmark etc


このエントリーをはてなブックマークに追加




ランキングに参加しています。
ポチッと宜しくお願いします(^ ^)

スポンサーリンク

人気記事

Deodorant water

ハッピーデオ ウォーター


●持ち運びに便利なストッパー付のハッピーデオ デオドラントウォーターは、いろいろなシーンで使えます。●お出かけ前に。●スポーツの後に。●入浴後やシャワー後に。●暑い夏にほてった体を瞬時にクールダウンしたいときに。●ボディシートで汗をふき取ってからウォーターで仕上げれば、ひんやり&まるでシャワーを浴びたような爽快感です。

ユーザータグ

ブログ おいたち 写真 イジメ ハラスメント ブログ初心者   夕方 教師 ペンフレンド 生命保険 癒し 出稼ぎ 結婚 競馬 ドラマ 韓流ドラマ LINE 呼吸 珈琲 怪獣 芽出しアジサイ 化粧水 誕生日が同じ お宝保険 つれづれ 勘当 初値 特撮 周産期母子医療センター 禁煙 思い出 運命の糸 婚約破棄 たまごっち 入院 円谷プロ 救急車 思わぬ出来事 自律神経 自治会 学校 アニメ ろくでなし バブル 手術 地震 看護 防災 いきもの お手入れ 看護学校 強震モニタ 心の病 防災科学技術研究所  K-NET 離婚 カウンセリング KiK-net 骨折 ひいおばあさん カタブツ 入門機 まじめ オタク いとこの叔父の孫 出産 名探偵コナン ミッション車 ブタカバン MSX-C 祖父の兄の娘の 母と娘 駆け落ち 用語集 オジンギャル 夕焼け 出来事 バツ2 流星群 ペルセウス座流星群 衝撃的 カバン 積木くずし セミ 極大日 学生カバン 新聞奨学生 ソウルメイト Myhoney Mydear ショッキング 文通 語り継がれる ケーキ モンブラン キリマンジャロ ブルーマウンテン デンジャラス  切除 仮面ライダー アジト 免疫 扁桃腺 全身麻酔 覚せい剤 真面目一辺倒 局所麻酔 イモトアヤコ 狐につままれる 案内標識 ETC出口 ETC専用 SNS ETC専用出口 スマートIC カーナビ 高速道路 ETCカード 国際恋愛詐欺 ロマンス詐欺 C言語 就職 倒産 晴天の霹靂 リポーター 進路 ナイジェリア詐欺 詐欺師 scammer ひいひいおばあさん 綾野剛 子供 異物 虚血性大腸炎 便秘 幼児 ハイムリック法 誤飲 対処 背部叩打法 腹部突き上げ法 イ・ビョンフン チャングム カウンター設置 グッスミン 株価 Combination225 ペク・クァンヒョン 白光炫 イ・サン トンイ 馬医 李氏朝鮮 喉詰め 風呂場 不和 動物 りす 睡眠障害 貧乏 家庭 メダカ ヘルス 当確 生い立ち サプリメント 自然 妖艶 未亡人 火箸 ドリフ 怖い ヘビ 気付き くつ 暑い 日経225寄り引けシステム ファッション 3時間授乳 人間関係 マクドナルド PTS 母子別室 母子分離 三連複 的中 TBS コウノドリ SBI ポケモンGO 競走馬名 やすし パーソナルコンピューター MSX 競走馬 日焼け 一点買い 事件 アロエ ばんえい Dyson ポケモンGO 用語 公募価格 ポケモノミクス 任天堂 IPO コーディネート 菊池京子 K.K closet ポケノミクス ニューヨーク証券取引所 ヘアドライヤー 毛量多い ダイソン Dysonスーパーソニック 美レンジャー 玉村麻衣子  美眉 美眉アドバイザー BASIC 脱出 ワードプレス ドメイン移管   かんたん変換サービス 独自ドメイン 今年 今年の抱負 引っ越し FC2 GHQ 教育改革 挿し木 ミニバラ 悶々 執着 ベランダ園芸 大義名分 ドラゴンボール かめはめ波 ストレス パンツ ブラック企業 不当解雇 女子ネタ お肌 泡洗顔 電気料金 生きた証 運命 人が好き 神社 お参り 不思議 再エネ発電促進賦課金 FIT DOS/V オープンアーキテクチャ 解雇 解雇予告手当 水没 携帯 カインとアベル 仕事探し 危険 打撲 固執 ひょうたんからから駒 橈骨遠位端骨折 複雑骨折 粉砕骨折 JAC コーレス 温度 コーヒー 抽出法 浸漬法 透過法 ジャパンアクションクラブ 音楽 エンディング曲 タイナカサチ 愛しい人へ 強震モニタExtension 上橋菜穂子 精霊の守り人 Avicii アヴィーチー 職場 小説 仏眼相 渡瀬恒彦 チェ・ウシクユイ イム・スロン 生け花 小原流 ホグの愛 進化 目から鱗が落ちる 解決 突破口 トラウマ 主枝 客枝 マスカケ 二重感情線 、二重知能線 変形マスカケ 手相 モチベーション 中間枝 交感神経 副交感神経 リア充 人間嫌い ひとり親家庭 ビデオ アダルト 海外競馬 凱旋門賞 レンタル 勧誘 乗り換え ナンパ セールスレディ キャッチセール 結果 心の支え マリッジブルー 鼻血ブー 止血 キーゼルバッハ JR東海 遠距離恋愛 落ち込む 絶望的 這い出す 婚約 下取り 転換 検査 赴任旅費 無料配布求人 たこ部屋 健康診断 スキルス シュノーケリング 余命宣告  告知 借金 任侠映画 終身保険 逆ザヤ 予定利率 部分解約 養老保険 定期保険 冷暖房完備個室 違法就労 運動会 社会の裏側 鼻血 対処方法 美肌 洗顔 WAKARA 練り石けん 女子必見 ウテメリン おまけ 仮面ノリダー レンタルビデ男 入院生活 和から すべらない話 PTSD 五感 成長 可能性 プレイセラピー 自閉症 退院 住民票 個人情報保護法 発達障害 リンク 再婚 養子縁組 近況報告 ビューティー アロマ 戸籍制度 戸籍謄本 親子水入らず 家長 ちっちゃいおっさん アルマイト灰皿 イギリス式 アロマセラピスト チョーク クレヨン マーカー 水で消せる 気軽 黒板シート テレビ公開捜査 顔出しNG 再会 黒板アート 人付き合い